なぜフランスは黒人ばかりか?〜黒人国家になりつつあるフランス〜

欧州国
https://ja.wikipedia.org/wiki/フランス人
広告

 フランスには、ネグロイド人種の数が非常に多い。けれども、彼らの自然な生息地はサブサハラであった。俺の印象では、フランス人は彼らの自然な生息地で人種浄化されつつある。

にも関わらず、フランス人は彼らの悲劇的な将来をうまく予想できていないように見える。彼らは彼ら自身が人種浄化されようとしているのに、彼らはその状態を傍観している。彼らは危機感すら持っていない。以下では、俺はフランスにおけるネグロイド人種が多いことに関する俺の認識を提示する。

広告

善な認識

 善な認識 ネグロイド人種がフランス地域に住むことは不自然である。加えて、ネグロイド人種がフランス人の統治者をフランス人の自然な生息地で担うことはフランス人を奴隷化することに将来的に繋がるだろう。さらに、フランス人は彼らの自然な生息地で人種的に浄化されるだろう。

 ネグロイド人種がフランス地域に住むことは不自然である。加えて、ネグロイド人種がフランス人の統治者をフランス人の自然な生息地で担うことはフランス人を奴隷化することに将来的に繋がるだろう。さらに、フランス人は彼らの自然な生息地で人種的に浄化されるだろう。

フランスの将来

 フランスの将来はアメリカ大陸におけるアメリカ先住民やイヌイットの虐殺や絶滅である。フランスがイスラム化することは非常に高い確率であるように見える。それだけでなく、彼らはネグロイド人種やイスラム教徒の中東人によって復讐されるだろう。

現在のフランス人は “白人視点” で見れば、彼らは非常に危険な状態にある。彼らは white replacement などという生易しい状態でなく、人種浄化や民族浄化の危機に陥っている。彼らの将来はオーストラリアのアボリジニやアメリカ先住民やイヌイットの虐殺や絶滅である。

これはフランス地域におけるネグロイド人種やイスラム教徒の人口動態だけの問題でなく、有色人の歴史的な恨みや憎悪や復讐心にも関係する。白人はアスペで他人の感情をうまく読み取れないのか、彼らは有色人によって歴史的に恨まれてきたことをあまり感じ取ることができないように見える。欧州人に対する憎悪や復讐心を持ったネグロイド人種やイスラム教徒をフランス地域へと入れれば、復讐されるのは自然であるだろう。

背景

 背景 近代には、フランス人は黒人奴隷の実行者であり、アフリカにおけるネグロイド人種やアメリカ大陸における俺らモンゴロイド人種をめちゃくちゃにしてきた。たとえフランス人が彼らの自然な生息地でネグロイド人種に支配されるとしても、自業自得の側面も存在する。

 近代には、フランス人は黒人奴隷に関係して、アフリカにおけるネグロイド人種やアメリカ大陸における俺らモンゴロイド人種をめちゃくちゃにしてきた。たとえフランス人が彼らの自然な生息地でネグロイド人種に支配されるとしても、自業自得の側面も存在する。

近代における帝国主義

 個人的には、俺はネグロイド人種がフランス人を彼らの自然な生息地で統治することはフランス人を奴隷化する行為であると審判する。けれども、近代における歴史的な事情を考慮すると、たとえそうなるとしても、それはフランス人の自業自得である。

加えて、西側白人はアメリカ大陸のほとんどの国家の統治者やオーストラリアやニュージーランドの統治者を現在でも担っている。さらに、南アフリカ国家の統治者も白人が担ってきた。このように、西側白人は白人帝国主義を通じて、不自然な統治(自然なホモ・サピエンスの奴隷化)を実行してきた。

だから、たとえネグロイド人種が不自然な統治行為をフランス人にフランスでやり返すとしても、その行為は相互的であり、一種の復讐である。誰も批判できないだろう。西側白人がサブサハラでの統治者に二度となるべきでないが、その逆は単なる復讐である。防御するのは白人の役割である。

大和民族の白人崇拝

 大和民族の白人崇拝 大和民族はなぜかネグロイド人種を日本列島へと侵入させて、ネグロイド人種の統治者を日本国に生じさせようとする。

 大和民族はなぜかネグロイド人種を日本列島へと侵入させて、ネグロイド人種の統治者を日本国に生じさせようとする。しかし、その状態は白人帝国主義におけるネグロイド人種版である。彼らの行為は黒人奴隷を地中海人や白人に売却したネグロイド人種の王様と同じである。欧州でネグロイド人種が統治者になれるのは、彼らの歴史的な事情(黒人奴隷)とアメリカ大陸やオセアニア地域における白人統治に関する相互性の結果である。

モンゴロイド人種はアメリカ大陸でもオセアニアでもアフリカ大陸でも統治者になることができない。だから、もしネグロイド人種やコーカサス人種が日本列島の上の統治者になるならば、その時、その状態は白人帝国主義者やモンゴロイド人種の奴隷化である。しかし、大和民族の白人崇拝者はこんな簡単なことすら認識できないので、オバマ大統領の誕生を無邪気に喜んでいる。大和民族の人種はモンゴロイド人種であるので、アメリカ先住民の大統領を推薦して、喜ぶべきである。

大和民族の白人崇拝者は黒人がフランスで政治家や大統領になれたのだから日本も黒人を政治家にと言ったり、オバマ大統領を引き合いに出して、黒人を大統領にしようとする。欧州人が黒人を政治家にするのは、黒人奴隷という歴史的な事情、そして欧州人自身が世界の各地(アメリカ大陸やオセアニア)で政治家になってきた、または政治家になっているからである。もしモンゴロイド人種がアフリカ大陸や中東やインド、オーストラリアで最高統治者になることができるならば、その時、ネグロイド人種が日本国の政治家になるとしても、それほどおかしくないだろう。なぜなら、相互性が存在する。