アレクサンドル・ルカシェンコは最後の独裁者か?〜ポーランドと移民〜

欧州小人種
https://ja.wikipedia.org/wiki/アレクサンドル・ルカシェンコ#/media/ファイル:А.Р.Лукашэнка_(выразка).jpg
広告

アレクサンドル・グリゴリエヴィッチ・ルカシェンコベラルーシ語Алякса́ндр Рыго́равіч Лукашэ́нка アリャクサーンドル・ルィホーラヴィチ・ルカシェーンカロシア語Александр Григорьевич ЛукашенкоAlexandr Grigor’evich Lukashenko1954年8月30日 – )は、ベラルーシ政治家大統領1994年 – )。また、ロシア・ベラルーシ連盟国の初代最高国家会議議長(2000年 – )でもある。欧米からは「ヨーロッパ最後の独裁者」と呼ばれる[3][4]

https://ja.wikipedia.org/wiki/アレクサンドル・ルカシェンコ
広告

アレクサンドル・ルカシェンコ

人種

 俺の認識 アレクサンドル・ルカシェンコの人種はコーカサス人種である。

小人種

 俺の認識 アレクサンドル・ルカシェンコの小人種は欧州人種である。

民族

 俺の認識 アレクサンドル・ルカシェンコの民族は(東)スラブ民族である。

Y染色体ハプログループ

 俺の認識 アレクサンドル・ルカシェンコのY染色体ハプログループはR1a系統であるかもしれない。

西欧と東欧

予想

 俺の認識 長期的に見ると、東欧(Y染色体ハプログループはR1a)は西欧(Y染色体ハプログループR1b)に勝利するだろう。

 Y染色体ハプログループはR1aは父系では「アーリア人」である。インド人やペルシャ人の父系はY染色体ハプログループはR1aである。東欧白人はスキタイやフン族の一部末裔である。個人的には、俺はヒッタイト人やオスマン帝国の王家スルタン?もY染色体ハプログループR1a系統であったのでないかと感じた。加えて、俺は中東地域を統一したアカイメネス朝ペルシャのキュロスもY染色体ハプログループR1a系統であったのでないかと感じた。

一般的には、西欧が豊かで文明的、東欧が貧しく未開であると感じられてきた。西欧は古代ギリシアやローマ帝国の末裔(Y染色体ハプログループR1b)であり、東欧はそうでない。その結果、彼らはひどく見下されきた。しかし、俺はこの認識それ自体が実際でないと感じる。実際には、西欧(R1b)は東欧(R1a)に常に脅かされてきたように見える。そして、東欧がその生存競争に常に勝利してきた。