弥生時代

広告
地中海小人種

フェニキア人のY染色体ハプログループはJ2か?〜カルタゴ〜

フェニキア人  A 2008 study led byPierre Zallouafound that six subclades ofHaplogroup J-M172(J2)—thought to have originated between theCaucasus Mountains,Mesopotamiaand theLevant—were of a "Phoenician signature" and present amongst the male populations of coastal Lebanon as well as the wider Levant  フェニキア人の人種はコーカサス人種であった。フェニキア人の小人種は中東小人種、または地中海小人種であった。フェニキア人の民族は中東民族?またはメソポタミア民族?、レヴァント民族?(部族)、またはメソポタミア民族?(部族)であった。フェニキア人のY染色体ハプログループはJ2系統であった。 フェニキア人の言語はセム語族であった。フェニキア人の文字はアルファベットであった。フェニキア人の宗教はユ...
西洋文明(欧州+地中海)

ローマ帝国の歴史とその外観

 以下では、俺はローマ帝国を概観する。 ローマ帝国以前  以下では、俺はローマ帝国以前を提示するつもりである。イタリア半島には、Y染色体ハプログループIやY染色体ハプログループEが住んでいた。その後、Y染色体ハプログループG2aがアナトリア方面から侵入した。さらに、Y染色体ハプログループR1bが北方から地中海へと侵入した。 ・エトルリア人  俺の認識 エトルリア人がイタリア半島に住んでいた。  エトルリア人はY染色体ハプログループR1bを持っていた。しかし、彼らは印欧語族を話していなかった。一方、ラテン人はY染色体ハプログループR1bを持ち、かつ印欧語族を話していた。アーリア人の定義によると、エトルリア人はアーリア人でなく、ラテン人はアーリア人であった。 エトルリア人は彼らの文化を2900年前から形成していたらしい。一方、フェニキア人はカルタゴを2800年に形成した。フェニキア人はY染色体ハプログループJ系統とセム語族を持っていた可能性があった。エトルリア人の活動時期とフェニキア人の活動時期は比較的に重複している。中東では、アッシリア帝国が存在した...
コーカサス人種

アーリア人とは誰であるか?〜Y染色体ハプログループR及び印欧語族を持つコーカサス人種〜

 アーリア人とは、Y染色体ハプログループRを持つコーカサス人種である。より正確には、アーリア人とは、Y染色体ハプログループR及び印欧語族を持つコーカサス人種である。感覚的には、アーリア人とは白人(欧州人)である。以下では、俺はアーリア人いついて述べるつもりである。 定義 ・定義  俺系統の認識(定義) アーリア人とは、Y染色体ハプログループR及び印欧語族を持つコーカサス人種である。  アーリア人は西アーリア人と東アーリア人に分類される。西アーリア人とは、Y染色体ハプログループR1b及び印欧語族を持つコーカサス人種である。東アーリア人とは、Y染色体ハプログループR1a及び印欧語族を持つコーカサス人種である。 西欧の白人と東欧の白人がアーリア人である。また、イベリア人やイタリア人やギリシア人を含む西地中海人の一部は西アーリア人である。ローマ人を含む古代地中海人は西アーリア人であった。また、ペルシャ人の人種はコーカサス人種でありペルシャ人はY染色体ハプログループR1a及び印欧語族をを持つので、アーリア人である。前者は狭義のアーリア人であり、後者は広義のアーリア...
コーカサス人種

