Twitchの削除人Steph Loehr(ステフ ローアー)の鹿ジェンダーに対する対処(yousayblah)

欧州文明
https://summit.news/2020/05/18/i-have-power-trans-twitch-moderator-who-identifies-as-a-deer-threatens-to-censor-critics/
広告

 Steph Loehrの性自認?は鹿であるらしい。俺は彼の発言がどこまで本気であるのかを把握できない。以下では、俺はこの種の奇怪な動物に対する対処を提示する。

アングロ・サクソンの文化圏では、自由が最も重視される。その世界では、人間は自己の認識を彼ら自身で自由に導出することができる。その結果、上記のような「性自認?が鹿であるSteph Loehr」が登場する。

広告

大局的自立と自己認識(identity)

 大局的自立と自己認識(identity):もしある人間集団が自己の社会をある自己認識aで大局的に自立して形成できないならば、そのとき、その自己認識aは善でない、または悪である。

 もしある人間集団が自己の社会をある自己認識aで大局的に自立して形成できないならば、そのとき、その自己認識aは善でない、または悪である。

鹿で人間社会を形成できるか?

 Steph Loehrの性自認?は鹿であるらしい。しかし、俺はSteph Loehrは自己の社会を鹿という自己認識で大局的に自立して形成できないと審判する。性自認を鹿と認識するホモ・サピエンスからなる社会は形成されないだろう。

だから、俺らは鹿という性自認と正当と認識しない。もしSteph Loehrが性自認を鹿と感じて、彼の社会を形成したいならば、彼はまともな社会から大局的に自立して、彼自身の社会を形成すれば良い。

Steph Loehrに対する俺の強烈な違和感とは、健常者に対するSteph Loehrの依存的な精神である。健常者が自己の性自認を生物的な事実に重ね合わせるのは、社会の形成のためである。Steph Loehrは健常者の社会の形成に依存して、自立するつもりがないので、Steph Loehrは上記のようなふざけたことを主張できる。

自己認識とは何か?

 自己認識:自己認識とは、ある人間が自己を所属している社会から導いて認識している状態である。

 自己認識とは、ある人間が自己を所属している社会から導いて認識している状態である。「所属している社会から導いて」が重要な点である。つまり、もし俺らが自己の社会を形成できないならば、俺らは自己認識を持っていない。

社会とは、運動競技に近くサッカーや卓球である。また、生物的な事実と自己認識は非常に異なる。自己の人種がモンゴロイド人種であることとその生物的な事実を認識することには、若干のズレが存在する。

Steph Loehr

 Steph Loehrには、自己認識がない。Steph Loehrは自己の性自認を鹿と自分勝手に主張している。しかし、その鹿という性自認は何の社会からも導出されていない。

俺らが自己認識を自己が所属している人間社会から導出される(自己に対する)認識とするとき、俺らはSteph Loehrのような奇妙な自称自己認識を排除することができる。もしSteph Loehrが自己の性自認を鹿と主張するならば、俺らは「では、その自認はどんな社会から導出されているのか」と逆に質問すれば良い。

俺の印象では、Steph Loehrはこの質問に回答できない。なぜなら、彼は自己が鹿となるような自己の社会を彼自身で形成できていない。