なぜフィンランド人(フィン人)はY染色体ハプログループNを持つか?〜ウラル語族〜

欧州小人種
https://unsplash.com/photos/DyDR8oOzuNA
広告

観察頻度はネネツ人に97%、 ガナサン人に92%、ヤクート人に88%[7]、 フィン人に63%[8]チュクチ人に58%[9]サーミ人に47%[10]エストニア人に41%[11]ユカギール人に31%[12]ロシア人に20%[13]などである。ウラル語族との関連が想定される。フィン・ウゴル系にN1a1、サモエード系にN1a2が多い。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ハプログループN_(Y染色体)

 上記の引用では、フィンランド人(フィン人)はY染色体ハプログループNを持つらしい。そして、彼らの言語はウラル語族であるらしい。けれども、フィン人の外見(人種的な形質)は完全なる欧州人(白人)である。以下では、俺はその理由を提示するつもりである。

広告

フィンランド人

理由

 俺の認識 フィンランド人はY染色体ハプログループNを持つ新モンゴロイド人種の雄に生存競争で完全に敗北した結果、彼らは自己のY染色体ハプログループと自己の語族を失った。

 フィンランド人は新モンゴロイド人種の雄系統のY染色体ハプログループNを持ち、その語族(ウラル語族)を持った。フィンランド人の本来のY染色体ハプログループや語族は不明であるが、Y染色体ハプログループIでないかと疑っている。

Y染色体ハプログループIはY染色体ハプログループRに言語的には敗北した。けれども、Y染色体ハプログループIの父兄は今まで残ってきた。それに対して、フィンランド人は父系的にも言語的にもY染色体ハプログループNに完全に敗北してしまったように思える。

この状態はアメリカ大陸のモンゴロイド人種のY染色体ハプログループのほとんどがR系統であることに似ている。直接的には、フィンランド人の先祖はY染色体ハプログループNによって強姦された可能性があるだろう。ただし、もしY染色体ハプログループNがコーカサス人種の形質であったならば、上記の認識は成立しないだろう。