アケメネス朝ペルシアはY染色体ハプログループR1aを持つか?〜キュロスとダレイオス〜

 2500年前に、アケメネス朝ペルシアは古代中東地域を統一した。この行為は中東地域の先進性を表している。その一方で、欧州大陸は近世から近代になるまで2500年間未開であったとされる。しかし、俺がアケメネス朝ペルシアを印欧語族とY染色体ハプログループから捉えると、欧州人(アーリア人)の先進性が浮かび上がる。 アケメネス家 Y染色体ハプログループ  俺の認識 アケメネス家はY染色体ハプログループR1aを持っていた。  一般的に、アケメネス朝ペルシアは印欧語族を持つ民族によって建国された。アケメネス家がその一族である。キュロスはアケメネス朝ペルシアを実際に建国した。ダレイオスは(血が繋がっているのかは不明であるが)その後の統治者であった。このキュロスが印欧語族を話す人間であった。 もしキュロスが印欧語族を持っていたならば、キュロスのY染色体ハプログループはR1aであった可能性がある。なぜなら、しばしば、語族はY染色体ハプログループに対応する。ペルシャからインドには、Y染色体ハプログループR1aが観察される。もしキュロスがY染色体ハプログループR1aを持っていた...
漢民族

孔子のY染色体ハプログループはC2系統であるか?O2a系統であるか?Q系統であるか?

 東洋人の大部分は孔子のY染色体ハプログループはO2a系統であると憶測してきた。なぜなら、孔子は漢民族の象徴的な存在であってきた。しかし、俺が電街を探索した後、俺は孔子のY染色体ハプログループはC2系統であるかもしれないと知った。加えて、そのY染色体ハプログループがQ系統の可能性もあると知って、俺は驚いた。 孔子 C2系統  俺の認識 もし孔子のY染色体ハプログループがC2系統であったならば、孔子の父兄はモンゴル人であっただろう。  俺がx系統の善悪を作る力をx系統の力とし、かつx系統の善悪を作る意志をx系統の意志と仮定する。その時、儒教に関するx系統の善悪はC2系統の善悪になる。そして、そのC2系統の善悪はC2系統の意志とその発現(C2系統の力)によって創造された。 In particular, we evaluated the candidate-specific lineage for the Dayan Khan family and the Confucius family, the descendants of the ruling fa...
コーカサス人種

ゾロアスター教のザラスシュトラはY染色体ハプログループR1aやJ2を持つか?〜アヴェスターと印欧語族〜

 ザラスシュトラ(アヴェスタ語: Zaraθuštra‎、ペルシア語: زرتشت‎ Zartošt、紀元前18世紀?~紀元前7世紀?)は、ゾロアスター教の開祖。古代アーリア人の宗教の神官。その生涯については謎が多い。ザラスシュトラはアフラ神群とマズダー(叡智)を結び付け、アフラ・マズダーとして唯一の崇拝対象とした。ザラスシュトラ  以下では、筆者はゾロアスター教のザラスシュトラのY染色体ハプログループを憶測する。彼の印象では、ゾロアスター教の教祖のY染色体ハプログループはR1a、またはJ2(J2aやJ2b)であった。 1.0 ザラスシュトラ 1.1 Y染色体ハプログループ 1.1(著者系統の認識)ザラスシュトラのY染色体ハプログループはR1a、またはJ2(J2aかJ2b)であった。  俺の認識 もしザラスシュトラがY染色体ハプログループR1aを持っていたならば、ザラスシュトラの創造主(神)は欧州人の父(R1a)であっただろう。  言い換えると、ゾロアスター教では、欧州人の父がゾロアスター教における創造主であった。ザラスシュトラの父の父の父...
言語

自己言及の背理(パラドックス)に対する俺の認識〜嘘つきのパラドックス〜

 哲学および論理学における自己言及のパラドックス(じこげんきゅうのパラドックス)または嘘つきのパラドックスとは、「この文は偽である」という構造の文を指し、自己を含めて言及しようとすると発生するパラドックスのことである。この文に古典的な二値の真理値をあてはめようとすると矛盾が生じる(パラドックス参照)。「この文は偽である」が真なら、それは偽だということになり、偽ならばその内容は真ということになり……というように無限に連鎖する。同様に「この文は偽である」が偽なら、それは真ということになり、真ならば内容から偽ということになり……と、この場合も無限に連鎖する。自己言及のパラドックス  この文は偽である。これは自己言及の背理の代表例であるらしい。以下では、俺はこの背理を観察してみる。 自己言及の背理 前提  俺系統の認識 もし「aがbである」が真であるならば、aがbである。もし「aがbである」が偽であるならば、aがbでない。  「aがbである」が文である。俺は真であるや偽であるをこの文に付加する。このとき、真ならば、aがbであるはaがbであるになる。偽であるな...
大和民族

