白人種はいつ生まれ形成された?氷河期と欧州大陸と白人の歴史

歴史
https://ja.wikipedia.org/wiki/ガイウス・ユリウス・カエサル
The Rulers of Europe: Every Year

 氷河期の時代、欧州大陸の一部は氷で覆われていたらしい。氷河期は紀元前8000年に終了したので、その後、白人種の先祖は欧州大陸へと侵入しただろう。白人の肌の色が白いのは欧州という霧と少ない直射日光の地域で生きてきたからである。

白人の先祖が欧州へと侵入した時、白人種の先祖はコーカサス人種であったが、彼らはコーカサス人種からきちんと分岐してなかっただろう。だから、氷河期の終わりの後、白人種の先祖はコーカサス人種から分岐したはず。小人種の形成の期間を早くて6000年から8000年と仮定すると、白人種が形成されたのは夏王朝の時代から0年辺りの期間であるだろう。

つまり、白人種という小人種は比較的最近形成されたと言える。白人種はホモ・サピエンスの中で最も最新の小人種である。少なくともシュメール人の時代には、白人種は存在しなかっただろう。

人種と民族と分岐

 人種と民族と分岐:人種の部分集合を民族とする。人種の分岐は数万年、民族の分岐は数千年とする。

 君が人種を考える時、君は人種を過去における分岐と認識する。人種⊃小人種⊃民族⊃部族。具体例として、コーカサス人種⊃白人小人種⊃ゲルマン民族⊃アングロ部族。

小人種の形成は早くて6000〜8000年、遅くて数万年。民族の形成は2000年から3000年。例えば、殷王朝の時代、大和民族の先祖は中国大陸に存在して、漢民族も大和民族もチベット民族も東洋小人種から分岐してなかったはず。

もし小人種の分岐が3000年で形成されるならば、大和民族は大陸東洋人と異なる小人種になっているだろう。しかし、実際は日本人も大陸東洋人も同じ東洋小人種である。だから、小人種の分岐は3000よりも長い期間を必要とする。

例えば、日本人と中国人が6000年から8000年間隔離され続けたならば、日本人は東洋小人種から分岐するだろうと俺は直感的に憶測する。だから、俺は上記で小人種の分岐期間を6000年から8000年と仮定した。

氷河期と欧州大陸と白人種

 白人種の形成:白人種は夏王朝から殷王朝の終わり辺りに形成されたと俺は憶測する。

 氷河期に、欧州大陸は人間が住めなかったと仮に正しいとすると、白人種の先祖(コーカサス人種)は氷河期の終わりの後、つまり紀元前8000年の後に欧州大陸へと侵入した。さらに、人種の形成を早くて6000年であると仮定すると、紀元前2000年、つまり夏王朝の勃興期あたりに白人種は形成されたと俺は推測する。遅くても、白人種は殷王朝の終わりの後(紀元前1000年)に形成されたと俺は推測する。

その後、白人種は1000年くらい未開の暮らしを営んできた。イタリア半島が紀元前272年に統一され、イタリアが発展し始めた。その後、紀元前50年にローマ帝国が欧州における白人種を本格的に統治し始めた。

俺は孔子の時代や春秋戦国時代には、白人種はすでに形成されたと憶測する。ただ、確実なのは紀元前50年にローマ帝国が欧州における白人を征服した時には白人が形成されていたことである。

欧州大陸に彼らの先祖が住んでいてたと仮定すると、

 白人種の目は細くなく、白人種は腋臭を持つ。もし彼らが氷河期の時代に欧州大陸に住んでいたならば、彼らは東洋人のように細い目と無臭を獲得しただろう。氷河期の状態を正確に推測することは人間にとって難しいが、氷河期における欧州は現在よりも確実に寒かったはず。

白人種の肌の色は白いが、その白さは寒冷適応でなく紫外線量に関係する。俺が白人を見る時、彼らは東洋人のように寒冷適応していないように見える。だから、俺は彼らは寒冷地に住んでいなかったのではと勘ぐる。

タイトルとURLをコピーしました