なぜ選挙権が女に与えられなかったのか〜女性参政権〜

欧州文明
https://unsplash.com/photos/sudvLSWoSsA
広告
広告

理由

応答義務

 俺の認識 ホモ・サピエンスの雌は自己の行為に対する応答義務を果たすことができない。

 たとえ彼女らが大規模な交通事故を引き起こすとしても、彼女らはその事故に対する応答義務を果たすことができない。なぜなら、応答義務は不安を彼女らに与える。そして、彼女らはその不安を何よりも恐れる。

つまり、ホモ・サピエンスの雌はたとえ彼女らが交通事故を引きこすとしても、その場所からひき逃げしてしまうと考えられてきた。または、彼女らはホモ・サピエンスの雄に応答義務を果たしてもらおうとしてきた。彼女らは彼女らの行為に関して批判されるのが、怖いので、彼女らはひき逃げするだろうと考えられてきた。

例えば、大和民族の雌が西側白人と結婚して、白人との中間種の子供を産み落とした。ある有色人が彼女に対して、「黒人奴隷についてどう思う?」や「モンゴロイド人種の虐殺に関してどう思う?」と尋ねた。すると、彼女は不機嫌になって沈黙した。ホモ・サピエンスの雌は自己の夫や子供に対する歴史的な応答義務を果たすことができないと考えられてきた。

後始末

 俺の認識 ホモ・サピエンスの雌は自己の行為の後始末をつける能力を持っていない。

 たとえ彼女らが大規模な交通事故を引き起こすとしても、彼女らはその事故に対する後始末をつける能力を持っていない。言い換えると、ホモ・サピエンスの雌は自己のウンコを彼女ら自身で片付けることができないと考えられてきた。この性質は痴呆老人や介護老人と同じであり、彼らもまた自己のウンコを片付けることができない。

例えば、大和民族の雌が西側白人と結婚して、白人との中間種の子供を産み落とした。そのあと、彼女らは離婚した。けれども、この種の動物は自己の子供を育てることすら、大和民族の雄の助けなしに実行することができない。離婚した後、彼女らは大和民族の雄に泣きついて助けてもらおうとする。

自立

 俺の認識 ホモ・サピエンスの雌はホモ・サピエンスの雄から大局的に自立することができない。

 ホモ・サピエンスの雌は子供や痴呆老人と同じであり、彼女らは大局的に自立できないと考えられてきた。彼女らはホモ・サピエンスの雄から自立して、自己の社会を彼女ら自身で形成できない。ホモ・サピエンスの雄はホモ・サピエンスの雌をこのように考えてきた。