天皇のY染色体ハプログループはD1a2aであるのか?〜日本書紀及び古事記、そして日本神話〜

 大和民族の一部は天皇のY染色体ハプログループがD1a2でないかと期待している。一般的に、大和民族は次のように教育されてきた。弥生人が文明的であり、縄文人が未開であった。その弥生人は日本列島へと自然に移動して、縄文人を虐殺し征服した。 しかし、分子遺伝学の発達によって、大和民族の雄の3割から4割がY染色体ハプログループD1a系統(D1a2)を持つことが明らかになった。この事実は意外性を俺らに与えた。なぜなら、もし縄文人が本当に未開であったならば、その時、弥生人のY染色体ハプログループO1b2のみが大和民族の雄で観察される必要がある。 実際、アメリカ先住民は欧州人や地中海人によって完全に支配され、強姦・虐殺されてきたので、ヒスパニックと呼ばれる交雑集団のY染色体ハプログループはR1bである。しかし、日本列島における縄文人は違っていた。さらに、天皇のY染色体ハプログループもD系統でないのかという疑惑?まで生じてきた。以下では、俺は天皇のY染色体ハプログループの意味を提示するつもりである。 天皇 どこから?  俺の認識 たとえ天皇のY染色体ハプログルー...
コーカサス人種

エトルリア人とエトルリア語は何であるか?〜Y染色体ハプログループと言語系統〜

エトルリア人(ラテン語: Etrusci)は、イタリア半島中部の先住民族。インド・ヨーロッパ語族に属さないエトルリア語を使用していた。エトルリア文化を築いたが、徐々に古代ローマ人と同化し消滅した。初期のローマ人はエトルリアの高度な文化を模倣したとされ、ローマ建築に特徴的なアーチは元々、エトルリア文化の特徴であったといわれる。また、初期の王制ローマの王はエトルリア人であったともいわれ、異民族の王を追放することによってローマは初期の共和制に移行した。エトルリア人  エトルリア人は謎の民族と感じられてきた。以下では、俺はエトルリア人のあり得る候補を提示する。東洋文明における春秋戦国時代において、エトルリア人は彼らの文化を形成した。 エトルリア人  エトルリア人の人種はコーカサス人種であった。エトルリア人の小人種は地中海小人種(に近かった)であった可能性がある。エトルリア人のY染色体ハプログループはR1bであった。このR1bはスペイン人やイタリア人(古代ローマ人)と同じである。 下記を読むと、エトルリア人とは、西部草原牧畜民がイタリア半島へと南下して、イタリア半島に...
大和民族

弥生人とは誰であるのか〜稲作を持ち込んだ東洋人か?〜

弥生人(やよいじん)は弥生時代に日本列島に居住した人々。大きく、弥生時代に中国大陸や朝鮮半島等から日本列島に渡来してきた「大陸系弥生人」、縄文人が直接新文化を受け入れた結果誕生した「縄文系弥生人」、および両者の混血である「混血系弥生人」とに分けられる弥生人  以下では、俺は弥生人とは誰であるのかを提示するつもりである。上記では、大陸系弥生人や縄文系弥生人や混血系弥生人という奇妙な単語が使用されている。けれども、俺はこの種の単語を正当と認識しない。 大和民族は東洋小人種(新モンゴロイド人種)である。しかし、大和民族の一部(2000万人から3000万人)は縄文人系統のゲノムとY染色体(Y染色体ハプログループD)を受け継ぎ、この性質は朝鮮民族や漢民族を大和民族から区別する。その他の性質は東洋人由来であり、この東洋人が「弥生人」と呼ばれてきたように見える。 では、この「弥生人」とは一体誰であったのだろうか?俺らがわかっているのは、この弥生人が東洋小人種(新モンゴロイド人種)であったことである。 弥生人 弥生人  俺の認識 弥生人とは、稲作を日本列島へと持...
言語

