なぜ関係代名詞が必要なのか?

言語
https://unsplash.com/photos/uVbRICbuCiY
広告

 事実:日本語には、関係代名詞は存在しない。事実:それに対して、英語には、関係代名詞が存在する。事実:一般的に、日本人を含む東洋人は関係代名詞を理解することができないように見える。

意志:以下では、俺は関係代名詞について述べるつもりである。意志:関係代名詞に対する認識の前に、俺らは日本神話における神々の名前を見てみよう。

広告

関係代名詞

応答背景

 日本神話には、別天津神が存在する。そのうち、天之御中主神と高御産巣日神と神産巣日神が造化三神と呼ばれる。天之御中主神は「あめ の みなか ぬし の かみ」であり、高御産巣日神は「たか み むすひ の かみ」であり、神産巣日神は「かみ むすひ の かみ」である。

このように、日本神話における神々は非常に長い名前を持っているように見える。けれども、これらの名前はおそらく固有名詞でないように見える。英語では、高御産巣日神は「a spirit who give birth to 高. 」と表現されるように思える。

このように、もし俺らが関係代名詞を使用しないならば、その時、俺らは長い名前が固有名詞であるのか、英語における「名詞+which+〜」であるのかを判定することができない。加えて、俺らは文章と英語における「名詞+which+〜」を区別することができない。まとめると、関係代名詞がないと、文章なのか名前なのかを判定しづらい。

認識1

 認識 関係代名詞は名詞をある文から取り出す。

 例えば、a man has a penis. という文が存在する。これは一つの単語でなく一つの現象である。現象は紙芝居やストロボ写真を想像する。

今、この現象から a man を取り出したいと仮定する。この時、俺は「a man of has a penis」を考えることができる。ここでは、俺は of を取り出すと解釈した。この of を who に置き換えるとき、俺らは「a man who has a penis」を得る。より正確には、「a man of a man has a penis」

まとめると、俺らは対象を紙芝居やストロボ写真から取り出したいときに、俺らは関係代名詞を使用する。そこでは、関係代名詞は代名詞よりもむしろ対象を取り出す操作に近いと解釈する。この解釈では、初めに、男性が自己の男性器を持っていた(現象1)。その現象1の中にある男性を関係代名詞で取り出すという印象である。

認識2

 例えば、俺らがある対象を食べたとする(I eat an object)。この時、聞き手は俺らがどんな対象を食べたのかを知りたい。だから、彼らは「どんな対象(which)を食べたのか」と俺らに質問するだろう。

この質問に回答するために、俺らは「それ(which)は蜂蜜のように甘い」と返答する。現象と質問と回答という流れを繋げると、俺らは「俺は 食べた ある対象 それは 甘い ように 蜂蜜」となる。英語で書くと、I eat an object which is sweet as honey. になるように思える(食べたを食べるに変えた)。

ただし、この場合は which が何であるのかいまいちよくわからないように思える。直感的には、俺らは which を and や + のような接続と解釈することができるかもしれない。つまり、俺らは「俺は 食べた ある対象 それは 甘い ように 蜂蜜」のそれはを接続と解釈する。俺らが which を何らかの対象を捉えると考えるとき、俺らは「I eat an object (the) object is sweet as honey. 」のように考えてしまう。

関係代名詞と方程式?

認識

 例えば、俺らは誰が自然界を創造したのかを知りたい。俺らは「Who did create Nature ?」俺らは Who を 未知数 X に置き換えるとき、俺らは「X did create Nature ?」を得る。または未知数Xは対象Xや神X(XGodやGodX)でも良い。

宗教的には、自然界の創造主は一意的に定まる。ここでは、俺は伏犧やヤハウェを考えてみよう。この時、「FuXi ⇆ X did create Nature. 」や「YHVH ⇆ X did create Nature. 」が得られる。けれども、これらの文は不十分である。なぜなら、左は単語であり、右は文であるように見える。⇆は等号や is である。

だから、俺らは数式における単位を左右で合わせるように、俺らは右の文を単語化する必要がある。上記のように、of で単語化すると、「FuXi ⇆ X of did create Nature. 」や「YHVH ⇆ X of did create Nature. 」が得られる。より正確には、「FuXi ⇆ X of X did create Nature. 」や「YHVH ⇆ X of X did create Nature. 」

 俺らが関係代名詞を接続と解釈する時、「FuXi ⇆ X + did create Nature. 」や「YHVH ⇆ X + did create Nature. 」が得られる。この場合、「FuXi ⇆ X + X did create Nature. 」や「YHVH ⇆ X + X did create Nature. 」は不自然に見える。方程式っぽく書くと、「C = X + did create Nature. 」や「C = X of did create Nature. 」や「C = X of X did create Nature. 」が得られる。

一般名詞と固有名詞を考慮すると、「Createrh ⇆ X of did create Nature. 」が得られる。さらに、俺らが「Whose(X) Createrh did create Nature ?」を考慮すると、「FuXi ⇆ X of Createrh did create Nature. 」や「FuXi ⇆ Createrh of did create Nature. 」や「」が得られる。」が得られる。