エドゥアルド・アインシュタイの統合失調症の意味〜学者や研究者の家系の意味〜

欧州小人種
https://nypost.com/2015/12/28/real-life-elephant-man-is-worshiped-like-a-god-begs-to-stay-alive/
広告

 エドゥアルト・アインシュタインEduard Einstein1910年7月28日 – 1965年10月25日)は、物理学者アルベルト・アインシュタインミレヴァ・マリッチとの間の次男。アシュケナジムユダヤ人である。優等生で音楽の才能にも恵まれていたエドゥアルトは、精神科医になるべく、大学の医学部に進学した。しかし、20歳頃から統合失調症を患うようになり、最初の発病から2年後に精神病院に収容されることとなった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/エドゥアルト・アインシュタイン

 アインシュタインの次男は統合失調症を患ったらしい。統合失調症はおそらく遺伝的な病気であるように思える。以下では、俺は「アインシュタインの次男は統合失調症を患った」ことの意味を提示する。

なお、その意味はテクノロジー的な思考でなく、ソサエティー的な思考である。大和民族の科学者や数学者はテクノロジー的な思考を持つが、ソサエティ的な思考を持たない。だから、彼らは「アインシュタインの次男は統合失調症を患った」ことの意味を把握できない。

上記では、アインシュタインの次男はアシュケナジム・ユダヤ人であると書かれている。しかし、それは西洋文明の視点であり、東洋文明では、ユダヤ教徒の白人である。白人でない場合は地中海人やその中間小種である。

広告

エドゥアルド・アインシュタイの統合失調症の意味

 統合失調症の意味:学者の家系は何らかの知的障害や精神疾患を持っている。

 学者の家系は何らかの知的障害や精神疾患を持っている。だから、エドゥアルド・アインシュタイが統合失調症を発症したのは別に不思議でない。人々は「やっぱり…」と内心感じている。

大和民族のソサエティでは、学者は先生と呼ばれている。この状態は、ダウン症の子供が「神様の贈り物」として崇拝されていたり、インドにおいてエレファントマンが「神様」として崇拝されていることに似ている。一般的に、未開な社会では、病気や知的障害者が神様やそれに類似する何かとして崇拝される。

ある程度、まともな人々は学者の家系を一族に向かい入れたくない。なぜなら、彼らはなんらかの病気を持っていると感じられる。これは統合失調症の家族を持つ子供が結婚に苦労することに似ている。なぜなら、統合失調症の患者が家族に入り、かつ子供が何らかの病気を持つ可能性がある。

タイトルとURLをコピーしました