アリストテレスの質料の意味〜もしある対象が人間の要素(質料)を持つならば、その対象は人間であるのか?〜

 アリストテレスは形相と質料という考えを提示した。一般的には、形相は対象の形であり、質料は対象の要素であった。しかし、俺らが彼の考えに接するとき、俺らは「だから、何?」と疑問に思っただろう。 このような当たり前の考えが高尚な考えとして紹介される。俺らはこの状態に違和感を覚えてきた。以下では、俺らはアリストテレスの質料の意味を提示する。 個人的な印象では、アリストテレスの時代の哲学者の考えを理解するためには、俺らは人間社会に関する背景や物事の意味を把握する必要がある。なお、質料の英語は「matter or stuff」であるらしい。俺はsubstanceという訳語も見たことがあるように思える。 背景  背景:もしある対象が人間の要素(質料)を持つならば、その対象は人間であるのか?   もしある対象が人間の要素(質料)を持つならば、その対象は人間であるのか?言い換えると、ある対象が存在して、その対象が俺らと同じ要素(質料)を持っていた。このとき、その対象は俺と同じ対象(人間)であるのか? 俺らは俺らの目の前の対象が俺らと同じであるかを判定したい。こ...
言語

アリストテレスの形相の意味〜もしある対象が人間の形を持つならば、その対象は人間であるのか?〜

 アリストテレスは形相と質料という考えを提示した。一般的には、形相は対象の形であり、質料は対象の要素であった。しかし、俺らが彼の考えに接するとき、俺らは「だから、何?」と疑問に思っただろう。 このような当たり前の考えが高尚な考えとして紹介される。俺らはこの状態に違和感を覚えてきた。以下では、俺らはアリストテレスの形相の意味を提示する。 個人的な印象では、アリストテレスの時代の哲学者の考えを理解するためには、俺らは人間社会に関する背景や物事の意味を把握する必要がある。なお、形相の英語は「form」であり、形式に近い。 背景 ロゴス(思考の規範)  俺の認識 地中海人は自己の思考の規範、つまり自己のロゴスを持っている。  東洋人と地中海人では、思考の規範が異なる。俺らが地中海人の思考の規範をロゴスMと仮定すると、東洋人の思考の規範はロゴスEである。俺らがアリストテレスの質料と形相の意味を把握するためには、俺らは地中海人の思考の規範を知っておく必要がある。 この思考の規範、ロゴスは人種や民族や宗教によって異なる。異なる人種や宗教や民族が異なる性規範...
言語

アリストテレスの目的因〜科学と数学は現代文明の基盤であるか?〜

 四原因説(しげんいんせつ、英:Four causes)とは、アリストテレスが自著『自然学』の中で論じた、自然学は現象についてその4種類の原因(希:αἴτιον、アイティオン)を検討すべきであるとする説である四原因説  アリストテレスは現象の原因を4つに分類した。それぞれは質料因と形相因、そして作用因と目的因と呼ばれた。以下では、俺らはアリストテレスの目的因とは何であるかを提示する。 例えば、俺らはサッカーのような運動競技を考えてみよう。俺らは人間社会(ソサエティ)をその運動競技と例える。そのとき、そのソサエティの中には、サッカーの運動競技場が存在して、それはテクノロジーの産物と科学者や数学者には感じられている。 なぜなら、サッカーの運動競技場(の建設)には、近代科学や近代数学が使用されてきた。大和民族の科学者や数学者はその事実を悪用して、彼らは「近代科学や近代数学が現代文明(人間競技)を作ってきた」と主張してきた。  この主張は事実であるのだろうか?科学や数学がサッカーの競技場を作ったのか? 何がサッカーの競技場を作ったのか?  俺の審判:科学...
地中海小人種

