西村博之(ひろゆき)と辻仁成と武井壮による侮辱発言(デンベレ)の擁護と大和民族の心理

大和民族
https://unsplash.com/photos/O4A-zGH8u-Y
広告

 デンベレとグリーズマンが日本人(モンゴロイド人種)を人種的に侮辱した。この行為に関して、大和民族の大部分は何らかの侮辱的な意図を読み取り、彼らはデンベレとグリーズマンの行為を強く批判し始めた。しかし、西村博之(ひろゆき)と辻仁成と武井壮はこの人種的な侮辱行為を否定したり、日本人を逆に批判し始めた。

なぜ西村博之(ひろゆき)と辻仁成と武井壮はこの種の行為を取るのだろうか?彼らは彼ら自身の人種が侮辱されるとしても、彼らはなぜか侮辱者を擁護し始めて、侮辱行為や中傷行為を必死で否定し始める。あるいは、彼らは「日本人も差別するから…」などと述べて、どっちもどっちにしようとする。

以下では、俺はこの種の行為を提示した後、俺は西村博之(ひろゆき)と辻仁成と武井壮の意図とその心理を提示するつもりである。モンゴロイド人種の社会的な地位が低いのは、西村博之(ひろゆき)と辻仁成と武井壮のような白人崇拝者に責任がある。

広告

行為の分類

侮辱者の擁護

 侮辱者の擁護:西村博之(ひろゆき)と辻仁成と武井壮は侮辱者を擁護して、侮辱者を庇う。

 西村博之(ひろゆき)と辻仁成と武井壮は侮辱者を擁護して、侮辱者を庇う。今回の行為では、言葉を投げかけられた日本人男性が被害者である。正常な反応とは、俺らはその日本人男性の心理や精神状態に気にかけることである。

また、俺らは俺らの人種が人種的に侮辱されたことを自己認識することである。今回の事件に対する正常な反応はこの二つである。しかし、異常者は侮辱者(デンベレとグリーズマン)を擁護して、侮辱者を庇い始める。

 根本的にアスペルガーの人たちは、大切な価値観が健常者と完全にズレてます。「理論だてて説明すればアスペはわかってくれるのだ」、というカワイイレベルではありません。 以下、私の従兄や知人や職場で出会ったアスペ男性達の共通点なのですが、 『アスペルガー症候群の人は、 被害者である人間を庇わず、なぜか、加害者(トラブルメーカー)側を庇う』 のです。 (ようするに他人の気持ちがわからない、ということにもなるのですが…)

https://okwave.jp/qa/q6859269.html

どっちもどっち

 どっちもどっち:西村博之(ひろゆき)と辻仁成と武井壮は侮辱されたのにも関わらず、彼らはどっちもどっちにしようとする。

 西村博之(ひろゆき)と辻仁成と武井壮は侮辱されたのにも関わらず、彼らはどっちもどっちにしようとする。今回の事件では、武井壮がどっちもどっち者である。今回では、俺らが人種的に侮辱されたのに、武井壮はなぜか侮辱者を庇って、日本人も侮辱してきたからと主張する。

そして、武井壮はこの侮辱に対する批判を妨害しようとする。もし日本人男性の従業員がフランス国民のサッカー選手を人種的に侮辱していたならば、その時、武井壮が言うように、どっちもどっちである。けれども、今回では、その従業員は人種的な侮辱を実行していないので、フランス選手が批判された。

 「彼らを擁護してるわけじゃなくて、日本人同士だって『○○人ってこうだよな』みたいなことを言うし、そういうのと一緒だと思うんだよ。別にその国のある人にすごく悪意を持ってるとかじゃなくて、自分の国と比べてちがうところを、半分冗談で言ったりとか」と、例を挙げる武井。

https://news.yahoo.co.jp/articles/62e33009c566528b94ba955220efdc51941a04ec

心理

いじめられっ子の心理

 いじめられっ子の心理:西村博之(ひろゆき)と辻仁成と武井壮は彼ら自身が人種的に侮辱されていることを認めることができない。

 西村博之(ひろゆき)と辻仁成と武井壮は彼ら自身が人種的に侮辱されていることを認めることができない。なぜなら、彼らは自分たちモンゴロイド人種が人種的に侮辱されている現実に強烈な不安感を覚える。だから、彼らは一種の逃避行動に走り、現実逃避を繰り返してきた。

下記の動画では、西村博之は「中国人消えろ」と人種的に侮辱されている。けれども、西村博之はその侮辱に対して「中国語じゃないよ」と返答した。その後、彼は「ここは罰金エリアなので撮影されるのが嫌だったんでしょうね」と言う現実逃避を実行した。

上記の動画でも今回の動画でも、モンゴロイド人種は人種的に侮辱されている。けれども、西村博之はその現実を必死に否定して、侮辱者の霊言(ここは罰金エリアなので撮影されるのが嫌だったんでしょうね)を勝手に読み取り、「侮辱されていないこと」にしようとする。この種の心理は病的であり、対人恐怖症や火病と同じ分類として処理される。

自己に対する不安

 自己に対する不安:西村博之(ひろゆき)と辻仁成と武井壮は自己が白人でなくモンゴロイド人種であることそれ自体に不安感を覚える。

 西村博之(ひろゆき)と辻仁成と武井壮は自己が白人でなくモンゴロイド人種であることそれ自体に不安感を覚える。彼らは自己に対する原初的な恐怖心を持っている。彼らは自己それ自体に不安感を覚えるので、他者との違いが生じるような事件を必死に否定して、安心感を覚えようとする。

上記の動画では、ひろゆきは「自分は中国人でない」と主張している。けれども、この種の侮辱は中国人に対してでなく、モンゴロイド人種や東洋人(新モンゴロイド人種)に対しての侮辱である。本来であれば、彼らは協力して、侮辱に対抗する必要がある。

上記では、西村博之は侮辱者は西村博之を中国人と誤解して侮辱しているが、西村博之は中国人でないので、西村博之自身は人種的に侮辱されていないと現実逃避しているように見える。西村博之は人種的に侮辱されると、自己と他者の境界が生じることや西村博之が白人でないことが浮き上がってくることを何よりも恐れる。そのため、西村博之は自分は中国人でないので、自分は侮辱されていないと主張したり、人種は科学的には存在しないと主張始めたりする。

機嫌を損ねるのが怖い

 機嫌を損ねるのが怖い:西村博之(ひろゆき)と辻仁成と武井壮は西側白人の機嫌を損ねるのが怖い。

 西村博之(ひろゆき)と辻仁成と武井壮は西側白人の機嫌を損ねるのが怖い。大和民族がフランス国民の欧州人を批判する時、欧州人が有色人に批判されたことに腹を立てるかもしれない。そして、彼らは日本人を嫌うかもしれない。西村博之(ひろゆき)と辻仁成と武井壮はその感情を何よりも恐れる。

西村博之(ひろゆき)と辻仁成と武井壮は彼ら自身のみが白人に嫌われなければ、その他の大和民族が人種的に侮辱されようが、虐殺されようが、暴力を振るわれようがどうでも良い。彼らは白人の機嫌を損ねる大和民族の行為のみを嫌うので、彼らは白人への批判それ自体を必死に妨害し始める。