アファナシェヴォ文化とY染色体ハプログループR1aとR1bと印欧語族とヤムナヤ文化

広告

 アファナシェヴォ文化(アファナシェヴォぶんか、: Afanasevo culture)は、紀元前3500年から2500年頃、中央アジア北東部からシベリア南部にかけて栄えた文化で、銅器時代後期ないし青銅器時代前期に当たる。シベリア・ミヌシンスク盆地のアファナシェヴォで最初に発掘調査されたが、現在のモンゴル西部、新疆ウイグル自治区北部、カザフスタン中東部にまで広がっていた。さらにタジキスタンアラル海方面の文化も関連があるとされる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/アファナシェヴォ文化
広告

アファナシェヴォ文化

 アファナシェヴォ文化とは、ある文化であり、西部草原牧畜民がモンゴル高原あたりに青銅器時代(紀元前3000年前から紀元前2000年前)に形成した。紀元前3300年前に、西部草原牧畜民は東部狩猟採集民コーカサス狩猟採集民が等しい割合で交雑して、その中間に遺伝的に位置するようになった。西部草原牧畜民及びコーカサス狩猟採集民の人種はコーカサス人種であっただろう。前者のY染色体ハプログループはR1bであり、後者はJ系統であった可能性がある。

その後、西部草原牧畜民は東西と南に拡散した。欧州への拡散では、西部草原牧畜民は土着のアナトリア農耕民(初期欧州農耕民)を父系で絶滅させた。しかし、モンゴル高原への拡大では、西部草原牧畜民はモンゴル人や北ユーラシア人(Ancient North Eurasian)や古代北アジア人(Ancient North Asians)を絶滅させることができなかった。ただ、彼らはアファナシェヴォ文化を形成した。おそらく、この古代北アジア人がY染色体ハプログループC2、またはNを持っていた可能性がある。Qは北ユーラシア人系統であったかもしれない。

アファナシェヴォ文化は牧畜という生活形態を東アジアに持ち込んだはずである。モンゴル人は彼らの生活形態、牧畜をアファナシェヴォ文化から学習して、取り入れた。この牧畜が家畜や民の統治能力をモンゴル人に授けて、チンギス・ハンのモンゴル帝国に関係した。さらに、彼らは青銅器や鉄器を直接的、または間接的に持ち込んだ可能性もあった。なお、アファナシェヴォ文化の時代はシュメール人の時代に近く、青銅器時代はメソポタミアで始まった。

 上記はとある論文「A Dynamic 6,000-Year Genetic History of Eurasia’s Eastern Steppe」からである。EBAの意味はおそらくEarly Bronze Ageであり、それは紀元前3500年前から紀元前2000年である。この論文では、Pre Bronze Ageという単語があり、それは紀元前5000年から紀元前3500年前である。

俺は上記のPre-/EBAの「/」の意味を理解できないので、それはandであるのか、orであるのかは不明である。また、俺はPre-の「-(ハイフン)」が何であるのかを理解できない。けれども、上記を見ると、Pre-/EBAでは、R1bとなぜかJ1aが観察される。J1aの人種はコーカサス人種であっただろう。R1bとR1aの人種は不明であるが、コーカサス人種(東部狩猟採集民)か北ユーラシア人に遺伝的に近かったかもしれない。モンゴル平原に、JたRが存在したことは俺を驚かせた。Nがモンゴル平原にいても驚きはないだろう。

MLBA(Middle Late Bronze Age)が紀元前2000年から紀元前1000年である。東洋地域では、その時期は夏王朝から殷王朝、そして周王朝であった。この時代では、Q系統(Q1a)が台頭した。上記の資料は周王朝がQ系統の王朝であったという噂に一致しているように思える。俺の憶測では、Q系統は牧畜や青銅器をR系統から学習して、王朝を作ったように思える。おそらく、彼らの人種はモンゴロイド人種であっただろう。また、R1bがいなくなっている。

約3000年前の周の時代の古人骨からは、ハプログループQ (Y染色体)が約59%の高頻度で観察された。現代の漢民族に高頻度のハプログループO2 (Y染色体)は27%しか見られない[36]上古中国語の担い手はハプログループQであったことも想定される。周人は元々赤髪の人達であったという言い伝えがある[37]

https://ja.wikipedia.org/wiki/周

そのあと、鉄器時代が始まった。ここでも、Q系統(Q1aとQ1b)が台頭している。R1aも台頭した。その後の匈奴の時代(紀元あたり)から、C2系統、つまりモンゴル民族が台頭し始めた。その後、1000年まで、R1bが台頭している。そのほかには、Jがいる。

電飛

タイトルとURLをコピーしました