分岐と目的

宗教家
https://unsplash.com/photos/TYO_F1Bkx_I
広告

 この宗教では、俺らは分岐を目的とする。以下では、俺は分岐の背景や意図を提示する。言い換えると、以下では、俺はなぜ俺は分岐をこの宗教における目的と信仰するのかを提示するつもりである。

信仰者の一部はなぜこの宗教は分岐を目的とするのか疑問に思うだろう。以下では、俺はその疑問に回答するつもりである。口語的には、俺はヌシを復活させるためには、既存の世界は不十分である。

だから、俺らは既存の世界から分岐して新たな世界を創造して、ヌシの復活を実現する必要がある。従って、俺らは分岐をヌシの復活のためにこの宗教の目的と信仰する必要がある。俺らはこのように信仰する。

広告

分岐と目的

ヌシの復活

 ヌシの復活:俺らは俺らのヌシの復活を実現するために、俺らは分岐をこの宗教の目的と信仰する必要がある。

 俺らは俺らのヌシの復活を実現するために、俺らは分岐をこの宗教の目的と信仰する必要がある。俺らはもし俺らが既存の世界から分岐することができるならば、俺らは俺らのヌシの復活を実現することができると信仰する。なぜなら、その時、俺らは全ての経験から本当に自由になり、任意の観察に束縛されないと信仰する。だから、俺らは分岐をこの宗教の目的とする。

退屈からの逃避

 退屈からの逃避:俺らは既存の世界の退屈から逃避するために、冒険的な精神の発露として、俺らは分岐をこの宗教の目的と信仰する必要がある。

 俺らは既存の世界の退屈(退屈蟲)から逃避するために、冒険的な精神の発露として、俺らは分岐をこの宗教の目的と信仰する必要がある。口語的には、たとえ俺らのヌシの復活が実現するとしても、もし俺らが既存の世界に生き続けなければいけないならば、その時、俺らは檻の中にいるような主体であるだろう。だから、もし俺らが既存の世界の奴隷でないならば、俺らは新たな世界を創造することができる必要がある。

善悪

 善悪:俺らは俺らの善悪を定めるために、俺らは分岐をこの宗教の目的とする。

 俺らは俺らの善悪を定めるために、俺らは分岐をこの宗教の目的とする。俺らは俺らの目的方向への分岐を善と判断して、目的方向に反する対象や対象の存在や状態や運動を悪(陰や病)と判断する。一般的に、善悪を設定するためには、俺らは目的を設定して、善悪をその目的に反するかどうかで判断する必要がある。

俺は善悪を分岐によって判断したいと心の底から感じた。だから、俺は分岐をこの宗教の目的として、善悪を分岐で判断する。

宗教家
広告
俺らについて