なぜドイツ南部はカトリック派であり、北部はプロテスタント派であるか?

欧州国
https://ja.wikipedia.org/wiki/ドイツ
広告

 ドイツで最も多く信仰されている宗教はキリスト教ですが、人口の28%がカトリック、26~27%がプロテスタント(その多くはドイツ福音主義教会/ Evangelische Kirche in Deutschlandである)を信仰しており、人口全体の53.2%がキリスト教を占めています。

https://www.trans-euro.jp/TAex/2020/05/05/ドイツの宗教/

 俺の印象では、ドイツの南部には、キリスト教カトリック派が多い。ドイツ北部には、キリスト教プロテスタント派が多い。以下では、俺はこの原因を提示するつもりである。

広告

原因

 原因:ドイツ南部における白人のドイツ国民とドイツ北部における白人のドイツ国民は異なる民族である。

 ドイツ南部における白人のドイツ国民とドイツ北部における白人のドイツ国民は異なる民族である。遺伝的な違いが宗教の違いに関係している。ドイツ南部の白人のドイツ国民はケルト民族に遺伝的に近く、フランス人の民族と同じである。

だから、ドイツ南部における白人のドイツ国民はキリスト教カトリック派を信仰する。それに対して、ドイツ北部の白人のドイツ国民はゲルマン民族に近い。だから、彼らはキリスト教プロテスタント派を信仰する。

俺の個人的な印象では、ゲルマン民族はキリスト教プロテスタント派を信仰する。一方、ケルト民族はキリスト教カトリック派を信仰する。イギリス民族はその中間である。スラブ民族は東方正教会を信仰する。

民族の違い

 俺の印象では、ドイツ北部の白人の民族はドイツ南部の白人の民族と異なる。だから、信仰する宗派が異なる。ここでは、民族は小人種の部分集合とみなす。

ドイツ人はドイツ統一の際に、彼ら自身を言語でくくってしまった。その結果、彼らは遺伝的な民族でなく、文化的な性質を優先させた。

経験則

 経験則:ケルト民族はキリスト教カトリック派を遺伝的に信仰する。ゲルマン民族はキリスト教プロテスタント派を遺伝的に信仰する。

 ケルト民族はキリスト教カトリック派を遺伝的に信仰する。ゲルマン民族はキリスト教プロテスタント派を遺伝的に信仰する。ゲルマン民族には、北部のドイツ人やオランダ人や北欧人が含まれる。

ケルト民族とカトリック派

 白人のカトリック派(ケルト民族)はイタリア人やスペイン人などの地中海人に遺伝的に近い。白人のカトリック派(ケルト民族)は幾何学的な建築や文化や学問、商業に長けている。フランスの建築は荘厳であり、美しい。

ゲルマン民族とプロテスタント派

 白人のプロテスタント派は軍事や統治、貴族や王様として振る舞う。彼らは幾何学的な建築の建設を不得意とするように見える。実際、プロテスタント派の教会?は質素であり、カトリック派のような荘厳な何かでない。