なぜジャレッド・テイラーは人種現実主義者になったか[白人至上主義?アメリカン・ルネッサンス]

人間について
https://ja.wikipedia.org/wiki/ジャレッド・テイラー#/media/ファイル:2008_Jared_Taylor.jpg
なぜ白人やナチスは優生学を好んだか?[白人至上主義の意味]
 白人やナチスは優生学を好み、そこで白人小人種が最も優秀であると結論づけられた。この行為に対して、日本人は優生学は良くありませんと言ってきた。しかし、日本人は白人による優生学の意味を把握できてこなかった。日本人を含む東洋人は白人による優生学を真に受けるべきでない。特に、日本人や朝鮮人は白人による優生学の意味を全く把握できてこなかった。彼らがその意味を把握する時、中東に対する白人の文明的な劣等感を知る必要がある。以下で、俺は白人の優生学の意味を提示しよう。日本人は人間でなく猿に近いので、白人はイケメンだから優生学を好んだとでたらめに考えているように見える。結局、日本人の学者気取りは未開の土人であるので、歴史だけでなく文明を認識できない。1 優生学の意味と背景 ここで、俺は優生学の意味を提示する。日本人は白人を崇拝してきて、彼らを優秀な小人種であると崇めてきた。しかし、日本人は白人の本音や劣等感を把握できてこなかった。未熟で幼稚な生徒や学生が教師の劣等感や事情を把握できないように、日本人は白人の劣等感や事情を把握できてこなかった。優生学の意味とは、...

 これは「https://oreranitsuite.com/2020/01/11/なぜ白人やナチスは優生学を好んだか?白人至上/」の続きである。

 ジャレッド・テイラーは日本列島生まれのイギリス人の米国民であり、彼は元々キリスト教の宣教師であった。日本国が戦争で敗北した後、彼は日本人をキリスト教徒にするために、彼はアメリカ大陸から日本列島へと送り込まれた。

しかし、テイラーの宣教活動は完全に失敗に終わった。その後、彼はアメリカ大陸へと戻って(アメリカ大陸は俺らモンゴロイド人種の所有物であるけれども、、、)、自称人種現実主義者、他称白人至上主義者になった。彼はアメリカン・ルネッサンスという電子的な場所を立ち上げた。

なぜジャレッド・テイラーは白人至上主義者になったのだろうか?彼の心理には、キリスト教が密接に関係している。日本列島における布教活動の失敗が彼の白人という人種に対する執着に密接に関係しているだろう。

1:アメリカン・ルネッサンスとは?

You Have a Duty

 アメリカン・ルネッサンスとは、白人という小人種を保護するための電子的な場所である。その場所はジャレッド・テイラーによって立ち上げられた。この場所の目的は白人小人種の保護である。

Why Have Asians Not Dominated? - American Renaissance
High intelligence may not be enough.

1:人種に対する科学的な情報

 ジャレッド・テイラーはネグロイド人種の知能指数は低く、白人小人種の知能指数は高いと指摘してきた。彼は人種の知能差が文明の差を作ってると感じてきた。一般的に、米国では、この種の発言は好まれないが、彼は文化的な禁忌を破ってそれを発言してきた。

2:白人種の保護

 また、テイラーは白人種の保護の重要性を訴えてきた。彼にとって、国家や文明とは白人の国家であり、白人の文明である。彼は白人の国家と白人の文明を欲してきた。

2:ジャレッド・テイラーの心理

1:文明的な劣等感

 テイラーが人種に執着したのはヒトラーやナチス的な心理に似ている。白人は文明的な劣等感を持ってきた。だから、テイラーは白人小人種は何が優れているのかと考えてきた。

その結果、彼は白人という小人種や遺伝子が優れていると審判した。だから、彼は白人に異常に執着してきた。近代における米国では、白人たちは異常に遺伝子や白人小人種に執着してきた。なぜなら、米国の白人は欧州の白人に文明的に劣ってきたので、その劣等感を解消するために優生学にハマった。

米国には、歴史がないし、文明がないし、文化がない。だから、白人の米国民は白人という遺伝子や小人種、そして経済能力及び拝金主義、そして軍事能力を持って欧州の白人に勝とうとした。その時、白人の米国民は欧州との違いや欧州からの束縛から逃れられると感じた。

