Mark Adrian Collett(マーク・コレット)の人種と小人種と民族

欧州小人種
https://twitter.com/markacollett
広告

 差別主義者や白人至上主義者という単語は安易に使用されてきた。その結果、それらの単語は信用を失った。けれども、Mark Adrian Collett(マーク・コレット)は色付きから見て本物の白人至上主義者であり、反セム主義者である(ように見える)。

彼の顔を見ると、俺らは彼は少し地中海人的であると感じる。そして、俺らの想像するアングロサクソン人の顔と彼の顔は互いに異なるように思える。しかし、俺は彼のような顔こそが本物のイギリス人の顔であると審判する。

Mark Collett On Christianity
広告

1章 Mark Adrian Collett(マーク・コレット)の人種と小人種と民族

 共通認識 Mark Adrian Collett(マーク・コレット)の人種はコーカサス人種である。Mark Adrian Collett(マーク・コレット)の小人種は欧州小人種である。Mark Adrian Collett(マーク・コレット)の民族はイギリス民族である。Mark Adrian Collett(マーク・コレット)の部族は(おそらく)イングランド部族である。

 Mark Adrian Collett(マーク・コレット)の人種はコーカサス人種である。Mark Adrian Collett(マーク・コレット)の小人種は欧州小人種である。Mark Adrian Collett(マーク・コレット)の民族はイギリス民族である。Mark Adrian Collett(マーク・コレット)の部族は(おそらく)イングランド部族である。

Mark Adrian Collett(マーク・コレット)はイングランド人である。Mark Adrian Collett(マーク・コレット)Benjamin)は欧州人である。Mark Adrian Collett(マーク・コレット)はコーカサス人である。

Mark Adrian Collett(マーク・コレット)を見ると、少しフランス的、地中海的、または中東っぽい顔をしているように見える。本来のイギリス人はこの種の顔を持っていたはずである。ゲルマン民族っぽい容姿はイギリス人の支配層として君臨してきたはずである。俺はイギリス人は南方の白人であり、北方の白人でないと審判する。

2章 Mark Adrian Collett(マーク・コレット)はアングロ・サクソン人か?

 共通認識 カール・ベンジャミン(Carl Benjamin)はアングロ・サクソン人でない。

 Mark Adrian Collett(マーク・コレット)はアングロ・サクソン人でない。なぜなら、Mark Adrian Collett(マーク・コレット)の民族はゲルマン民族でない。Mark Adrian Collett(マーク・コレット)はカール・ベンジャミンと同じイギリス民族である(画像左)。

タイトルとURLをコピーしました