日本人平均身長の低下と妊婦のダイエットの問題点[白人コンプ]

大和民族について

日本医科大学の研究チームは、妊娠中の母親のダイエットによって、子どもの成人後の身長が低くなるメカニズムを解明したと発表しました。

これまで、妊婦がダイエットをすると、生まれたときの体重が2,500gに満たない「低出生体重児」が生まれる可能性が高まり、また、そのうちのおよそ10%が、成人後も成長が追い付かず、低身長になることがわかっていました。

日本医科大学の研究チームは、その低身長のメカニズムを解明し、さらに、その影響は、孫、そしてひ孫、さらには玄孫の代まで及ぶことがわかったといいます。

https://www.tv-tokyo.co.jp/news/original/2020/02/04/009239.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

 上記の速報では、日本人の平均身長の低下が指摘された。俺は科学者や医者の分析に賛成する。しかし、彼らの分析には、問題が存在する。

1:科学者の分析の問題

1:善悪の判断の欠如

 たとえ科学者や医者が低身長を報告するとしても、日本人の低身長は治らない。なぜなら、日本人は身長が高いことを正当であると判断できない。日本人に必要なのは善悪の判断であり、肉やカルシウムでない。

2:自由意志の問題

 日本人は彼ら自身の身長を彼ら自身で形成しようとしない。彼らは古典力学によると、自然界には自由意志が存在しない。だから、日本人がチビでブサイクなのは仕方がない、しょうがないと感じてきた。たとえ科学者や医者が低身長を警告するとしても、日本人女性のダイエットや低身長かは止まらないだろう。

3:デザインの概念の欠如〜デザイン不感症〜

 日本人はデザインの概念を持っていない。だから、日本人は彼らの東洋人としてのデザインを整えるという発想を持っていない。だから、日本人女性の妊婦はダイエットをしてしまう。

2:低身長だと、、、

1:白人コンプ

 低身長だと、白人コンプになる。江戸時代の日本人は肉食を避けたので、低身長かした。その結果、英国の高身長の白人に劣等感を覚えた。日本人は善悪の判断を下せないので、彼らは歴史から何かを学べない。また同じ失敗を繰り返そうとしてる。

2:デザインの劣等さ

 東洋人の肉体のデザインは劣等である。だから、せめて身長や体格くらいは洗練させるべきである。俺が何回言っても、東洋人はデザインを認識できないので、彼らのデザインを整えようとしない。

3:解決案

1:善悪の判断を決定しよう

 日本人は身長が高いのが良いか悪いかを決定しよう。俺は高身長は正当である。高身長は正しいと判断する。

2:デザインをどうしたいか?

 日本人はデザインをどうしたいかをきちんと決定すべきである。俺は長身ですらっとした体型を好む。また、俺は広い肩幅を好む。

タイトルとURLをコピーしました