2:宗教的な失敗と現実化

 キリスト教やユダヤ教は中東発祥であり、欧州発祥でない。この事実に対して、白人は強烈な文明的劣等感を覚えてきたはずである。だからこそ、白人は中東小人種以上に、彼らはユダヤ教やキリスト教に執着してきて、彼ら以上によきキリスト教徒やユダヤ教徒であり続けようとしてきた。

実際、米国の白人は欧州の白人よりもキリスト教を重視している。これもまた文明的な劣等感の裏返しである。なぜテイラーがキリスト教を布教しようとしたはわからない。

創造主の意志であったのか、知能指数が高い東洋人をキリスト教徒にして、天国にいきたかったのか、救済されたかったのか。確実に言えるのは、テイラーは宗教的な任務を果たすことに失敗して、人種現実主義者になったことである。

3:西側の白人との中間種やスペイン系フィリピン人

 西側の白人との中間種やスペイン系フィリピン人も彼らの遺伝子を自慢する。なぜなら、彼らは混血によって彼らの文化や文明という人間的なものを失った。その結果、彼らに残されたのは白人の遺伝子のみであった。

だから、中間種は白人の遺伝子を持って日本人を含む東洋人を人種的に侮辱してきた。テイラーの心理はこの中間種に似ている。文明がない、または一度消去されると、強烈な文明的な劣等感を覚えて、白人至上主義になる。

3:白人の心理の定理

 白い心理定理 もしxが宗教的な任務に失敗した白人であるならば、xは白人小人種の遺伝的な優秀性に執着する白人である。

 大日本帝国はアメリカ合衆国に戦争で敗北した。2発の原子力爆弾がつかされて、数秒で何万もの命が失われた。日本国はコテンパンにやられた。

にも関わらず、日本人はなぜかキリスト教を受け入れなかった。日本人は白人コンプになったり、英語をJ-popに取り入れたり、白人の広告が優先的に採用されてきた。

しかし、日本人はキリスト教という西洋の根本的な部分を一切拒絶してきた。この拒絶行為がテイラーの布教の失敗に結びついた。彼はなぜ日本人は白人によってコテンパンにされたのに、キリスト教を受け入れなかったのだろうか?絶望した彼がその原因を東洋人の知的能力に求めたことは容易にわかるだろう。

 もしxが宗教的な任務に失敗した白人であるならば、xは宗教から離れて現実と対峙する白人である。xが宗教から離れて現実と対峙する白人であるならば、xは彼ら自身が白人であるという現実と対峙する白人である。

白人は彼ら自身の独自の文明を持っていないので、白人が彼ら自身の優秀さを考える時、白人は彼ら自身の小人種や遺伝子の中に彼らの優秀性を見出す。もし白人が彼らの小人種や遺伝子を失うならば、白人は彼ら自身が優れているところは何もなくなると感じて、白人小人種の喪失を非常に恐れるようになる。

その結果、白人は白人小人種の遺伝的な優秀性に執着する白人となる。

なぜ白人やナチスは優生学を好んだか?[白人至上主義の意味]
 白人やナチスは優生学を好み、そこで白人小人種が最も優秀であると結論づけられた。この行為に対して、日本人は優生学は良くありませんと言ってきた。しかし、日本人は白人による優生学の意味を把握できてこなかった。日本人を含む東洋人は白人による優生学を真に受けるべきでない。特に、日本人や朝鮮人は白人による優生学の意味を全く把握できてこなかった。彼らがその意味を把握する時、中東に対する白人の文明的な劣等感を知る必要がある。以下で、俺は白人の優生学の意味を提示しよう。日本人は人間でなく猿に近いので、白人はイケメンだから優生学を好んだとでたらめに考えているように見える。結局、日本人の学者気取りは未開の土人であるので、歴史だけでなく文明を認識できない。1 優生学の意味と背景 ここで、俺は優生学の意味を提示する。日本人は白人を崇拝してきて、彼らを優秀な小人種であると崇めてきた。しかし、日本人は白人の本音や劣等感を把握できてこなかった。未熟で幼稚な生徒や学生が教師の劣等感や事情を把握できないように、日本人は白人の劣等感や事情を把握できてこなかった。優生学の意味とは、...
タイトルとURLをコピーしました