日本人こと倭人(大和民族)は呉と越の子孫か?長江文明の後継者と殷周王朝と春秋戦国時代

大和民族
https://unsplash.com/photos/SwbsW4uf1Qs
広告

 遺伝学の発達により、大和民族の先祖が誰であったのかがわかるようになってきた。以下では、俺は大和民族の先祖に関する俺の認識を提示するつもりである。なお、以下の文章は俺の認識(cognition)であり、その認識が科学的な事実に一致するとは限らない。

広告

大和民族

大和民族の性質

 大和民族の性質:大和民族は酒に弱い。大和民族はなで肩である。大和民族は筋肉質でない。大和民族は骨太でもない。大和民族は小柄に見える。大和民族は穏やかな気性を持つ。大和民族は気弱で臆病である。

 大和民族は酒に弱い。大和民族はなで肩である。大和民族は筋肉質でない。大和民族は骨太でもない。大和民族は小柄に見える。大和民族は穏やかな気性を持つ。大和民族は気弱で臆病である。大和民族は製造に強いが、商業上手でない。大和民族は学術に長けている。

大陸南部の東洋人の性質

 大陸南部の東洋人の性質:大陸南部の東洋人は酒に弱い。大陸南部の東洋人はなで肩である。大陸南部の東洋人は筋肉質でない。大陸南部の東洋人は骨太でもないい。大陸南部の東洋人は小柄に見える。大陸南部の東洋人は比較的に穏やかな気性を持つ。大陸南部の東洋人は気弱で臆病である。

 大陸南部の東洋人は酒に弱い。大陸南部の東洋人はなで肩である。大陸南部の東洋人は筋肉質でない。大陸南部の東洋人は骨太でもないい。大陸南部の東洋人は小柄に見える。大陸南部の東洋人は比較的に穏やかな気性を持つ。大陸南部の東洋人は気弱で臆病である。

文化的な性質として、大陸南部の東洋人は知的であり、商業と学術に長けている。また、彼らの肌の色は少し浅黒く、目は二重で大きい。彼らの鼻は高温多湿のためか横に広がっている。彼らの外見は東南アジア人と東洋人の中間あたりであるように見える。

朝鮮民族の性質

 朝鮮民族の性質:朝鮮民族は酒に強い。朝鮮民族は地面と平行である。朝鮮民族は筋肉質である。朝鮮民族は骨太である。朝鮮民族は大柄に見える。朝鮮民族は激しい気性をもつ。

 朝鮮民族は酒に強い。朝鮮民族は地面と平行である。朝鮮民族は筋肉質である。朝鮮民族は骨太である。朝鮮民族は大柄に見える。朝鮮民族は激しい気性をもつ。

 なぜ韓国人、モンゴル人、華北人は酒に強いのですか?私も、酒に強いです。それと、瞼は一重です。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1399455853

上記の動画の女性は朝鮮民族的な体系である。彼女の顔も朝鮮民族的であるように見える。個人的には、俺は彼女が典型的な朝鮮人女性であると感じる。上記の朝鮮人女性は北方の東洋人的である。俺は彼女は酒に強いと推測する。長身ですらっとした体型と地面に平行で比較的広い肩幅を持っている。日本人女性や大陸南部の東洋人にはいない体型である。

等号

 等号:俺は大和民族の性質は朝鮮民族の性質でなく、大陸南部の東洋人の性質に類似すると認識する。

 俺は大和民族の性質は朝鮮民族の性質でなく、大陸南部の東洋人の性質に類似すると認識する。特に、大和民族の酒の弱さや体の華奢さやなで肩は大陸南部の東洋人に非常に似ている。一部の傀儡では、大和民族の先祖は満州や黄河北方であると指摘されてきた。

遺伝的にはそうであるかもしれないが、俺は大和民族は現在の北方系の大陸東洋人であると認識しない。酒の強さや筋肉質さや骨格それ自体がモンゴル民族のような北方の民でない。大和民族の先祖は大陸南部の東洋人の先祖に一致しないかもしれないが、現在の大和民族の性質は朝鮮民族やモンゴル民族と異なる。

例えば、酒の弱さが実は北方発祥であり、客家などを通して南方の大陸東洋人へと持ち込まれたかもしれない。だから、酒の弱さから大和民族の先祖が南方に存在したことを推論することは間違いであるかもしれない。けれども、俺は現在の大和民族は南方の性質を強く持っていると認識する。

いつ大和民族は日本列島へとやってきた?

殷王朝の崩壊あたり

 殷王朝の崩壊あたり:大和民族は殷王朝の崩壊あたりに日本列島へとやってきた。

 大和民族は殷王朝の崩壊あたりに日本列島へとやってきた。大和民族は本格的な農耕や稲作を日本列島へと持ち込んだ人々であるだろう。俺の印象では、彼らは山東省あたりから朝鮮半島を渡って日本列島へとやってきた。

 弥生時代(やよいじだい)は、日本列島における時代区分の一つであり、紀元前10世紀頃から紀元後3世紀中頃までにあたる時代の名称。採集経済の縄文時代の後、水稲農耕を主とした生産経済の時代である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/弥生時代

上記によると、弥生時代の始まりは紀元前3000年に始まったらしい。稲作を持ち込んだのは東洋人であったので、彼らが俺らの先祖である。昔は弥生時代の始まりは紀元前3世紀から紀元前4世紀までと教わった。これは殷王朝の崩壊の時期に合致している。殷王朝の中心は呉や越でないが、殷王朝の崩壊の後に、大和民族の先祖の移動があったことは不思議でない。

ただし、弥生人のY染色体ハプログループがD系統であったのか、O系統であったのかは断定できないように感じる。個人的には、俺は弥生人のY染色体ハプログループがD系統であったとしても、俺は驚かない。

春秋戦国時代

 春秋戦国時代:大和民族は春秋戦国時代に日本列島へとやってきた。

 大和民族は春秋戦国時代に日本列島へとやってきた。周王朝が崩壊した後、春秋戦国時代が始まった。中国大陸は非常に混乱した。殷王朝の崩壊の後に日本列島へと移動した東洋人(殷周人)。紀元前470年あたりで呉越の戦いの後に日本列島へと移動した東洋人(呉越人?)。

両者はおそらく中原から呉越あたりから日本列島へと移動した。そして、その期間は約500年であった。民族的な分岐を2000年から〜3000年、部族的な分岐を500年〜1000年と仮に正しいと仮定すると、この両者は関西人と関東人のような部族的違い(または強い部族的違い)を持っていたが、民族的な違いはなかったように思える。

 Ambassadorial visits to Japan by the later Chinese dynasties Wei and Jin recorded that the Wajin of Japan claimed to be descendants of Taibo of Wu, traditionally believed to be the founder of Wu.[4] Several scholars suggest that the Yamato people and the Imperial House of Japan are descendants of the Wu and possibly Taibo.[5][6] Many Japanese historians also link the early Japanese Yayoi people to the Baiyue tribes that also include the Wu people.[7][8][9]

https://en.wikipedia.org/wiki/Wu_(state)

春秋戦国時代における越人と呉人に関する情報(呉と越)と呉越の抗争である。俺が以下のつぶやきを読んだ後、俺は日本人の先祖は越人と呉人であると審判した。おそらく、殷王朝の崩壊の後に日本列島へとやってきた人々も越人や呉人であっただろう。

寄付