後藤弘子・千葉大学大学院教授〜「同意なき性交は犯罪にすべき」日本学術会議〜

大和民族
広告

 10日に法務省で開かれた性犯罪に関する刑事法検討会で、日本学術会議が「同意がない性行為は犯罪とすべき」とする提言を示した。

https://news.nicovideo.jp/watch/nw8439751

 後藤弘子・千葉大学大学院教授はおそらく異人種や異民族によってきちんと評価された英語論文を持たないホモ・サピエンスである。俺が彼女の発言を聞いた後、俺は彼女は大和民族に典型的な話し方をしていると審判した。以下で、俺は彼女の発言の問題点を提示する。

広告

1章 性規範と文明

 事実 人種や宗教や文明が異なるとき、性規範それ自体が異なる。

 人種や宗教や文明が異なるとき、性規範それ自体が異なる。だから、スウェーデンの性規範を日本国に持ち込むことはキリスト教の押し付けであり、宗教的な侮辱である。それは悪(レッドカード)である。その行為はユダヤ教徒のイスラエル国民やイスラム教徒のサウジアラビア国民に仏教的な性規範を持ち込んでいるような状態である。

後藤は宗教や文明それ自体を生得的に認識する能力を持たないホモ・サピエンスである。だから、彼女はイケメン・美女のスウェーデンを「引用する」。彼らはキリスト教の性規範に沿って生きているので、キリスト教徒でない東洋人が彼らの性規範を受け入れることはない。

その行為は卓球選手がサッカーのルールを都合よく受け入れるような状態である。また、大和民族は何か不満があると、白人国家を引用するが、その行為には、彼らは白人になりたいという強い願望が存在する。あるいは、彼女らは白人を引用すれば、大和民族は白人にビビって、黙ってくれると予想するので、彼らは白人を引用する(アインシュタインが言っていたからと同じ話法)。

2章 整合性の欠如

 事実 後藤の発言は整合性を持っていない。

 後藤の発言は整合性を持っていない。例えば、後藤はスウェーデンの性規範を持ち出して、彼女は日本国の法律を変えようとしている。この行為は都合がよく、恣意的であり、整合性を持たない。

卓球選手が都合よく、サッカーのルールや価値観を持ち込むならば、その時、その競技は崩壊する。同様に、キリスト教的な性規範を日本国に持ち込むならば、その行為は整合性を持っていない状態である。整合性がないことは悪(レッドカード)である。

 後藤の発言は左の画像の状態に近い。左の画像には、整合性が一切存在しないので、ぐちゃぐちゃである。後藤の発言は見栄えの良いスラム街と同じであり、ぐちゃぐちゃである。

整合性に関する話は「ここ」から読むことができる。大和民族は整合性それ自体を認識できない劣等な下等生物である。

3章 法律は他人を罰するものでない

 俺が後藤を見た後、俺は彼女は私怨で動いていると審判した。しかし、彼女の行為は悪(レッドカード)である。法律は他人を罰したり、懲らしめたりするものでなく、行為に対する公平な審判を下すものである。

大和民族の男性が嫌いや白人に生まれなかったことの腹いせや八つ当たりで、性犯罪を厳罰化することは悪い(レッドカード)。後藤は日本国から独立して、彼女は自分自身で国家と彼女の法律を形成すれば良い。日本国民の大部分はこの種の金銭的な不良債権やキリシタン大名は不要であると審判する。

男性の大部分はホモ・サピエンスの雌雄には法律を扱えないと審判してきた。俺が後藤の発言の整合性の無さと男性を罰したいという動物的本能を見ると、先人の審判はそれほど間違いでなかったと審判する。もしサッカーの審判が選手を罰したいと感じたならば、その時、その審判は試合に関係すべきでない。

タイトルとURLをコピーしました