北欧神話とY染色体ハプログループR1bとI〜アングロ・サクソンやゲルマン人やノルマン人〜

欧州小人種
https://ja.wikipedia.org/wiki/北欧神話
広告

 北欧神話(ほくおうしんわ、アイスランド語:Norræn goðafræði、ノルウェー語:Norrøn mytologi、スウェーデン語:Nordisk mytologi、デンマーク語:Nordisk mytologi)は、キリスト教化される前のノース人の信仰に基づく神話。スカンディナビア神話とも呼ばれている。ゲルマン神話の一種で、ノルウェースウェーデンデンマークアイスランドおよびフェロー諸島に伝わっていたものの総称。普通、フィンランド神話とは別系統のものとされる[1]

https://ja.wikipedia.org/wiki/北欧神話

 一般的に、北欧神話は北欧のゲルマン民族の神話であると考えられている。けれども、俺は北欧神話の視点はゲルマン民族でないように感じる。以下では、俺は北欧神話の視点を提示する。

広告

北欧神話の始まり

 北欧神話には、主神オーディーンの先祖と巨人族が登場する。巨人族の始祖ユミールは空間の隙間から生まれたらしい。その後、ユミールの体から、巨人の子孫たちが生まれた。

一方、主神オーディーンの父はボルであり、母は巨人族の娘である。そして、ボルの父はブリである。このブリは塩の岩から牛が舐めることによって形作られたらしい。また、主神オーディーンには、ヴィリとヴェーという兄弟が存在した。

主神オーディーンとヴィリとヴェーは、彼らの半分が巨人であるのにも関わらず、巨人族のユミールを殺害した。その後、主神オーディーンは流木から人間を作って、アスクとエムブラという名前を与えた。オーディーンは命を、ヴィリは精神を、ヴェーは知覚などを与えた。このアスクとエムブラが北欧人の雄の父系先祖になるように思える。

神話と男系子孫

 神話では、民族の始祖的な父が最も重要である。なぜなら、民族の父系子孫はその父の人間性を受け継いでいると考えられている。その人間性には、人格や精神や創造性、意志や魂などが存在する。

もし始祖的な父が異なるならば、父系子孫に受け継がれる人間性の種類(人格や精神や創造性、意志や魂の種類)も異なる。上記では、主神オーディーンの子孫は存在しないが、オーディーンは命それ自体を流木に吹き込んだ。

だから、俺らは北欧人の雄は始祖的な父なるオーディーンの人間性(人格や精神や創造性、意志や魂)を受け継いでいると解釈することができる。また、神話では、一般的に、始祖的な父は創造主と解釈される。その創造主は人間性(人格や精神や創造性、意志や魂)の創造主である。

北欧神話の視点はY染色体ハプログループIか?

 北欧神話の視点:北欧神話の視点はY染色体ハプログループIでなく、Y染色体ハプログループR1bであるように見える。

 北欧神話の視点はY染色体ハプログループIでなく、Y染色体ハプログループR1bであるように見える。Y染色体ハプログループIが北欧人の雄のY染色体であり、Y染色体ハプログループJに近い。。一方、Y染色体ハプログループR1bは東洋地域や中央アジア地域発祥であり、Y染色体ハプログループQRやPに近い。

欧州へのY染色体ハプログループR1bの侵入

 氷河期が終わった後(6000年前?〜9000年前?)、印欧語族(Y染色体ハプログループR1b)は南ロシアから東西へと拡大したらしい。当然、彼らは南ロシアから欧州、そしてイベリア半島へと侵入した。その結果、欧州人の雄のY染色体ハプログループはR1bになった。

けれども、俺はY染色体ハプログループR1bは白人でなく、古モンゴロイド人種系統であると勘ぐっている。ハプログループRの分岐時期は20000年から27000年であるかもしれない。分岐の場所は東洋地域や中央アジア地域であるかもしれない。

個人的には、俺はY染色体ハプログループR1bは欧州へと侵入して、白人の雌を獲得した結果、Y染色体ハプログループR1bは白人の皮を被ることになったように思える。元々の原住民はY染色体ハプログループIであるが、欧州へのY染色体ハプログループR1bの侵入の結果、彼らはスカンディナビア半島とバルカンへと南北へ押し出されたように思える。

この現象はY染色体ハプログループD系統がチベットと日本列島という僻地にしか残っていないことに似ている。東洋地域におけるY染色体ハプログループOの拡大の結果、彼らはアジアの東西へと押し出されたように思える。Y染色体ハプログループIは南北へ、Y染色体ハプログループDは東西へと押し出された。

