マージョリー・テイラー・グリーン(Marjorie Taylor Greene)とアングロ・サクソンの伝統の回帰

欧州小人種
https://en.wikipedia.org/wiki/Marjorie_Taylor_Greene
広告

 テイラー・グリーンがアングロ・サクソン伝統の政治に回帰せよと主張したらしい。その主張に対して、アメリカ国民の大部分は反対した。以下では、俺はテイラー・グリーンの発言を分析してみよう。

広告

テイラー・グリーンの人種と小人種と民族

 テイラー・グリーンの人種と小人種と民族:テイラー・グリーンの人種はコーカサス人種である。テイラー・グリーンの小人種は欧州小人種である。テイラー・グリーンの民族は(名前の上では)イギリス民族である。

 テイラー・グリーンの人種はコーカサス人種である。テイラー・グリーンの小人種は欧州小人種である。テイラー・グリーンの民族は(名前の上では)イギリス民族である。また、彼女の自己認識はアングロ・サクソンであるらしいので、彼女の部族はイングランド部族である。

人種

 これは写真から自然に認識されるように、テイラー・グリーンの人種はコーカサス人種である。コーカサス人とはコーカサス人種の要素である。テイラー・グリーンはコーカサス人である。

小人種

 これは写真から自然に認識されるように、テイラー・グリーンの小人種は欧州小人種である。欧州人とは欧州小人種の要素である。テイラー・グリーンは欧州人である。いわゆる白人である。

民族

 テイラー・グリーンの自己認識では、テイラー・グリーンの民族はイギリス民族である。けれども、俺はテイラー・グリーンが本当にイギリス民族であるかを疑っている。

テイラー・グリーンの発言

 テイラー・グリーンの発言:近代におけるアングロ・サクソンが国家の建設や管理・統治に関して非常に優秀であり、彼らがアメリカ合衆国を建国したのは俺にとっては事実である。

 近代におけるアングロ・サクソンが優秀であり、彼らがアメリカ合衆国を建国したのは俺にとって事実である。俺の印象では、テイラー・グリーンは米国が衰退したのはアングロ・サクソンが支配層でなくなったからであると感じているように見える。

アングロ・サクソンとは?

 ここでのアングロ・サクソンとはイングランド人のことである。イングランド人もスコットランド人もアイルランド人も同じイギリス民族の要素である。彼らは部族的な違いを持っている。イギリス民族は欧州小人種の部分集合であり、欧州小人種はコーカサス人種の部分集合である。

イングランド人もスコットランド人もアイルランド人も遺伝的にはほとんど同じである。しかし、イングランド人は文化的には少し異なるように見える。そして、その文化的な違いがアメリカ合衆国の独特さを形成したように見える。

なお、アングロ・サクソンはゲルマン民族の部族の一つであった。イングランド人はスコットランド人やアイルランド人と異なり、ゲルマン民族であると考えられてきた。しかし、イングランド人もまたゲルマン民族(ノルマン人やアングロ・サクソン人)でなく、イギリス民族であった。

フランス人やドイツ人は米国を作れたか?

 米国においてアングロ・サクソン(イングランド人)が強調されるのは、アングロ・サクソン(イングランド人)が非常に独特な人々であったからである。俺の印象では、もしドイツ人やフランス人が国家を作っていたならば、米国もカナダもオーストラリアもニュージランドも存在しなかっただろう。米国の存在はアングロ・サクソン(イングランド人)の力が必要があった。

これは中南米を見ればわかるだろう。ブラジルもアルゼンチンもまともな国家でなく、失敗国家である。もしイタリア人やスペイン人のような地中海人が米国を作っていたならば、米国は超大国にならなかっただろう。

一般的に、アングロ・サクソン(イングランド人)の特徴は英語や法制度の独特さ、自由、そして島国気質と考えられている(英語は本当にアングロ・サクソンの言語)。しかし、たとえドイツ人やフランス人がアングロ・サクソンの人工的な対象を持っていたとしても、俺はそのドイツ人やそのフランス人は米国を建国できなかっただろう。つまり、米国の建国はアングロ・サクソン(イングランド人)の遺伝的な性質にも関係している。