なぜ関西人(大阪)はブスやブサイクが多いか?

大和民族
https://unsplash.com/photos/O4A-zGH8u-Y
広告

 関東の人と関西の人って顔立ちが明らかに違くないですか? この前東京の従兄弟が大阪に引っ越したので、大阪に遊びに行きました。 言葉は悪いですが大阪は不細工な人がたくさんいてびびりま  した。 なんか顔が平たいし、一重だし、ゴツゴツしてるし、千原ジュニアみたいな気持ち悪い顔の人がたくさんいました笑

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1187893956

ase********さん 2014/1/1314:21:59 関西人は不細工多いです

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10119396005

 関西人とは関西部族の要素である。関西部族は大和民族の部分集合である。しかし、関西人は標準的な大和民族と強い部族的な違いを持っている。この違いは気質や文化だけでなく、外見的な違いも持っている。

特に、関西人はブサイクで醜いと指摘されてきた。そして、この指摘は実際である。俺もまた関西人の肉体のデザイン、特に顔のデザインは劣等であると審判する。以下では、俺はなぜ関西人(大阪)はブスやブサイクが多いかを提示するつもりである。なお、関西人だけでなく、大和民族、もっというと東洋人全体の肉体のデザインそれ自体が劣等である。

広告

理由

社会性の欠如

 俺の認識 関西人は自己の社会性を持っていないので、彼らの肉体のデザインは劣等であってきた。

 肉体のデザインや街のデザインは社会性の産物である。だから、もしある主体が自己の社会性を持っていないならば、その主体は自己の肉体のデザインを発展させることができない。関西人を見ればわかるように、彼らは自己の社会性を持っていない。だから、彼らの肉体のデザインは劣等である。

一般的に、コーカサス人種の肉体のデザインが優れているのは彼らの社会性の産物の結果である。彼らの社会では、肉体のデザインだけでなく、街のデザインも文字のデザインも優れている。彼らは彼ら自身の社会を彼ら自身で作るという意志(力)を持っている。一方、関西人はそうでない。

善悪の欠如

 俺の認識 関西人は自己の善悪を持たず、自己の肉体のデザインが劣等であることを悪いと判断することができない。

 関西人は自己の醜さを悪いと判断することができない。だから、彼らの肉体のデザインはいつまでも劣等である。関西人は彼らの容姿の劣等さを指摘された後、彼らは笑いでそれをごまかそうとする。もし彼らの容姿が劣等であるならば、彼らはそれを真剣に改善すべきである。しかし、彼らはくだらない笑いに逃げたり、彼らは関西の状況を実況しようとする。その結果、彼らの容姿はいつまでも悪いままである。

加えて、関西人は物事を真剣に思考できない。この性質は沖縄やフィリピン人の性質に非常に似ている。彼らもまた物事を真剣に思考できないので、彼らは笑ってごまかす。または、なんくるないさと言って笑ってしまう。その結果、彼らの容姿はいつまでも悪いままである。彼らは東洋小人種の肉体のデザインがどうあるべきであるかをきちんと思考できない。

認識の欠如

 俺の認識 関西人は自己の認識能力を持っていないので、彼らはいつまでもブサイクである。

 この性質は大和民族の科学者や数学者にも言える。彼らはそもそも彼ら自身の肉体のデザインの劣等さを彼ら自身で認識することができていない。だから、彼らは自己の肉体のデザインをいつまでも改善しようとしてこなかった。この認識能力の欠如と善悪の判断の欠如が関西人の肉体のデザインの劣等さを二重の意味で導いてきた。

幼稚

 俺の認識 関西人は幼稚であるので、彼らはいつまでもブサイクである。

 幼児の知的能力は未発達である。だから、彼らは自己の肉体のデザインに執着しない。けれども、思春期になると、彼らは自分の顔に興味を持つようになる。人々は自己の顔に(もっとこうなれば良いなぁなどと)何らかの劣等感を覚えたことがあるだろう。

しかし、関西人は幼稚であるので、自己の肉体のデザインに無関心であってきた。この状態はチンパンジーやチンパンジー水準の知能指数しか持たない幼児と同じである。また、上記でも述べたが、幼児もチンパンジーも自己の正常な認識や自己の善悪を持っていない。だから、彼らは自己の肉体のデザインの劣等さをきちんと認識して、その状態を悪いと判断することができない。この状態も関西人と同じある。

理由その2

説明(実況)

 俺の認識 関西人は自己の醜さを相手に説明して、相手に納得や共感してもらって、安心感を獲得しようとする。

 関西人は事情を説明して、何もしない。彼らは彼ら自身が醜い事情を説明して、何もしない。その結果、彼らはいつまでも醜い。俺の印象では、関西人は事情を説明すると、安心感を覚えるように見える。

預言者気取り

 俺の認識 関西人は預言者を気取るが、何もしないので、いつまでもブサイクである。

 関西人は未来予想や意味深な予言ばかりを繰り返す。彼らは予言や未来予想ばかりを繰り返すが、彼らはレッド・カードを出さないので、彼らの容姿は悪いままである。彼らは何もしないために、彼らは彼ら自身の容姿の醜さを慰めるために予言や未来予想をする。

上記の人間は確実に関西人(大阪的?)である。彼は動物と同じで善悪の判断を下せず、死生観を持っていない。上記の関西人を見ればわかるように、彼は物事を真剣に思考できない、同意や共感を求めるような女々しい話し方を好む。

もし関西人が上記のような話し方をし続けるならば、日本人は関西人を放棄すれば良い。彼らは生きる意志を持っていないように見える。結局、彼は人間よりも動物に近いので、モンゴロイド人種が滅亡することが良いか悪いかを判断できない。

3 解決案

 解決案 もし関西人が自己のデザインに関する善悪を下し、かつ強い意志を持つならば、その時、彼らのデザインはより優れる。

1 善悪の判断から始める 

 関西人は肉体のデザインが良いか悪いかをまず始めに判断する。その後、彼らは肉体のデザインを整備する。俺にとって、肉体のデザインが劣等であることはレッドカードである。

2 笑いに逃げない

 関西人は笑いに逃げないように努める。俺の憶測では、彼らは彼らの不安に弱い。だから、彼らは笑ってごまかす。この時、肉体のデザインは改善されない。

3 強い意志

 関西人の意志は薄弱である。彼らは肉体のデザインを洗練させるという強い意志を持つべきである。デザインは彼らの意志によって設計される。

 

大和民族
広告
俺らについて