なぜ関西人は相手のことを自分と呼ぶのか?〜渡来人の子孫の性質〜

大和民族
https://twitter.com/tsuda/photo
広告

 関西地方では,なぜ「自分」が二人称になるのでしょうか? 「問われても困る」といわれるかもしれませんが。気になります。 「自分」を一人称で使うのは,何となく分かるんですよ。「私=自分」ですから。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1312937993

 関西人は相手のことを自分と呼ぶ。彼らの行為は非常に奇妙であり、渡来人の子孫を連想させる。以下では、俺はなぜ関西人は相手のことを自分と呼ぶのかを提示する。

広告

自他境界の曖昧さ

 自他境界の曖昧さ:関西人は相手を自己から分離させることができない。

 関西人は相手を自己から分離させることができない。彼らは自己と非自己の区別をつけることができないので、彼らは相手を自分と呼ぶ。これは文字通り相手のことを「自分」と感じている。

関西人は自己を持っていない。関西人は彼ら自身の視界の中に映る他者を他者と認識できない。関西人は彼ら自身の視界の中に映る他者を自分と本当に感じている。

この種の自他境界の曖昧さは南部の大陸東洋人や東南アジア人に頻繁に観察される。彼らもまた自他境界を持っていないので、彼らは他人のお金と自分のお金を区別できない。その結果、彼らは他人のお金を「自分」のお金と感じるらしい。

渡来人の子孫の性質

 渡来人の子孫の性質:もしある対象が相手を自分と呼ぶならば、その対象は相手を自分と区別していない。

 もしある対象が相手を自分と呼ぶならば、その対象は相手を自分と区別していない。名詞的に表現すると、もしある対象が相手を自分と呼ぶ対象であるならば、その対象は相手を自分と区別していない対象である。

渡来とは、相手を自分と呼ぶ対象である。関西とは、相手を自分と区別していない対象である。上記の推論を書き換えると、もしある対象が渡来であるならば、その対象は関西である。