日本人は不細工で醜いのか?

大和民族
https://unsplash.com/photos/O4A-zGH8u-Y
広告

 日本人とは大和民族の要素であり、大和民族は東洋小人種の部分集合である。彼らは彼ら自身を不細工や醜いと感じて、白人に対する強烈な劣等感を覚えてきた。一部の日本人は白人になりたいと願った。

日本人女性は白人男性の遺伝子に乞食して、中間種の子供を産み落とした。そして、彼らはそれらを芸能界へと入れて自慢しようとしてきた。たとえ彼らがこの種の人種侮辱的な行為を試みるとしても、日本人の白人に対する強烈な劣等感は永遠に解消されないだろう。

以下で、俺はその理由を提示する。結論では、日本人はデザインの概念を認識できない。だから、彼らは自己を醜いや不細工と感じる。

広告

日本人は不細工で醜いのか

日本人は不細工であるか?

 俺の認識:大和民族の肉体のデザインは劣等である。

 大和民族の肉体のデザインは劣等である。大和民族は白人を見た後、彼らは白人をイケメンや美女とノリや雰囲気でなんとなく感じる。けれども、実際には、白人の肉体のデザインが東洋人の肉体のデザインよりも優れている。

日本人の顔や体の「デザイン」が悪い。日本列島における街のデザインも顔のデザインも同じデザインである。ホームページのデザインも。よく言えば、彼らは治安が良く清潔な容姿を持っている。日本国における街と同じである。

日本人は不細工でも醜くもない。彼らの肉体のデザインが圧倒的に劣等である。また、白人はイケメンでも美男美女でもない。白人の顔や肉体のデザインが日本人のそれに優越してきた。これが正確な現実である。彼らの顔の「デザイン」がより優秀である。重要なことは肉体の “デザイン” であり、イケメンか出ない。後者は単なる雰囲気や好き嫌い、快不快である。デザインは数学的な概念である。

デザイン

 俺の認識:大和民族は自己の肉体の自己のデザインを持っていない。

 大和民族は自己の肉体の自己のデザインを持っていない。大和民族の一部は彼ら自身をブサイクや醜いと認識してきた。けれども、この種の発言には、「大和民族は自己のデザインをすでに持っている」という間違った前提を持っている。

東南アジアにおける雑多な街並みが自己のデザインを持っていないように、大和民族は自己の肉体のデザインを持っている。白人は自己の肉体の自己のデザインを持っているので、彼らはデザインに関して覇権を握ることができる。これは白人の肉体のデザインだけでなく、都市のデザインも文字のデザインも優れている。

日本人はデザインの概念それ自体を認識できない。だから、彼らの肉体のデザインは劣等なままであった。彼らは物体の色や形、物体同士の配置に無関心であってきた。日本人の肉体のデザインの劣等性はデザインの問題である。実際、上記で挙げたように、日本人のwebsiteのデザインも服のデザインも町並みのデザインも車のデザインも、そのほかの全てのデザインは劣等であってきた。当然、肉体のデザインも劣等になるのは自然である。

理由

分析の欠如

 分析の欠如:大和民族は肉体のデザインそれ自体を分析することができないので、彼らの肉体のデザインは劣等なままである。

 大和民族は肉体のデザインそれ自体を分析することができないので、彼らの肉体のデザインは劣等である。彼らは白人の肉体のデザインそれ自体を認識していない。彼らは肉体とそのデザインの違いすらうまく認識していない。

その結果、日本人の肉体のデザインはスラム状態が継続してきた。例えば、俺が日本人やそのほかの東洋人の肉体のデザインが悪いと言った時、彼らは「白人は老けやすい。劣化しやすい。」と返答する。

この発言や指摘や応答は「事実」であるが、それは白人の「デザイン」と「関係」ない。俺が言いたいのは、日本人の肉体のデザイン「それ自体」が悪い。顔のデザイン、肉体のデザイン、ホームページのデザイン、町のデザイン、全てのデザインが悪い。

しかし、彼らはデザインという概念「それ自体」を認識できない。彼らは白人の老化のしやすさや日本国の治安の良さ、清潔さ、トイレの綺麗さを引用する。しかし、それはデザイン「それ自体」に関係するものでない。それらはデザイン「関係したもの」である。このため、彼らは彼ら自身のデザインをいつまでも考察できないので、彼らのデザインは悪いままである。

意志の欠如

 意志の欠如:大和民族は自己の肉体のデザインを彼ら自身で作り上げるという意志を持ってこなかったので、彼らの肉体のデザインは悪い。

 大和民族は自己の肉体のデザインを彼ら自身で作り上げるという意志を持ってこなかったので、彼らの肉体のデザインは悪い。日本人は彼ら自身の強い意志を持っていない。だから、彼らは彼ら自身の肉体のデザインを彼らの意志で洗練させようとしてこなかった。その結果、彼らの肉体のデザインは悪いままであった。

さらに悪いことに、日本人は彼ら自身の肉体のデザインを良くしたいのかという「彼らの意志」すら言葉で表現できない。日本人女性は白人男性の遺伝子にたかろうとしてきた。もし彼らが彼らのデザインを彼らの意志で作ってこなかったのであれば、彼らのデザインが悪いのは当然である。

白人のデザインの良さは彼らの先祖の継続的かつ持続的な努力の結果である。ただし、彼らの先祖は彼らのデザインや若さを維持する努力を怠ってきた。だから、彼らは老けやすい。彼らは世界の全てが自動的に作動する自然現象にみえるらしい。

社会性の欠如

 社会性の欠如:大和民族は社会性を持っていないので、彼はデザインを取り扱うことができない。

 大和民族は社会性を持っていないので、彼はデザインを取り扱うことができない。デザインは社会性に関係する。もしある種の人間集団が高い社会性を持つならば、その時、その集団はよりデザインを形成することができるだろう。

肉体のデザインは町のデザインと同様に、社会性の産物である。しかし、日本人は社会性を持たないので、街並みも肉体のデザインも悪い。実際、社会性のない人間ほど肉体のデザインは悪くなるように思える。

日本人は肉体のデザインを町のデザインに関連づけることができない。だから、日本人の肉体のデザインはいつまでも劣等である。さらに悪いことに、日本人は日本人の肉体のデザインが社会性の産物であることすら認識できない。宗教建築がなぜ美しいのか?なぜなら、宗教は社会性を人間に与える。コーカサス人種の肉体のデザインの優秀性は彼らの宗教性(社会性)の結果である。