イングランド人はアングロサクソン人なのか

欧州小人種
https://ameblo.jp/irusutyuu/entry-12243347238.html
広告

 長い間、イングランド人はアングロサクソン人と呼ばれてきた。イングランド人によって形成された国家はアングロサクソン系国家と呼ばれて、米国やカナダやイギリスやオーストラリアがその種の国家であった。

さらに、イングランド人はアイルランド人やスコットランド人と区別されてきた。なぜなら、イングランド人はアングロサクソン系であるが、アイルランド人やスコットランド人はアングロサクソン人でなかった。

しかし、近年における遺伝的な研究の結果もあって、イングランド人はアイルランド人やスコットランド人と遺伝的に変わりないことが判明した。以下で、俺はアングロサクソン人とは誰であるかを提示する。その後、俺はイングランド人とは誰であるのかを提示する。

まとめ記事〜東洋文明におけるホモ・サピエンスの分類〜|とある新興宗教の創造主(兼東洋文明システムの創造主)|note
 人種や宗教や文明が異なるとき、ホモ・サピエンスに対する定義や認識それ自体が異なる。例えば、オバマ前大統領がネグロイド人種になったり、ユダヤ教徒の白人がユダヤ人になる。この時、俺らはホモ・サピエンスに対する俺ら自身の認識をきちんと持つ必要があると感じる。 以下で、俺らは「東洋文明におけるホモ・サピエンスの分類」を提...
広告

1章 アングロ・サクソン人とは?

 共通認識 アングロ・サクソン人とは、アングロ・サクソン部族の要素である。アングロ・サクソン部族とは、ゲルマン民族の部分集合である。

 アングロ・サクソン人とは、アングロ・サクソン部族の要素である。アングロ・サクソン部族とは、ゲルマン民族の部分集合である。つまり、イギリス人はゲルマン民族でないので、彼らはアングロ・サクソン人でない。

1節 ゲルマン民族とは

 ドイツ人(ゲルマン人)とは、ゲルマン民族の要素である。ゲルマン民族とは、欧州小人種の部分集合である。ゲルマン民族は北ドイツ部族とデンマーク部族(オランダ人を含める)とスカンディナビア部族に分類される。

北ドイツ人とオランダ人とデンマーク人とスウェーデン人とノルウェー人がゲルマン民族の要素である。金髪碧眼の人。ザ・白人。彼らは白人の長所及び短所を持つ。彼らは軍事的に強く、最も男性的な民族である。機械に強い。鼻の形は直線的である(たぶん)。そして、彼らはゴツイ。輪郭も体の形も。

 https://plaza.rakuten.co.jp/mezzana/diary/200501180000/

2章 イングランド人とは?

 共通認識 イングランド人とは、イングランド部族の要素である。イングランド部族とは、イギリス民族の部分集合である。

 イングランド人とは、イングランド部族の要素である。イングランド部族とは、イギリス民族の部分集合である。イングランド人とスコットランド人とアイルランド人の違いは関西人と関東人と九州人の違い程度であるだろう。

1節 イギリス民族とは?

 イギリス人とは、イギリス民族の要素である。イギリス民族とは、欧州小人種の部分集合である。イギリス民族とは、イングランド部族とアイルランド部族とスコットランド部族に分かれる。

上記の画像を見るとわかるように、イギリス人は少し地中海人種的である。目元がイタリア人や南フランス人的である。上記のオリバー・カーンと比較すると、顔の堀は深く、南方の白人の性質(つまりケルト的)を持っている。

 自分は、アングロ・サンソン人のあの熱い性格は、絶対にケルト人の影響だと確信しているのです。(ケルトは遺伝子は南方系) 

「性格は怒りっぽく、男らしい(マッチョ体質)、負けず嫌い、宗教に厳格、傲慢」、等の性格は、本来南ヨーロッパの性質ですよ。 

https://w.atwiki.jp/wikirace/pages/27.html

 上記の観察も非常に鋭い。彼も南方系の気質をイギリス人の中にみた。この観察は遺伝的な結果と一致している。英国的な経験論は地中海由来であると俺は推測する。それに対して、ドイツ的な観念論や妄想論は非常に「白人的」である。

3章 なぜイギリス人はアングロサクソンを名乗るか?

主語に対する認識能力の欠如

 白人は彼ら自身を遺伝的に認識できない。だから、彼らは自己をアングロ・サクソンと勘違いした。ユダヤ教徒の白人がユダヤ人を名乗り、イスラエル人を名乗っているような感じである。宗教的には正当であるが、小人種的には不自然である。

ゲルマン民族への憧れ

 色付きは白人に憧れる。白人はゲルマン民族に憧れる。イギリス人もゲルマン民族に憧れたので、彼らはゲルマン民族の部分集合であるアングロ・サクソン部族を名乗った。ヒトラーもゲルマン民族に憧れたので、ゲルマン主義を名乗った。

支配されたことを受け入れられない。

 イギリス人は地中海小人種であったローマ人に支配された。その後、彼らはゲルマン民族に再度支配された。俺の憶測では、イギリス人はこの事実を受け入れられなかった。だから、彼らはその事実を否定するために、支配民族であるゲルマン民族やローマ文明の後継者を名乗った。

電飛

イギリス人はDNA的にはアングロサクソンではない : 鈴木頌の発言 国際政治・歴史・思想・医療・音楽
イギリス人はDNA的にはアングロサクソンではない。ケルト人でもない。ブリテン島に住む「ケルト人」は大陸にいたケルト人ではないという話は、前にした。話をややこしくしたのは一部の考古学者なのだが、彼らが「イギリスの先住民族はフランスから来たケルト人だ」という話を
Kazutomo Karasawa's Homepage
アングロ・サクソンの民族性に見えるケルトの影
【イギリスの国民性=アングロ・サクソンの民族性】 イギリス人の国民性を考えると、18世紀以降の国民国家UKが成立してからの、近現代史に属する時間に課された、近代人としての生活習慣に負うところが大きい。 しかし、そんな事は時代の違いはあれ、近代国家となった社会ならばどこもそうならざるを得ない。それよりも近代的国民性の下...
アングロ・サクソン人ってなんだろう : 鈴木頌の発言 国際政治・歴史・思想・医療・音楽
WASPというのを調べていて、そもそもアングロ・サクソン人という人種なんてあるのだろうかと思って、少し調べてみた。昨日の夜はそれで過ごしたのだが、今朝になったら見事に消えていた。ワードパッドで書いて、アップしないまま終了してしまったらしい。パソコンを使わない