ハンター・バイデンのスキャンダル(薬物コカインと猥褻動画)〜なぜ白人貴族は駄目なのか?〜

広告

 ハンター・バイデンは米国大統領ジョー・バイデンの息子である。彼には、薬物疑惑や猥褻動画の流出などのスキャンダルが生じている。俺がこの種の白人貴族のだらしなさを見るとき、俺はなぜ彼らは統治者であるのにこのように駄目であるのかを疑問に思ってきた。

以下では、俺は白人貴族の駄目さの理由を提示する。さらに、俺はなぜ西洋文明は民主制度を採用したのかを提示する。

広告

駄目さの理由

 駄目さの理由:未開人や未開地域では、管理者や統治者が基本的に無能である。

 未開人や未開地域では、管理者や統治者が基本的に無能である。なぜなら、文明と未開の違いの一つには、「統治(管理)の有無」が存在する。未開人は統治が何であるのかを認識できないので、彼らは自己の社会や国家や文明、宗教を彼ら自身で発達させれない。

ハンター・バイデン

 ハンター・バイデンの駄目さは彼自身の駄目さでない。白人貴族や白人の統治者の駄目さの象徴である。西洋の本格的な台頭は産業革命以降であり、西洋の世界覇権はアヘン戦争以後である。

彼らは世界史における新入りであり、それまでは未開であってきた。だから、彼らは統治者としてのふさわしい振る舞いが何であるかがわかっていない。文明は統治が何であるのかを認識できる。だから、彼らは統治者としての相応しい振る舞いとは何であるかをよく把握している。

儒教の王道政治などを見ればわかるように、中国は文明的であった。だから、彼らは理念的には統治者としての相応しい振る舞いを心得ている。そこでは、ハンター・バイデンのような薬物コカインと猥褻動画は統治者としての振る舞いに反していると考えられるだろう。

大和民族の先生

 ハンター・バイデンの駄目さは大和民族の先生の駄目さに近い。大和民族の先生もお金に卑しく、性にだらしなく、儒教における先生としての適切な振る舞いが何であるかをいまいち認識していない。その結果、大和民族の先生はハンター・バイデンのように振る舞い、非常識や異常者と軽蔑されてきた。

ハンター・バイデンが統治者としての相応しい振る舞いに関する規範を持っていないように、大和民族の先生も先生としての相応しい振る舞いに関する規範を持っていない。そのため、彼らはハンター・バイデンのように本能丸出しで生きていて、スキャンダルが次々に出てくる。

統治者としての相応しい振る舞いに関する規範が存在しない。これは未開の証拠である。実際、野尻美保子は60歳であるのに、自分のことを「みほちゃん」と呼び、若者に性的嫌がらせを繰り返し、牧野淳一郎や押川正毅は可愛い女の子を見ると、発情して群がってしまう。菊池誠は乞食であり、お金をくれないと脅迫を繰り返す。

なぜ西洋は民主制度を採用したか?

 理由:欧州人の統治者は大和民族の先生のように非常に無能であった。

 欧州人の統治者は大和民族の先生のように非常に無能であった。だから、彼らは民主制度を採用した。なぜなら、彼らは自己の民すら統治できなかった。

民主制度の意味

 民主主義の意味とは、未開人は統治が何であるのかを認識できないので、統治者が彼らの統治を民に依存することである。普通に考えれば、統治者は民に依存することなく、彼らは彼らの民を統治することができるはずである。しかし、未開人の統治者は統治が何であるかを認識できない。

加えて、未開人の統治者は民を統治するための規範やふさわしい振る舞いが何であるかを認識していない。だから、非常に情けないことに、彼らは自己の民に「民、俺らは君らをどうやって統治すれば良いのかわからない。教えてよ」と言い始める。

ハンター・バイデンや大和民族の先生を見ればわかるように、彼らが米国民や大和民族を適切に管理・統治することはできない。そのため、米国民や大和民族の一般的な市民が非常に愚かなハンター・バイデンや大和民族の先生を監視する必要がある。

タイトルとURLをコピーしました