なぜ選挙権が女に与えられなかったのか

広告

女性は後始末やけじめを彼女ら自身でつけれない。

女性は責任をとれない。彼女らは社会的事故を引き起こした後、彼女らは泣いて男性に後始末を期待する。まるでテリーザ・メイのように。あるいは、彼らは迫害された被害者として他国に逃げ込んで他の男に股を開いてきた。

だから、女性は選挙権をもたなかった。これは子供や黒人やその他の色付きが選挙権を持たなかったことに似ている。うんこ垂れ流しの老人は選挙権をもつべきでない。なぜなら、彼らはうんこを彼ら自身で拾えない。女性もこれと同じであると考えられた。

広告

1:なぜ女性は選挙権をもたなかったか

1:女性はボケ老人や子供と同じ。

選挙権のなさに関して、女性は差別されてきたと怒ってきた。しかし、白人男性は馬鹿でない。なぜ女性が選挙権を持たなかったのか、それには理由がある。

女性は痴呆老人と同じであると考えられた。女性は子供と同じであると考えられた。女性は戦後のぱんぱんと同じである考えられた。だから、彼女らは選挙権を持たなかった。

選挙権は船の舵に対応する。たとえ女性が舵取りをして船を沈没させても、女性は泣いて被害者ぶる。彼女らは男性がその沈没の責任を取ってくれると無言で期待する。そして、他の船の男に股を開いて逃げる。だから、女性は舵をとるべきでないと考えられてきた。

2:女性は意志表示のできな

女性は彼女らの意志を表示できない。女性が上記の文を読む時、彼女らは騒いで喚く。彼女らは差別という単語を繰り出す。彼女らは不安を感じる時、わめいく。なぜなら、相手が黙ってくれることを期待する。それが安心感を得るための手段である。

「泣いて、被害者ぶるのは良いのか、悪いのか。」

「責任取れないのは、良いか、悪いか。」

おそらく、女性は上記の質問に回答しない。なぜなら、彼女らは意志表示を恐れる。彼女らが意志を表示する時、言動と行動の矛盾が生じる。男性はそれを指摘するだろう。彼女らはその指摘を恐れる。だから、彼女らは何も主張しない。彼女らはわめいて不安を回避しようとする。

つまり、女性は男性と意思疎通できない。彼女らは生まれてから死ぬまで意志表示しない。なぜなら、不安だから。

2:なんで選挙権が与えられたのか

1:女性も後始末できるとみなされた。

女性の選挙権は第一次世界大戦後から。俺の祖父母が生まれる10年前くらい。(1920代から1930年代)これは比較的最近であるけれども。表面的には、男性は女性も責任や後始末をこなせると審判した。だから、女性に選挙権が与えられた。

一部の女性はこれを差別とみなすが、そうでない。これは公平な評価であった。要するに、男性ばかりが後始末する。一方、女性は後始末できない。にも関わらず、女性は男性が作り男性が維持してきた社会に口を出す。これは公平でない。

これは例えるとこうなる。親戚のおじさんが妊婦の中の子供に口を出す。女性が食べる食料を決定する。しかし、たとえ妊婦の中の子供が流産しても、そのおじさんは責任や後始末を取らない。彼は被害者ぶって他の女に助けてもらおうとして、そのおじさんはフィリピンへと逃亡する。女性とはこんな感じである。

2:よくある誤解

女性の一部はこう言ってきた。

「女性は差別されてきた。だから、選挙権が与えられなかった。」

これは完全なる間違いである。現在でも女性の大部分は男性に依存している。彼女らは大局的に自立できない。男性が組織を作り、男性がその組織を維持する。女性が後から入ってきて、「平等」を要求する。これは単なるたかり行為だけれども。

しかし、女性はこの単純な事実すら認識できない。さらに悪いことに、女性はこの事実が良いのか悪いかを判断できない。彼女らは不安を感じると、わめくか沈黙する。

「女性も大局的に自立したい。」

「女性が男性に依存する状態は悪い。」

女性は上記の文を宣言できない。生まれてから死ぬまでずっと。

3:現在はどうなのか?

1:君は女性が後始末できるように見えるか?

俺はそう思わない。女性は男性が後始末すると無言で期待する。さらに悪いことに、彼女らはそれすら言わない。彼女は男性の「察し」を暗に期待する。

女性の大部分はなぜ人間が選挙権を持つかを理解できない。彼女らはそれをご褒美や女性だからとみなしているように思える。選挙権は男性からの贈り物でない。選挙権は恋愛や愛情でない。

2:白人崇拝の女性を見て、君はどう思う?

