白人種はいつ生まれ形成された?氷河期と欧州大陸と白人の歴史

広告

 俺はいつ欧州人(白人種)が形成されたのかをはっきりと断定することができない。以下では、俺はいつ欧州人が形成されたのかを提示するつもりである。個人的には、欧州人の肌の色が白くなったのは比較的に最近であったように感じる。

広告

欧州人(白人)

認識

 俺の認識 欧州人とは、欧州小人種の要素であり、欧州小人種はコーカサス人種の部分集合である。

 言い換えると、欧州人はコーカサス人種の一派である。俺らは欧州人を大局から局所へと認識する。欧州人はホモ・サピエンスである。ホモ・サピエンスはコーカサス人種とモンゴロイド人種とネグロイド人種、そしてオーストラロイド人種に分類される。

俺は欧州人をコーカサス人種と認識する。俺はコーカサス人種は欧州小人種と地中海小人種と中東小人種の3つに分類すると認識する。最後に、俺は欧州人は地中海小人種と中東小人種でなく欧州小人種であると認識する。

俺が人種を考える時、理想的には、俺は人種を過去における分岐と認識する。人種⊃小人種⊃民族⊃部族。具体例として、コーカサス人種⊃白人小人種⊃ゲルマン民族⊃アングロ部族。小人種の形成は早くて6000〜8000年、遅くて2万年。民族の形成は2000年から3000年と仮定してみる。なお、上記は人種的な形質に関する話である。

認識

 俺の認識 欧州人の(主要な)Y染色体ハプログループはY染色体ハプログループIか、Y染色体ハプログループRである。

 欧州人の先祖が問題になるのはこのY染色体ハプログループRである。このY染色体ハプログループRはY染色体ハプログループQとの共通先祖を持ち、Y染色体ハプログループQはアメリカ先住民のY染色体ハプログループである。

加えて、Y染色体ハプログループRは印欧語族を持つ民族であり、6000年前にウクライナ平原から拡散したらしい。その後、このY染色体ハプログループRは欧州へと侵略した。その結果、欧州におけるY染色体ハプログループが大幅に変わり、Y染色体ハプログループRが多数になった。

個人的には、欧州大陸における原住民のY染色体ハプログループはY染色体ハプログループIであったように思える。その他には、Y染色体ハプログループEやY染色体ハプログループJやY染色体ハプログループGが存在したように思える。欧州人の奇妙さはY染色体ハプログループRである。なお、Y染色体ハプログループNは北方アジア発祥であり、このY染色体ハプログループも比較的に最近であるように思える。

問題点

Y染色体ハプログループR

 俺の認識 もし俺らがY染色体ハプログループRの人種的な形質を認識することができないならば、俺はいつ白人が人種的に分岐(形成)したのかを知ることができない。

 個人的には、俺はY染色体ハプログループRはコーカサス人種系統でなく、顔の濃い古モンゴロイド人種系統であったように感じる。俺らがいつ白人が形成されたのかを知りたい時、Y染色体ハプログループRの人種的な形質を復元することは必須である。

個人的には、俺はY染色体ハプログループRがウクライナから欧州へと侵入するとき、俺は彼らは白人的な人種的な形質、正確には白人に近いをすでに獲得していたと憶測する。それが交雑の結果であるのか、環境の変化であるのかは不明である。

氷河期

 俺の認識 もし俺らが氷河期における欧州の状態を知ることができないならば、俺らはいつ欧州人が人種的に分岐して、形成されたのかも知ることができない。

 氷河期に、欧州大陸は人間が住めなかったと仮に正しいとすると、白人種の先祖(コーカサス人種)は氷河期の終わりの後、つまり紀元前8000年の後に欧州大陸へと侵入した。

白人種の目は細くなく、白人種は腋臭を持つ。もし彼らが氷河期の時代に欧州大陸に住んでいたならば、彼らは東洋人のように細い目と無臭を獲得しただろう。氷河期の状態を正確に推測することは人間にとって難しいが、氷河期における欧州は現在よりも確実に寒かったはず。

白人種の肌の色は白いが、その白さは寒冷適応でなく紫外線量に関係する。俺が白人を見る時、彼らは東洋人のように寒冷適応していないように見える。だから、俺は彼らは寒冷地に住んでいなかったのではと勘ぐる。