なぜアメリカ合衆国は拝金主義であるのか?〜経済重視の国家観〜

欧州国
https://unsplash.com/photos/8lnbXtxFGZw
広告

 アメリカ合衆国は非常に拝金主義的な国家である。以下では、俺はなぜアメリカ合衆国が拝金主義的であるのかを提示するつもりである。アメリカ合衆国の拝金主義はシンガポールの拝金主義にも関係するだろう。

広告

理由

自己の欠如

 自己の欠如:アメリカ合衆国は自己それ自体を持たないので、拝金主義である。

 アメリカ合衆国は自己それ自体を持たないので、拝金主義である。例えば、アメリカ合衆国の言語は英語であり、これは英国(アングロ・サクソン)の言語である。アメリカ合衆国の法制度は欧州由来である。

アメリカ合衆国の統治制度(民主主義)は欧州由来であり、その制度も古代における地中海由来である。さらに、キリスト教は中東発祥である。キリスト教プロテスタント派もドイツ(欧州)発祥である。

このように、アメリカ合衆国は自己それ自体を持たない。一般的に、もしある集団が自己それ自体を持たないならば、そのとき、その集団は一種の自己認識の崩壊に遭遇して、彼らの自己認識それ自体を求めるようになる。欧州と米国の違いは経済力と軍事力のみであるので、米国はその違い、つまり米国の自己認識を与える違いに非常に執着するようになる。

正当性

 正当性:アメリカ合衆国は自己の国家の存在の正当性を主張する必要があるので、アメリカ合衆国は経済的な成長と軍事力に取り憑かれる。

 アメリカ合衆国は自己の国家の存在の正当性を主張する必要があるので、アメリカ合衆国は経済的な成長と軍事力に取り憑かれる。普通に考えればわかるように、欧州人がアメリカ大陸に国家を建設することは正当性を持たない。加えて、アメリカ合衆国が欧州から離脱する過程で、彼らは自己の国家の正当性を主張する必要があった。

つまり、アメリカ合衆国はアメリカ合衆国は高い経済力を持つので、その存在は正当であると主張する必要があった。口語的には、アメリカ合衆国は「俺らはお金持ちで、かつ軍事的にも強い。だから、正しい」と主張する必要がある。本来であれば、自己の文化や自己の文明を創造して、自己の存在の正当性を主張する必要がある。

けれども、アメリカ合衆国は自己の社会や自己の何かそれ自体を作れない。だから、彼らは欧州でなく、自分自身が正しいと主張するために、富と経済に取り憑かれる。

推論

推論

 推論:もしある集団が人工的な自己認識を持たないならば、そのとき、その集団は彼らの自己認識をお金や軍事力、そして人種に強く求める。

 もしある集団が人工的な自己認識を持たないならば、そのとき、その集団は彼らの自己認識をお金や軍事力、そして人種に強く求める。アメリカ合衆国では、人種問題が非常に深刻である。個人的な印象では、アメリカ合衆国の欧州人は欧州における感じの悪い欧州人よりも人種を優先する。

なぜなら、アメリカ合衆国の欧州人は人工的な自己を持っていないので、彼らは自己の人種や肌の色それ自体を自己を認識する。当然、肌の色や人種は非常に重要である。けれども、アメリカ合衆国の欧州人の人種認識が歪であるのは事実であるだろう。

寄付