なぜドイツ統一は1871年と遅かったのか?〜プロイセン王国とビスマルクによる統一〜

欧州文明
https://en.wikipedia.org/wiki/Unification_of_Germany
広告

 〜日本とアメリカ、ドイツは同時期に近代化したのでは?

皆さんの見解によると、明治維新の頃、欧米の国々は既に先進国となっていて、それに比べて日本はかなり遅れていたという認識をされている方が多いように見受けられます。 ただ、史実を見る限り、イギリスとフランスに限っては早くに近代化が進んでいたと思いますが、ドイツとアメリカについては日本とほぼ同時期に近代化が始まっており、「だから日本は遅れていた」と得意そうに説明する理由にはならないと思いますが、どうでしょうか。日独米は同時期に以下の通り同じようなプロセスを経て近代化しており、規模の大小はあるものの、遅れている進んでいるの差はほとんどないと思います。

19世紀半ばまで 日本:多数の藩が分立した封建制国家/ドイツ:多数の領邦国家が分立した国家連合 /アメリカ:西部劇の時代

1860~70年代 日本:大政奉還、戊辰戦争を経て、廃藩置県(近代国家体制の成立) /ドイツ:普墺戦争を経て、ドイツ統一(ドイツ帝国の成立) /アメリカ:南北戦争を経て、レコンストラクション(近代アメリカの成立)

https://okwave.jp/qa/q4951458.html

 俺は上記の意見に賛成する。大和民族は白人崇拝であり、多神教徒的であり、未開である。そのため、彼らはドイツがバラバラであり、地方分権的な状態の意味を把握できない。加えて、彼らはドイツ統一の意味をうまく把握していないように見える(知識は十分で正確)。

以下では、俺はドイツ統一の “意味” を提示する。大和民族は島国の民であり、島の意味は未開である。俺の憶測では、未開の民は物事の意味を把握できない。

広告

1章 ドイツ統一の意味

 ドイツ統一の意味:ドイツ地域のゲルマン民族はまともな統治能力を持っていなかったので、ドイツ統一まで未開であった。

 世界史における白人(古代ローマ人のような地中海人でない)の台頭は産業革命以降の1800年からであり、アヘン戦争の勝利が彼らの世界覇権を決定づけた。それまで、彼らはネグロイド人種やオーストラロイド人種、アメリカ小人種と同様に長い間未開な存在であってきた。大和民族はこの事実の意味をよく認識する必要がある。

1節 未開人の特徴

 事実:未開人(ドイツ人)は動物と同様に国家それ自体を形成できない。未開人は統治が何かを認識できない。

 大和民族は島国の民であり、未開である。だから、彼らは国家の意味を把握できない。国家の形成は統治能力の有無を暗示して、文明と未開を区別する。国家を形成できないことは統治能力を持っていないことを暗示して、その状態は非文明的であり、未開である。そして、一般的に、島国や半島の民は統治が何かを認識できないので、彼らは国家を形成できない。

ドイツ地域の歴史を見れば分かるように、あの地域は中国の皇帝やモンゴル帝国、オスマン帝国あるいはアカイメネス朝ペルシアのような巨大な国家を形成できてこなかった。領邦?という謎の状態が継続していた。なぜなら、領邦や藩が彼らの統治能力の限界であった。この状態はアフリカの未開な地域やアボリジニ、そしてアメリカ先住民が国家を形成できなかった状態に似ている。

よく言えば、商人や教会のような国家とも言えない謎の組織が権力を振るっていて、まともな統治が形成されていない状態である。文明の発達は、ホモ・サピエンスの群れ(完全に未開)→人間社会の形成→商人や教会などの発達→国家の形成→文明の形成であるが、ドイツは「ホモ・サピエンスの群れ(完全に未開)→人間社会の形成→商人や教会などの発達」で止まっていた。

2節 国家形成と文明

  事実:一握りの特別な民のみが国家を形成する能力を持っている。一握りの特別な民のみが国家を統治する能力を持っている。そして、国家を形成できることと国家を統治できることは文明の象徴の一つである。

 大和民族は国家それ自体をうまく認識していない。だから、彼らは国家を形成できることが特別なことであるとイマイチ認識していないように見える。北朝鮮は狂った国家であり、韓国も崩壊中である。なぜなら、朝鮮民族は国家それ自体を認識していないか、国家を形成する能力を持っていない。

東洋文明では、漢民族と華北民族、そしてモンゴル民族のみが国家を形成する能力を持っているように見える。さらに悪い場合には、ほとんどの民族も人種も国家それ自体を認識できない。一握りの男性のみが国家を認識している、または国家それ自体を形成できる。

大和民族は国家を認識できないし、うまく形成できない。だからこそ、彼らはドイツ統一以前の状態をみて、ゲルマン民族は文明的に未開であったと審判できない。

3節 現在の状態

 加えて、大和民族は現在の世界における様々な国家や国民をみて、人類は国家を認識する、または形成する能力を生得的に持っていると錯覚する。けれども、現在の国家のほとんどは西洋由来の国民国家制度である。そして、それらの国家は近代の欧州人によって外部から強制的に作られた(作ってもらった)。

現在でも、ほとんどの民は国家というシステムを形成する能力を持っていない。もっというと、彼らは国家というシステムを適切に統治、管理する能力すら持っていない。だから、白人がアフリカから去ると、黒人国家は腐敗して、未開な状態になる。統治不能状態が形成される。

2章 ゲルマン民族は優秀か?

 俺の審判:ゲルマン民族は遺伝的には優秀であるが、文明的には劣等である。

 遺伝的な優秀さとは、知能指数や運動能力や外見である。それに対して、文明的な優秀さとは、人間社会の形成能力である。例えば、宗教の形成、国家や文明の形成、文字の形成などがそれに該当する。もっというと、文明的な優秀さは、統治能力、善悪や家族制度の形成、生存競争の強さに関係する。

俺の印象では、ある民族が遺伝的に優秀であるとしても、もしその民族が人間的に優秀でないならば、その民族はまともな社会も国家も形成できないと審判する。蟻は巨大な群れを形成できるが、ホッキョクグマは遺伝的に優秀であるが、巨大な群れを形成できないことに似ている。

宗教や文明は統治機構を人間に与える。けれども、未開なゲルマン人はまともな統治機構を彼ら自身で形成できなかったので、彼らはキリスト教に頼らざるを得なかった。

3章 藩と領邦、そして地方分権の意味

 藩と領邦、そして地方分権の意味:藩と領邦、そして地方分権の意味は “未開(非文明)” である。

 正確には、藩と領邦、そして地方分権の意味は統治能力の欠如を暗示しているので、未開である。言い換えると、「僕たちは統治能力がありません。だから、地方分権がいいです」と発言している。未開人は自己の正しい善悪を持たないので、彼らは統治されていない状態が自由であり、権力に屈していないと感じるらしい。

ゲルマン民族も大和民族も未開であるので、彼らは藩や領邦、そして地方分権の意味を把握していない。ドイツ人が森を好むように、彼らは藩や領邦、そして地方分権を好む。この種の類型には、商人や関西人が存在する。なぜなら、商人は富や交換に関係するが、彼らは統治に無関係な存在である。

簡単にいうと、日本人もドイツ人も統治能力の範囲を藩や領邦ましか広げられなかったと主張している。中央集権こそが文明的であり、地方分権こそが未開である。しかし、未開人は物事の意味や正しい善悪を持っていない。だから、彼らは藩と領邦、そして地方分権の意味を把握できない。