なぜJodie Turner-SmithはAnne Boleyn, wife of King Henry VIIIを演じるのか?〜人種浄化と人種抹殺〜

欧州文明
https://ja.wikipedia.org/wiki/アン・ブーリン
広告

LONDON (Reuters) – Black British actor Jodie Turner-Smith is to play Anne Boleyn, wife of English King Henry VIII whom he had beheaded, in a three-part psychological thriller commissioned by TV station Channel 5.

https://www.reuters.com/article/us-britain-film-boleyn/black-actor-turner-smith-to-play-english-queen-anne-boleyn-in-new-drama-idUSKBN27F26S

 Jodie Turner-Smithというネグロイド人種の女性はAnne Boleynを演じるらしい。上記の速報に対して、白人の一部はネグロイド人種が欧州小人種の女性を演じることは歴史的にも人種的にも問題ある主張した。この主張の裏には、この種の欧州小人種は上記の選択は欧州小人種に対する人種的な抹殺であると感じている。

以下で、俺は上記の選択の中の悪意や意図を提示しよう。下記のCurseはユダヤ教徒の(白人)を非常に嫌っている(キリスト教徒の)白人であるだろう。個人的には、アブラハム宗教に無関係な色付きは彼らの宗教問題に関係すべきでないと審判する。

広告

1章 人種浄化や民族浄化の手法〜置き換え〜

 人種浄化や民族浄化の手法(置き換え) 人種浄化や民族浄化の手法には、ある人種を別の人種(または中間種)に置き換える手法が存在する。

 人種浄化や民族浄化の手法には、ある人種を別の人種に置き換える手法が存在する。この場合、欧州小人種をネグロイド人種に置き換える手法が存在する。つまり、欧州小人種をネグロイド人種で置き換える。

例えば、俺が欧州小人種を人種浄化したいとする。その時、俺は過去の歴史の肖像画の全てをネグロイド人種に置き換える。加えて、俺は欧州小人種の王様やお姫様の俳優や女優の全てをネグロイド人種で置き換える。

その後、俺はネグロイド人種を欧州人と呼んで、俺は彼らを「初めから存在しなかった対象」として扱う。つまり、欧州には、ネグロイド人種が初めから存在していて、彼らが欧州を発展させてきた。そこに、欧州人は存在しなかったと。

 最も有名な置き換えは「アメリカ人」である。欧州人は土着の原住民である「アメリカ人」を文字通り抹殺した後に、彼らは土着の原住民の名前を勝手に名乗った。そして、彼らはまるで初めからそこに住んでいたように、「アメリカ人」と名乗っている。

しかし、本当のアメリカ人とは、モンゴロイド人種のアメリカ小人種である。日本語では、この種の行為は「背乗り行為」と呼ばれている。現在、欧州では、ネグロイド人種が欧州人に置き換えられつつあるが、彼らの状態は自業自得である。

なぜなら、西側欧州人はアメリカ人を抹殺して、背乗りして、土着の人種を欧州小人種で完全に置き換えてしまった。

2章 チェダーマンと置き換え

 【2月7日 AFP】英自然史博物館(Natural History Museum)とロンドン大学ユニバーシティー・カレッジ(University College London)の共同研究チームは7日、1万年前に現在の英国に住んでいた古代民族の男性の人骨からDNAを抽出・分析した結果、この民族の肌が浅黒く、目は青かったことが判明したと発表した。1903年に洞穴で人骨が発見されたこの男性は、洞穴のあった英イングランド南西部の地名から「チェダーマン(Cheddar Man)」と呼ばれている。今回、この人骨を使った初の完全なDNA分析が行われ、この男性の容姿を現代によみがえらせる作業が行われた。共同研究チームはチェダーマンの頭蓋骨に2ミリの穴を開け、抽出した骨粉からDNAを分析。これまでの見解ではチェダーマンの目は茶色く、肌は色白だったとみられていたが、そうした仮説を覆す結果となった。 自然史博物館の関係者は、「1万年前の古代民族がとても青い目でありながら肌は浅黒いという組み合わせだったことは非常に驚きだ」と述べている。 今回発表された研究結果は、欧州北部の人々の肌が白くなったのは、これまで考えられていたよりも最近であることを示唆している。 チェダーマンの部族は氷河期の末期に現在の英国に移動して来たものとみられており、そのDNAは現代のスペイン、ハンガリー、ルクセンブルクで見つかった人骨と関連があることが分かっている。

 https://www.afpbb.com/articles/-/3161452

 チェダーマンそれ自体は事実であるかもしれない。しかし、古代の欧州人は黒人であったと主張するのは、人種浄化や民族浄化である。なぜなら、肌の色は紫外線量で決定されるので、あの緯度には、おそらく、黒い肌の色を持つ人間(定着した)は存在しない。存在したのであれば、北上してきたばかりの人間である。

人種浄化の方法から見ると、昔の欧州に住んでいた人間は黒人であったので、たとえ俺らが欧州人種をネグロイド人種で置き換えるとしても、それは元の状態に戻しただけである。なぜなら、チェダーマンは黒人であった。

たとえ俺が欧州人を抹殺するとしても、その抹殺行為それ自体は存在しない。なぜなら、欧州の原住民は欧州人であり、その肌色は白でなく、黒であった。なお、チェダーマンがネグロイド人種であったかは不明である。

 上記の「God’s sake」の「God」はヤハウェであるかもしれない。Malkinの夫はユダヤ教徒の白人であるらしい。だから、彼女は彼らが何を考えているのか知っているのではないかと憶測する。

Matt Katzはおそらくゲルマン民族のユダヤ教徒であるように見える。少なくとも、彼の父側からゲルマン人の血が入っているように思える。一般的に、白人は大規模な黒人奴隷やナチス関係に関して、サイコパスと指摘されてきたように思える。しかし、俺の印象では、彼らは発達障害やアスペルガーに近い何かであるように思える。

近代において、西側白人は劣等な色つきを文明化させるために、白人の遺伝子を色付きに強制的に注いでてきた。現在においても、彼らは移民や多様性といって、ホモ・サピエンスの自然な生態系をぐちゃぐちゃにしてきた。モンゴロイド人種に対する人種浄化には、二度目は存在しない。

タイトルとURLをコピーしました