ノーベル化学賞のベンジャミン・リスト(Benjamin List)と北海道大学化学反応創成研究拠点

欧州小人種
https://ja.wikipedia.org/wiki/ベンジャミン・リスト#/media/ファイル:Benjamin_List_Gottfried_Wilhelm_Leibniz-Preis_award.jpg
広告

ベンジャミン・リスト(Benjamin List、1968年1月11日 – )はドイツ有機化学者ケルン大学名誉教授。フランクフルト・アム・マイン出身。プロリン触媒を用いたアセトアルデヒド不斉アルドール反応を開発した。 2021年10月6日デイヴィッド・マクミランとともにノーベル化学賞を受賞した。1993年にベルリン自由大学卒業後、1997年にフランクフルト・アム・マイン大学から化学の博士号を取得。スクリプス研究所で博士研究員となった後、1999年に同助教授。2003年からマックス・プランク石炭研究所に在籍。2005年には学習院大学、2008年には成均館大学校客員教授となった。2018年からは北海道大学化学反応創成研究拠点で主任研究者を[1]、2020年5月からは同大学の特任教授を務める[2][3]

https://ja.wikipedia.org/wiki/ベンジャミン・リスト

 ベンジャミン・リストという白人がノーベル化学賞を受賞した。彼は北海道大学化学反応創成研究拠点に所属していたらしい。以下では、俺はこの事実に対する正しい認識を提示する。

広告

ノーベル化学賞

ノーベル化学賞

 俺の認識 ベンジャミン・リストに対するノーベル化学賞はドイツ(ドイツ人)に所属する。

 少なくとも、ベンジャミン・リストの業績は北海道大学化学反応創成研究拠点とあまり関係していない。彼のノーベル賞を北海道大学の業績とみなすのは “嘘(デマ)” である。なぜなら、彼はドイツで生まれて、ドイツ式(白人社会におけるキリスト教やユダヤ教)の教育を受けてきた。

大和民族の反応

教育の欠如

 俺の認識 大和民族は教育それ自体を認識していないように見える。

 この種の性質は貧困層や未開人の性質と同じである。彼らもまた教育が何であるのかを認識することができない。正確には、彼らは “x系統の教育” それ自体を認識することができない。そのため、彼らは彼ら自身の教育がキリスト教系統の教育であるのか、儒教系統の教育であるのかすら認識することができない。

上記では、菊池誠は「北大からーベル賞が出た」と呟いた。しかし、彼の発言は限りなく嘘に近い。発達障害の性質なのか、彼らはイケメン白人を日本国の大学aに表面的に所属させれば、その白人の業績がその大学aの業績になると感じているように見える。この種の行為は大坂なおみを大和民族に都合よく定義する行為に近い。または、緒方芳子にポアンカレ賞を与えれば、白人と同じ男女平等になると信じきっているようなものである。そして、これらは単なるデマや嘘、願望である。

ベンジャミン・リストは北海道大学に所属していた。これは事実である。けれども、北海道大学がベンジャミン・リストの業績を北海道大学の業績と定義することは非常に難しい。なぜなら、彼は白人社会におけるキリスト教系統やユダヤ教系統の教育機関に所属して、それらの教育を受けてきた。