数学者の岡潔と大和民族の多神教について

大和民族
https://ja.wikipedia.org/wiki/岡潔
広告

 岡潔はすごい数学者であるらしい。俺が岡潔に対する大和民族の行為を見るとき、俺は大和民族は多神教的であると審判する。以下では、俺は数学者の岡潔と大和民族の多神教について述べる。

広告

数学者の岡潔と大和民族の多神教

岡潔

 岡潔岡潔は大和民族によって多神教における神様として崇拝されている。

 岡潔は大和民族によって多神教における神様として崇拝されている。一般的に、大和民族の科学者や数学者に対する大和民族の振る舞いは多神教的である。しかし、大和民族は彼ら自身が多神教徒であると自己認識していない。

一般的に、大和民族は無宗教であると指摘されてきたように思える。けれども、俺は大和民族は無宗教でなく、無自覚的な多神教であると審判する。これは創造主それ自体を信仰しない大和民族の科学者にも言える。彼らは創造主を信仰しないが、あらゆるものと神(精霊)として崇拝してしまう。

大和民族は岡潔の業績や行為を “分析” するのでなく、それらを崇拝してしまう。ひどい場合には、大和民族は岡潔の随筆を読んで、岡潔を一種の預言者として崇拝してしまう。岡潔は数学の能力を持っていたのかもしれないが、社会における預言者としての才能は持っていなかっただろう。

大和民族の多神教

 大和民族の多神教:大和民族の多神教では、岡潔の発言や行為は善であり、岡潔の発言や行為に反する発言や行為は悪であると大和民族によって感じされる(判断される)。

 大和民族の多神教では、岡潔の発言や行為は善であり、岡潔の発言や行為に反する発言や行為は悪であると大和民族によって感じされる(判断される)。俺が岡潔の行為を電街で調べた後、俺は岡潔は精神的におかしいか、安易に肯定されるべきでない奇行が観察されると審判した。

けれども、多神教では、岡潔という神の存在や状態や行為は常に善である。そのため、岡潔の行為に対する言及、特に批判的な言及は神に対する冒涜になる。その結果として、部外者が岡潔の行為を批判するとき、この種の崇拝者は宗教的に怒り狂って、こちらに突進してくる。または非常に不機嫌になるか、嫌がらせを繰り返す。

もし岡潔の奇行が実際であったならば、正常な人々は岡潔は何らかの知的障害や精神障害を持っていたのでないかと疑う。けれども、大和民族の数学者の一部は岡潔の行為を崇拝してしまう。この種の行為はインドにおける象皮症の患者をヒンドゥー教における神様として崇拝する行為に似ている。

一般化

 一般化:大和民族は数学者や科学者を神として無自覚的に崇拝してきた。

 大和民族は数学者や科学者を神として無自覚的に崇拝してきた。さらに、大和民族は数学や科学を神として無自覚的に崇拝してきた。部外者が大和民族の科学者や数学者を言及(批判)するとき、大和民族の科学者や数学者は怒り狂い、嫌がらせを繰り返してきた。

この種の行為は熱心なイスラム教徒が彼らの創造主を批判されると、怒り狂い、殺害予告を繰り返すような行為である。けれども、大和民族は彼ら自身が多神教であると感じていない。多神教では、あらゆるものが神として崇拝される。

例えば、木は神木になり、木の存在や木の状態それ自体が善になる。木に対する伐採は神の存在を否定したり、神の状態を変化させる(=神の状態に反する行為)と信仰される。その結果、たとえ神木が道路にはみ出しているとしても、業者はその木を伐採できなくなる。