アレクサンドロス3世の人種は白人であったのか?〜大王のモザイクを本格的に修復へ イタリア〜

 イタリア南部の古代都市の遺跡、ポンペイで見つかったモザイク画の世界的な傑作とされる「アレクサンドロス大王のモザイク」を本格的に修復する作業が始まり、所蔵するイタリアの博物館がその様子をメディアに公開しました。  アレクサンドロス3世が白人のように描かれる時、俺はその描像に強烈な違和感と白人至上主義を見出す。俺はアレクサンドロス3世は白人でなく、地中海人であったように感じた。 アレクサンドロス3世の人種と小人種と民族  アレクサンドロス3世の人種と小人種と民族:アレクサンドロス3世の人種はコーカサス人種であった。アレクサンドロス3世の小人種はおそらく地中海小人種であった。アレクサンドロス3世の民族はおそらくバルカン民族であった。  アレクサンドロス3世の人種はコーカサス人種であった。アレクサンドロス3世の小人種はおそらく地中海小人種であった。アレクサンドロス3世の民族はおそらくバルカン民族であった。 彼の人種がコーカサス人種であるのはほぼ確定的である。問題なのは、彼の小人種が欧州小人種であるのか、地中海小人種である。もし彼の人種が欧州小人種であるなら...
西洋文明(欧州+地中海)

なぜ古代ギリシアのアリストテレスやアルキメデスはキリスト教化・イスラム教化されたのか?

 古代ギリシアを含む地中海(トルコを含む)では、高度な科学や数学が発達していた。現在では、それらの地域はキリスト教化、またはイスラム教化されている。ローマのキリスト教化(313年)はその後の科学や数学の発展を阻害したと考えられているように思える。 以下では、俺はなぜ古代ギリシアはキリスト教化、またはイスラム教化されたのかを提示するつもりである。古代ギリシアも古代ローマも素晴らしい科学や数学、テクノロジーを持っていた。そして、彼らは牧歌的な多神教の世界に住んでいた。 違和感  俺の違和感:多神教や無神論、無宗教の方が科学や数学に向いているように見える。にも関わらず、なぜ古代ギリシア人はキリスト教やイスラム教に改宗したのだろうか?  一般的には、多神教の方が自然界を観察することに向いているように見える。にも関わらず、古代ギリシア人は一神教に染められて、彼らは彼らの神々を捨て去ってしまった。その結果として、一神教が科学や数学を停滞させた(と考えられている)。 もし多神教の方が科学や数学に向いているならば、古代ギリシア人は一神教に改宗する必要はなく、彼らは多...
コーカサス人種

NHKアイアンロード村上恭通〜金髪スキタイ人とヒッタイトはイラン系か?[再放送]

 俺はNHKのアイアンロードの再放送を視聴した。この番組では、スキタイやヒッタイトという単語が使用されてきた。では、スキタイやヒッタイトとは一体誰であったのだろうか? 以下では、俺はスキタイ人が誰であるのか、ヒッタイトが誰であったのかを提示するつもりである。結論では、俺らはスキタイ人は欧州人(白人)の人種的な形質を持ち、Y染色体ハプログループRに属していただろうと憶測する。 スキタイ人 スキタイ人  スキタイ人:スキタイ人は欧州人(白人)の人種的な形質を持ち、かつY染色体ハプログループRを持っていた。  スキタイ人は欧州人(白人)の人種的な形質を持ち、かつY染色体ハプログループRを持っていた。電飛によると、アルタイ山脈から見つかった紀元前5世紀のミイラは金髪であった。この髪の色は時間経過による脱色でないと仮定すると、俺はこのミイラの人種はコーカサス人種であって、この小人種は白人小人種(欧州小人種)であったと憶測する。  現代ヨーロッパにおけるY染色体のハプログループR1a1はスキタイ時代のヨーロッパ東部から中央アジアにかけて広く住んでいたイラン...
西洋文明(欧州+地中海)

