富と必要

宗教機能
https://unsplash.com/photos/2mZWydjhULk
広告

 以下では、俺は社会における富と必要について述べるつもりである。俺らは富は社会に必要なものであるが、富は社会(社会形成)の原因でないと審判する。

広告

富と必要

富と必要

 富と必要:俺らは富を必要物(必要対象)と認識する。

 俺らは富を必要物(必要対象)と認識する。必要物(必要対象)とは、〜に必要である対象である。ここでは、富は社会や個人に必要である対象である。

例えば、水や科学や数学のそれぞれは人間社会に必要である対象である。同様に、富は人間社会に必要である対象である。俺らは富をこのように認識する。下記でも述べられるが、水や科学や数学が運動競技を形成していないように、水や科学や数学が人間社会を直接的に形成していない。

富と原因

富と原因

 富と原因:俺らは富を人間社会(社会形成)の原因と認識しない。

 俺らは富を人間社会(社会形成)の原因と認識しない。富は社会(社会形成)の原因でない。同様に、水や科学や数学のそれぞれも社会(社会形成)の原因でない。

例えば、たとえ大和民族の富裕層が生じるとしても、彼らは日本語や日本国の景観を形成することができない。実際、日本語はカタカナ用語で溢れていて完全に崩壊している。さらに、日本列島の上の景観はフィリピンのスラム街のように完全にぐちゃぐちゃである。

加えて、大和民族は肉体の劣等なデザインを持ち、彼らは強烈な白人に対する劣等感を覚えている。たとえ大和民族が富裕になるとしても、この種の劣等感は解消されない。なぜなら、富は人間社会の形成の原因でない。一般的に、デザインは社会性の産物であるので、富が劣等なデザインを改善することはできない。