言語と民族神話の喪失

ハプログループIの担っていた言語は印欧語などに言語交替したため完全に失われており、その詳細は全く不明である。しかしウラル語族のバルト・フィン諸語(フィンランド語、エストニア語など)の語彙にはその他のフィン・ウゴル語派と共通しないものがあり、それは古い基層言語に由来する可能性があること、また特にサーミ語に関しては、祖先は別の言語を話しており、のちにフィン・ウゴル語を受け入れたという可能性が高いこと、またゲルマン諸語の語彙にもその他の印欧語族と共通しないものがあること(ゲルマン語基層言語説)から、これらの基層言語として元来のハプログループIの言語の痕跡を垣間見ることができる可能性がある

https://ja.wikipedia.org/wiki/ハプログループI_(Y染色体)

ゲルマン語基層言語説は、ゲルマン祖語の成立において、非印欧語の基層言語が存在したという説である。インド・ヨーロッパ語族の文脈の中でゲルマン語の独特の性質を説明しようとするもので、他のインド・ヨーロッパ語族では認識されていないように見える一般的なゲルマン祖語の語彙と構文の要素に基づき、ゲルマン祖語は非インド・ヨーロッパ語族の基層言語を包含したクレオール言語または接触言語であると主張する。非印欧語が基層として存在しているという説は、1932年にSigmund Feistによって最初に提案された。彼は、ゲルマン祖語の語彙要素の約3分の1が非インド・ヨーロッパ語族の語彙に由来しており、ゲルマン祖語の語形変化の減少が基層言語とのピジン化によって生じたと推定した[2]。グリムの法則が基層言語集団の母語転移の結果だという主張もある[3]。

https://en.wikipedia.org/wiki/Germanic_substrate_hypothesis

 一般的に、ヒスパニックや黒人がスペイン語や英語を話しているように、言語は侵略者の父から息子や娘へと伝達される。上記の情報によると、Y染色体ハプログループIの言語は失われている。そして、ゲルマン語には印欧語族でない言語の痕跡が存在している。

俺が物語を作るとき、俺はY染色体ハプログループIは印欧語族を持つY染色体ハプログループR1bによってヒスパニックや黒人のように完全に支配された。その結果、彼らは自己の言語と自己の民族的な神話を完全に失ってしまった。たとえ民族神話が維持されていたとしても、民族神話を語り継ぐための言語がY染色体ハプログループI由来の言語でなく、Y染色体ハプログループR1b由来の言語(印欧語族)である。

Y染色体ハプログループIは印欧語を話して、Y染色体ハプログループR1bのための民族神話を自己の神話と勘違いして、崇拝してしまったように思える。個人的には、俺は北欧神話の視点はY染色体ハプログループIでなく、Y染色体ハプログループR1bであるように感じる。ただし、北欧神話は少し中東的(Y染色体ハプログループJ的)であるようにも感じる。

主神オーディーンはY染色体ハプログループR1bか?

 俺の印象:主神オーディーンはY染色体ハプログループR1bであり、巨人族がY染色体ハプログループIである。

 主神オーディーンはY染色体ハプログループR1bであり、巨人族がY染色体ハプログループIである。実際、北欧人やバルカン人が巨人である。巨人族はY染色体ハプログループR1bから見て、巨人であったかもしれない。欧州へと移動したY染色体ハプログループR1bはY染色体ハプログループIの巨人さに驚いて、彼らを巨人族として描いた可能性がある。

この場合、主神オーディーンの半分は巨人族であるので、主神オーディーンはY染色体ハプログループR1bと北欧人女性との中間種であった。遊牧民や牧畜民にありがちな現地の男性は皆殺しであり、女性を強姦して交雑する様子が描かれているように感じた。また、巨人族は霜の巨人と呼ばれて、霜や霧の世界から自然発生したらしい。これは北欧人そのものであるように思える。

 ハプログループI(特にI1)は碧眼の分布と相関しており、碧眼遺伝子の担い手であったようである[17]。また金髪の分布とも相関している。ヨーロッパにおける高身長地域とハプログループIの分布が重なることから、高身長との関連性も示唆される[18][19]

https://ja.wikipedia.org/wiki/ハプログループI_(Y染色体)

北欧人は彼ら自身を支配したY染色体ハプログループR1bを印欧語族の言葉で創造主として崇拝してきたように見える。そして、彼らは(実際はY染色体ハプログループIであるのにも関わらず)Y染色体ハプログループR1bの男系子孫であることを誇ってきた。これはネグロイド人の雌の父系先祖が白人であって、彼らがその白い父を「神様」と勘違いして、崇拝してしまったことに似ている。