君が白人男性に群がる日本人女性を見て、女性は選挙権を持つべきであると侵犯するか。俺はそう思わない。

女性の大部分は歴史や文明の概念を持たない。白人が原子力爆弾を色つきに投下しようが、アボリジニやアメリカモンゴロイド人種を絶滅させようと、ドイツ人がナチスになろうと、彼女らはその「意味」を「認識」できない。彼女らはこう言ってきた。

「白人ハーフの子供が欲しい〜。」

非常に残念なことに、なぜ男性、特にコーカサス人種の男性が女性を人間とみなしてこなかったかを俺は理解してしまう。女性の大部分はボケている。たとえ男性が人種や歴史に関する「真剣な」話を振っても、彼女らは真剣に応答できない。彼女らは何を指摘されているかを認識できないように見える。

女性の大部分は歴史や文明の概念を持たない。彼女らは白人男性と結婚して、白人みたいな容姿を持った子供を獲得する。その後、彼女らはそれを自慢するために、わざわざ色つきの社会へと入りちやほやを期待する。人間社会の維持や歴史や文明の創造は日本人男性にやってもらう。女性の幸せとはまさにこれである。この種の人間?に選挙権は不要である。

この種の女性がどうやって歴史や文明について語るのか。女に社会参加させる時、文明は白人ハーフの子供が欲しくて滅ぶのだろうか。たとえ俺がこの種の真剣な話をぶつけても、女性はこう反応する。

「日本人男性がもてない。日本人男性は不細工。」

「日本人男性は嫉妬している。」

「誰と結婚しようが女性の自由。」

君はこの種の侮辱者を見て、女性は選挙権を持つべきであると判断するか。俺は思わない。少なくとも、この種の女性は色つきの社会に軍事的に金銭的に依存することなしに生きていけば良い。

ちなみに、東洋人と白人を交雑させると、白人側が滅びるだろう。交雑に関して、色つきの方が遺伝的により強い。日本人女性の大部分は白人が好きでないように見える。白人も中間種の子供も女性にとってブランド品と同じ。日本人女性の大部分は白人や中間種の子供を人間とみなさない。日本人女性は彼らを物体や物品をみなす。

4:解決案

1:民主制度を廃止する。

民主制度はもはや寿命である。女性だけでなく、男性も彼ら自身の行為の結果の後始末をつけれないように見える。この状態は選挙権の根拠を完全に破壊した。

その証拠として、トランプ大統領の当選後、一部の白人の米国民はカナダに逃げると発言した。選挙権を通じて、社会に介入してきたのにもかかわらず、彼らはその後始末を取ろうとしない。彼らはうんこ垂れ流しの痴呆老人や早撃ちマックと同じである。

中国の政治的な台頭はこの種の白人に対する幻滅も関係してきた。さらに、色つきは殺人鬼の子孫が作った?社会制度を採用したくない。白人は3つのモンゴロイド人種の一派を完全に絶滅に追いやった。

2:男女分岐を重視する

分岐が存在する時、女性の大局的な自立が達成される。これは男性にとっても女性にとっても素晴らしい。男性の大部分は女性を必要としない。明日から、女性が滅んでも、男性は困らない、もし出産能力が人工子宮に置き換えられるならば。

女性の大部分は男性の足を引っ張るだけである。男性は女性を必要としない。彼女らは彼女ら自身で生きていけば良い。男女分岐は女性にとっても利益になる。なぜなら、女性は女性は男性によって差別されてきたと主張してきた。もし男女分岐が達成されるならば、女性を差別する対象である男性が存在しなくなる。これは女性にとって素晴らしい。

もちろん、女性は内心これを嫌う。なぜなら、女性は男性に依存したい。女性は男性が社会を作り維持して、男性が歴史や文明を創造することを期待する。女性は悪者になりたくない。女性は歴史的な対峙を嫌うので、男性に対峙してほしい。でも、女性は男性の歴史や文化に口を出したい。女性は差別された悲劇の王女さまを演じたい。現在の状態はこんな感じである。

現在の状態は女性にとって居心地が良い。男性があらゆる責任を取り、女性は悲劇の王女さま。しかし、男性はその状態に賛成しないだろう。現在、欧州は没落して、アメリカもきな臭い。悲劇的な結末が私たちを出迎えるだろう。俺らはライヴリークで再会するだろう。

広告

エックスサーバーグーペシックスコア

つぶやき〜欧州の将来的な滅亡〜

もし女性が以下のつぶやきに冷静に反論できないならば、俺は欧州が滅びるだろうと確信する。なぜなら、イスラム教徒のトルコ人や中東人種が勝利するだろう。君は以下のつぶやきを目に焼き付ける。以下のつぶやきは歴史的にも重要になるだろう。

タイトルとURLをコピーしました