なぜローマ帝国はキリスト教になったか

歴史
https://ja.wikipedia.org/wiki/マッテオ・サルヴィーニ

 理由 ローマ帝国を含む地中海文明は中東文明よりも文明的に劣っていた。彼らは中東文明よりも北方の文明であり、軍事的に強かったが、文明的には弱かった。その弱さがキリスト教に対する敗北に繋がった。

もしローマがキリスト教よりも優れた宗教を形成できたならば、ローマを地中海世界はキリスト教化しなかった。さらに、欧州もキリスト教化しなかっただろう。

 ローマ帝国は元々多神教であった。しかし、ローマは紀元300年のキリスト教の公認から紀元400年のキリスト教の国教化によってキリスト教かされた。そして、ローマのキリスト教化は欧州のキリスト教化に重要な役割を演じた。

もしローマがキリスト教化されなかったならば、欧州はキリスト教でなかっただろう。では、なぜローマはキリスト教になっただろうか?俺はこの理由はローマ帝国の後進性であると審判する。

ローマのキリスト教化の理由はイエスやキリスト教のわけわかんなさや過激さが原因であると言われてきた。または、経済格差の結果、貧しい人間を救うキリスト教が受け入れられたと指摘されてきた。しかし、この種の意見はローマ帝国の「先進性」を前提としているように思える。

1 ローマを含む地中海小人種は独自の宗教を作れない

 地中海小人種の国家はヒッタイトやアレクサンドロス大王、そしてローマ帝国であった。近代では、スペインやポルトガルのような国家がそうであった。しかし、この種の国家のどれもが彼ら自身の宗教を形成できてこなかった。

アナトリア

 アナトリアはヒッタイト帝国を形成した。また、鉄や貨幣(リディア)でも有名であった。しかし、彼らは彼ら自身の宗教を形成できてこなかった。

ギリシアやローマ

 ギリシアもローマも多神教的であった。彼らもキリスト教やユダヤ教のような宗教を形成できてこなかった。彼らの宗教は神道のようであり、仏教や儒教でなかった。

イベリア

 イベリアは地中海文明で最も未開であった。彼らは彼ら自身の何かを持っていない。

2 欧州のキリスト教化とローマのキリスト教化は同じ

 ローマ帝国崩壊後の欧州のキリスト教化とローマ帝国のキリスト教化の理由はともに同じである。彼らは中東よりも文明的に劣等であった。だから、彼らはより先進的な文明を受け入れる側であった。

なぜ欧州はキリスト教化したか

 欧州のキリスト教化の理由は欧州が地中海よりも文明的に劣等であったからである。

なぜローマはキリスト教化したか

 同様に、ローマやギリシアを含む地中海世界は中東世界よりも劣等であった。だから、ローマはキリスト教化した。

中東はコーカサス人種文明の発祥

 ユダヤ教及びキリスト教及びイスラム教は中東発祥である。さらに、ゾロアスター教も中東発祥である。コーカサス文明の中心は中東であり、欧州や地中海でなかった。

3 アナトリア半島のイスラム教化と欧州のイスラム化

アナトリア半島の宗教

 アナトリアの宗教はローマ帝国の下でキリスト教になった。そのあと、モンゴル帝国の侵攻の前のセルジューク朝からイスラム化が侵攻した。

欧州の将来的イスラム化

 欧州の将来的イスラム化は不可避であるだろう。なぜなら、欧州は未開地域であり、文明的に劣等であった。

タイトルとURLをコピーしました