Thomas Bryant Cotton(トーマス・ブライアント・コットン)ことTom Cottonの人種と小人種と民族

欧州小人種
https://en.wikipedia.org/wiki/Tom_Cotton
広告

 以下で、俺はトム・コットンの人種と小人種と民族を提示する。トランプ大統領は人種差別主義者として語られきた。しかし、俺の印象では、トム・コットンは非常に危険な人物であるように見える。

広告

1章 トム・コットンの人種と小人種と民族

 俺の認識 トム・コットンの人種はコーカサス人種である。トム・コットンの小人種は欧州小人種である。トム・コットンの民族はイギリス民族である。

 トム・コットンの人種はコーカサス人種である。トム・コットンの小人種は欧州小人種である。トム・コットンの民族はイギリス民族である。

トム・コットンはイギリス人である。トム・コットンは欧州人である。トム・コットンはコーカサス人である。俺の印象では、トム・コットンはアングロ・サクソンと呼ばれた古きアメリカの白人であるように見える。

彼の画像を見ると、分かるように、彼は少し地中海人的である。この地中海人的であるのは、イギリス民族の特徴であるように見える。あるいは、トム・コットンは少しユダヤ教徒の白人に似ている。

 Thomas Bryant Cotton was born on May 13, 1977, in Dardanelle, Arkansas.[1] Cotton’s father, Thomas Leonard “Len” Cotton, was a district supervisor in the Arkansas Department of Health, and his mother, Avis (née Bryant) Cotton, was a schoolteacher who later became principal of their district’s middle school.[2]Cotton’s family had lived in rural Arkansas for seven generations, and he grew up on his family’s cattle farm.[3][4] He attended Dardanelle High School where he played on the local and regional basketball teams; standing 6 ft 5 in (1.96 m) tall, he was usually required to play center.[4][5]

https://en.wikipedia.org/wiki/Tom_Cotton

 現時点では、彼の民族は彼の名前からしかわからない。けれども、イギリス民族に、彼のような容姿が存在するのは自然である。以下で、類似した人々の画像を見よう(真ん中はポール・ワトソンであり、右はアーロン・バンクス)。下はマーク・コレットである。トム・コットンはマーク・コレットに一番似ている。