アルバート・アインシュタインのY染色体ハプログループがE1b1b1であったことはユダヤ人(ユダヤ教徒)を示唆するのか?

欧州小人種
https://ja.wikipedia.org/wiki/アルベルト・アインシュタイン
広告

 Albert Einstein is alleged to belong to Y Haplogroup E.[44][45] Tested Einsteins from Germany belong to E1b1b1b2* (cluster SNP PF1952, formerly known as the E-Z830-B or “Jewish cluster”).[46] A patrilineal descendant of Naphtali Hirsch Einstein (1733–1799), Albert Einstein’s great-grandfather, Prince-Bishopric of Augsburg of the Holy Roman Empire, was tested and belonged to E-M35 (E1b1b1).[47]

https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_haplogroups_of_historic_people#Albert_Einstein

 上記の情報が事実であるのかは不明である。以下では、俺はアルバート・アインシュタインのY染色体ハプログループがE1b1b1であったことについて提示する。

広告

アインシュタインのとY染色体ハプログループ

アインシュタインのY染色体ハプログループとE1b1b1

 俺の認識:アインシュタインのY染色体ハプログループがE1b1b1であったことはユダヤ教徒(ユダヤ人)やネグロイド人種(黒人)を意味しない。

 アインシュタインのY染色体ハプログループがE1b1b1であったことはユダヤ教徒(ユダヤ人)やネグロイド人種(黒人)を意味しない。おそらく、Y染色体ハプログループE1b1b1は北アフリカ系統やエジプト人を意味するように思える。個人的には、Y染色体ハプログループがE1b1b1は非常に文明的なY染色であってきたと感じる。

ユダヤ教徒(セム人)のY染色体ハプログループはY染色体ハプログループEでなく、Y染色体ハプログループJである。このJ系統はエジプト人を除くアラブ人やレバント地域、そしてアナトリア地域に多い。このY染色体ハプログループJが古代におけるユダヤ教徒のセム人であっただろう。

アインシュタインとヒトラーのY染色体ハプログループ

 俺の印象:アインシュタインのY染色体ハプログループE1b1b1はヒトラーのY染色体ハプログループE1b1b1に等しかった。

 アインシュタインのY染色体ハプログループE1b1b1はヒトラーのY染色体ハプログループE1b1b1に等しかった。彼らは北アフリカ系統のY染色体ハプログループを持っていた。個人的には、この系統はエジプト文明のY染色体ハプログループであるように感じる。

欧州人の本当のY染色体ハプログループはI系統であり、この系統はJ系統に遺伝的に近い。俺の印象では、Y染色体ハプログループRはアジア地域やモンゴロイド人種系統であるように思える。

ただ、アインシュタインもヒトラーも欧州系統のY染色体を持っていなかったが、彼らは人種的には欧州小人種であっただろう。民族系統は、彼らはゲルマン民族でなく、南方の欧州人(白人)であるケルト民族であったはずである。