古代ギリシアの過大評価な歴史と地中海〜アレクサンドロス大王からローマ帝国まで

 古代ギリシアやローマ帝国は過大評価されてきた。なぜなら、近代における覇者は白人であった。けれども、白人は産業革命の後まで世界に登場してこなかった未開で野蛮な小人種であった。 だから、白人は地中海小人種の歴史を彼ら自身の歴史と誤魔化して、その歴史を過剰に評価してきた。その結果、古代ギリシアの歴史やローマ帝国の歴史が過剰に評価されてきた。しかし、君が中東の歴史を学び、中東から地中海や欧州大陸を眺めるとき、欧州や地中海の未開性を感じるだろう。 以下で、俺と君は地中海の歴史をざっと振り返り、中東の先進性と地中海の遅れを眺めよう。 0 前提   コーカサス人種は中東小人種と地中海小人種と白人小人種にさらに分類される。モンゴロイド人種に遺伝的に対応させると、中東小人種はアメリカ小人種に、地中海小人種は東南アジア小人種に、白人小人種は東洋小人種に対応する。 君がコーカサス人種の歴史を学習するとき、君はコーカサス人種を上記のように分類する。そのとき、君は彼らの歴史を容易に把握できる。中東小人種の中心ははエジプトからペルシャ、地中海小人種はイベリアからイタリア、バルカン...
西洋文明(欧州+地中海)

ローマ帝国は過大評価であり欧州文明でなく地中海文明〜古代ギリシアも〜 

 ローマ帝国って過大評価されてませんか?近代以降はヨーロッパ・アメリカが中心だから、その先祖ということで過大評価されてませんか?実際は同時代の「漢」のほうが圧倒的に大国だったと思います。  以下では、俺はローマ帝国が過大評価であった可能性があると提示するつもりである。ローマ帝国の時期には、漢帝国やパルティアやササン朝ペルシアが存在した。 短所 ・時期と面積  俺の認識 イタリア半島の統一の時期は比較的に遅く、かつその面積は小さい。  イタリア半島の統一の時期は2300年前である。また、統一された地域はイタリア半島である。俺はこの時期を遅いと審判する。俺はこの面積を小さいと認識する。 同時期の漢帝国やパルティアと比較しても、ローマの面積は漢帝国やパルティアに非常に劣る。さらに文明を考慮すると、殷王朝は3600年前に、イタリア半島と同じ程度の面積の王朝を作っていたように思える。さらに、エジプトやメソポタミアと比較すると、2000年から3000年遅れている。また、2500年前のアカイメネス朝ペルシアと比較しても、イタリア半島の統一は遅すぎる。 国家...
西洋文明(欧州+地中海)

なぜローマ帝国はキリスト教になったか

 以下では、俺はなぜローマ帝国はキリスト教になったのかを提示するつもりである。今から、1700年前に、ローマはキリスト教になった。俺の認識では、この影響は人類史に残る水準で大きかった。その後の欧州や西洋文明を決定づけた。 理由 ・社会システムの欠如  俺の認識 アーリア人は宗教という自己の社会システムを彼ら自身で形成することができなかったので、より強力な社会システム「キリスト教」に敗北した。  だから、ローマ帝国はキリスト教になった。一般的に、アーリア人は牧歌的な多神教の世界に住んでいた。彼らの父なる創造主は彼らの民族や彼らの世界認識をアーリア人の息子たちに授けた。しかし、彼らの創造主は彼らの社会システムや彼らの父系善悪をアーリア人に授けなかった。 一方、キリスト教はセム人の父系の社会システムを民に授けた。さらに、キリスト教はセム人の父系の善悪を民に授けることができた。アーリア人は自己の強力な社会システムを形成できなかった一方、セム人はより強力な社会を形成することができた。だから、セム人系統の社会システムがアーリア人の系統の社会システムに勝利した。 ...
地中海小人種

