顔ずれ〜生物的事実と自己認識(アイデンティティ)のずれ〜

言語
https://ja.wikipedia.org/wiki/千と千尋の神隠し
広告

 俺らがホモ・サピエンスを観察するとき、俺らはある種のホモ・サピエンスの生物的な事実と自己認識が狂っていることに気づく。以下では、俺らは名前をその状態に与える。なお、俺らは自己認識を自己の所属しているソサエティから導かれる自己を約束する。

広告

顔づれ

 認識:顔ずれとは、自己の生物的事実と自己認識が一致しない状態である。

具体例

 ユダヤ教徒の白人の生物的事実は欧州人(欧州小人種)である。彼らの自己認識はセム人(ユダヤ人)である。セム人の小人種は中東小人種であり、欧州小人種でない。

ユダヤ教徒の白人の生物的事実は彼らの自己認識に一致していない。だから、ユダヤ教徒の白人の状態は顔ずれである。おそらく、ユダヤ教徒の白人は中東発祥の宗教から彼らの自己認識を導出する。

その結果、顔ズレが生じる。しかし、ユダヤ教徒の白人の人種はコーカサス人種である。だから、人種的なには顔ずれは生じていない。

具体例

 バラク・オバマはコーカサス人種とネグロイド人種の中間種(エチオピア的中間種)である。しかし、アメリカ社会では、オバマは黒人(ネグロイド人種)になる。オバマの人種はコーカサス人種でもネグロイド人種でもない。

バラク・オバマの生物的事実はオバマの自己認識に一致していない。だから、オバマの状態は顔ずれである。オバマはアメリカ社会という非常に得意な社会から自己認識を導いているので、顔ズレが発生する。