食と宗教

俺系統の宗教
https://unsplash.com/photos/q66grqqHpDQ

 以下では、俺は食と宗教について述べるつもりである。イスラム教では、豚肉や酒は禁じられてきた。このように、宗教は食にも密接に関係する。歴史的には、仏教は肉食を禁じた。現在の西洋文明では、菜食主義が流行している。

さらに、食は生活形態にも関係してきた。氷河期の終わりの後、ホモ・サピエンスは牧畜や農耕を実行して、彼らの生活形態を狩猟から牧畜や農耕へと劇的に変化させた。未開の民は食それ自体を認識していないので、彼らは炭水化物ばかりを摂取して、彼らは身長が伸びないと嘆いている。

物質は食を取らない。動物以上が食をとる。食料は戦争にも関係する。

食の分類

 以下では、俺は食を分類する。俺は職を必要食と趣向食と目的食と人間性食に分類する。

・必要食

 ホモ・サピエンスは食を生きるために摂取する。ホモ・サピエンスが食を実行するのは必要であるからである。必要食とは、動物が生存に必要とする食である[定義]

必要食には、炭水化物や必須栄養素がある。

・目的食

 カルシウムはホモ・サピエンスの身長を伸ばす。タンパク質は筋肉を形成する。もしあるホモ・サピエンスが自己の目的を持って、食を実行しないならば、そのホモ・サピエンスは炭水化物ばかりを摂取する。目的食とは、人間が目的的に消費する食である[定義]

目的食には、カルシウムやタンパク質がある。

・趣向食

 ホモ・サピエンスはお菓子を食べる。このお菓子は必ずしも必要でない。このお菓子は無目的である。アルコールも同様である。趣向食とは、動物が好む食である[定義]

趣向食には、お菓子やアルコールやジュースがある。または、馬乗りのための高級なラーメンや寿司も趣向食である。

・人間性食

 自己の言語や自己の服装(民族衣装)と同様に、食は自己の人間性(humanity)を表現する。x系統の人間性食とは、あるx系統の人間性を表現する食である[定義]。または、x系統の人間性食とは、x系統の人間がx系統の人間性をその中に見出す食である。

例えば、中華料理は漢民族の父系の人間性を表現する。豚肉を食べないセム人はセム人の父系の人間性を表現する。ホモ・サピエンスのほとんどはホモ・サピエンスそれ自体を食べない。これもまたx系統の人間性の表現である。一方、漢民族や朝鮮民族は犬や猫を食べる。これもまた漢民族系統や朝鮮民族系統の人間性の表現である。

俺系統の食

 以下では、俺は俺系統の食を提示する。

順序

 思考の規範(認識) 俺は食の順序を必要食、目的食、人間性食と俺系統の認識で認識する。

 まずはじめに、俺は生存に必要な食を試みる。俺は生存に必要な栄養素を獲得することを試みる。次に、俺は強力な肉体を作るための食を試みる。最後に、俺は自己の母系及び父系の人間性を表現する食を試みる。俺は趣向食を最後に配置する。

俺系統の目的食

 思考の規範(認識) 俺は俺系統の目的食を自己の強力な肉体を形成すると俺系統の認識で認識する。

 例えば、俺は俺の身長を伸ばすための食を実行する。俺は俺の骨格を作るための食を実行する。俺は筋肉を作るための食を実行する。俺はより強力な子孫を作るための食を実行する。俺らはこれらを食の目的とする。だから、俺はこれらを善と俺系統の善悪で判断する。俺はこの善悪を俺の肉体に結合させて、この目的を実行する。

上記の目的を使用すると、俺は菜食主義を善と俺系統の善悪で判断しない。なぜなら、菜食主義は筋肉を作るという目的に反する。俺は目的に反することを善と判断しない、または悪いと判断するので、俺は菜食主義を善と俺系統の善悪で判断しない。