古代ローマ人は現在のイタリア人と同じ民族か?〜ローマ人はどこに行った?〜

 古代ローマ人はどこへ行ったのか?ゲルマン民族がヨーロッパに大移動したころ、人口的にはゲルマン人よりもローマ人の方が圧倒的に多く、この多数を統治するためゲルマン人の諸王は、ローマ人が帰依するキリスト教会の力を借りたと聞きました。この説明は、それなりに納得できるのですが、歴史の本をみていると、この「圧倒的に多かった」ローマ人がその後、出てきません。ローマ人たちは中世にどうなったのでしょうか?各地でゲルマン民族に同化されたのでしょうか?フランス語などロマンス系の言語はこの同化の名残でしょうか?  現在、イタリア人は彼ら自身をローマ人の末裔と認識していないように見える。一方、漢民族は彼ら自身を漢帝国の末裔と認識している。 では、ローマ人はどこへ行ったのだろうか?ローマ人はゲルマン民族によって虐殺されて、絶滅させられた訳でない。だから、古代ローマ人の遺伝子はイタリア半島の上に存在しているはずである。にも関わらず、ローマ人を名乗る人々は現在のイタリアにはいないように見える。 以下では、俺は誰がローマ人であり、誰がイタリア人であるのかを提示した後、俺は民族と民族宗教(民族信仰)...
コーカサス人種

セムはY染色体ハプログループJ(セム語族)で、ハムはY染色体ハプログループE(ハム語族)で、ヤペテはY染色体ハプログループR(印欧語族)か?〜Y染色体ハプログループと語族〜

 以下では、俺はセムとハムとヤペテが誰であるのかを提示するつもりである。以下の文章は俺の霊感であり、実際であるのかは不明である。 セムとハムとヤペテ セムの民  セムの民:セムの民とは、Y染色体ハプログループJを持ち、かつセム語族を持つ民である。  セムの民とは、Y染色体ハプログループJを持ち、かつセム語族を持つ民である。いわゆる、アラビア語を話すアラブ人がセムの民である。セムの民はアラビア半島やレヴァント地域、そしてトルコの一部やペルシャの一部に住んでいる。 セムの民はユダヤ教やキリスト教やイスラム教を作った民であるように思える。彼らは商業や宗教や社会設計、統治などに長けている。一方で、彼らは軍事や建築を苦手とする。セムの民の人種はコーカサス人種であり、セムの民の小人種は中東小人種であり、セムの民の民族はアラブ民族である。 ハムの民  ハムの民:ハムの民とは、Y染色体ハプログループEを持ち、かつハム語族を持つ民である。  ハムの民とは、Y染色体ハプログループEを持ち、かつハム語族を持つ民である。ハムの民の代表例はエジプト人であ...
大和民族

日本人は不細工で醜いのか?

 日本人とは大和民族の要素であり、大和民族は東洋小人種の部分集合である。彼らは彼ら自身を不細工や醜いと感じて、白人に対する強烈な劣等感を覚えてきた。一部の日本人は白人になりたいと願った。 日本人女性は白人男性の遺伝子に乞食して、中間種の子供を産み落とした。そして、彼らはそれらを芸能界へと入れて自慢しようとしてきた。たとえ彼らがこの種の人種侮辱的な行為を試みるとしても、日本人の白人に対する強烈な劣等感は永遠に解消されないだろう。 以下で、俺はその理由を提示する。結論では、日本人はデザインの概念を認識できない。だから、彼らは自己を醜いや不細工と感じる。 日本人は不細工で醜いのか 日本人は不細工であるか?  俺の認識:大和民族の肉体のデザインは劣等である。  大和民族の肉体のデザインは劣等である。大和民族は白人を見た後、彼らは白人をイケメンや美女とノリや雰囲気でなんとなく感じる。けれども、実際には、白人の肉体のデザインが東洋人の肉体のデザインよりも優れている。 日本人の顔や体の「デザイン」が悪い。日本列島における街のデザインも顔のデザインも同じ...
広告
タイトルとURLをコピーしました