肌と体毛に関する創造や製造について

 この宗教では、俺は肉体のデザインを俺ら自身で創造する。同時に、俺は肌や体毛に関しても創造する。肌には、色や質がある。

 俺らは分岐を求める。だから、もし俺が俺の肌の色や質を環境に応じて俺らの意志で変化させることができるならば、俺らはその状態をより分岐された状態と認識する。以下の話は現実的な話である。

 俺系統の認識及び判断 俺はモンゴロイド人種系統の白い肌を美しいと認識する。俺はその美を善と判断する。

 肌の白さには、コーカサス人種系統とモンゴロイド人種系統(rs74653330、rs1800414)がある。実際、俺は白人の白い肌と東洋人の白い肌を区別する。白人の肌の白さは彫刻や陶器のような白さである。その白さはベタ塗りである。

一方、東洋人の一部の肌は透き通るような白い肌であるように見える。俺らはモンゴロイド人種であるので、俺らはコーカサス人種系統の肌の色を求めない。

 俺系統の認識及び判断 俺はきめ細やかな肌を美しいと認識する。俺はその美を善と判断する。

 俺はこの質をシルク肌と便宜的に呼ぶ。俺はシルク肌を美しいと認識する。俺はその美を善と判断する。俺らは鮫肌を求めない。

体毛

直毛

 俺系統の認識及び判断 俺は直毛を美しいと認識する。俺はその美を善と判断する。

体毛

 俺系統の認識及び判断 俺は頭を除く体毛を持たないことを美しいと認識する。俺はその美を善と判断する。

 上記の善悪の正当化は次である。動物は体毛を持っている。一方、ホモ・サピエンスはそうでない。俺はこの状態をより分岐した状態と認識する。俺は分岐を善と判断するので、俺は体毛を持たないことを善と判断する。

 俺系統の認識及び判断 俺は艶を持つ毛を美しいと認識する。俺はその美を善と判断する。

 また、俺は柔らかい体毛を美しいと認識する。俺はその美を善と判断する。

 俺系統の認識及び判断 俺は銀色や金色を美しいと認識する。俺はその美を善と判断する。

 俺は青や赤や緑や黄色、銅色について何も認識することができない。しかし、黒のみであると、俺は飽きるので、色鮮やかな色を醜いと認識しない。

電飛

 肉体のデザインと宗教について
身長について

 

タイトルとURLをコピーしました