木下喬弘(mph_for_doctors)は医師免許を持っているのか?〜手を洗う救急医のTakaとHPVワクチン〜

大和民族
https://unsplash.com/photos/_ts3NfjvaXo
広告

 俺は木下喬弘を信用していなく、強烈な胡散臭さを感じる。俺は木下喬弘の発言を読んだ後、俺はこの人間は本当に理系であるのかと感じた。加えて、俺は木下喬弘の頼りなさを見た後、俺は木下喬弘は本当に医師であるのかを疑うようになった。

以下では、俺は木下喬弘を含む大和民族の医師に関する問題点を提示するつもりである。なお、俺はワクチン自体には反対でないが、大和民族の医者や科学者や数学者、弁護士や報道機関には強烈な不信感を覚えてきた。また、木下喬弘西浦博と同じ “関西人” であるだろう

広告

木下喬弘

医師免許

 俺の判断 日本国の医師は彼ら自身が医師免許を持っているのかを彼ら自身の言葉で表現する必要がある。

 俺が木下喬弘の発言を見た後、俺は木下喬弘は本当に医師であるのかと疑問に思った。彼の言動はどこか頼りなく、危険な感じが漂っている。加えて、木下喬弘は「俺は医師免許を持っている」とはっきりと表現しない。

個人的には、俺は日本国の医師は彼ら自身が医師免許を持っているのかを彼らの言葉で表現するべきであると審判する。俺は医師免許について知らないが、俺は木下喬弘の医師免許の取得時期や研修?した病院などを彼の口から直接的に知りたい。

電街の上の大和民族の医師は医師であることを匂わすが、彼らは彼ら自身が医師免許を持っているのかをはっきりと表現しない。だから、俺らが胡散臭い医師を見るとき、俺らは彼らは本当に医師免許を持っているのかを知りたくなる。当然、俺は厚生労働省の電子場所で検索すると、木下喬弘の名前が表示された。

宗教

 俺の判断 木下喬弘は自己の宗教を明らかにする必要がある。

 木下喬弘はHPVワクチンに関する社会活動を実行してきた。この活動は科学や数学でない。大和民族の医者は自己の宗教を明らかにせずに、社会的な活動を実行しようとする。その結果、俺は木下喬弘がどの系統の善悪を持っているのかすらわからない。

加えて、俺らは木下喬弘がどの宗教系統の社会を日本国へ実現したいのかすら知ることができない。例えば、木下喬弘がワクチンに関する社会的な活動を実行するとき、俺は木下喬弘がワクチン接種行為をどの宗教系統の善悪から善と判断しているのかを知りたいと感じた。

誰も木下喬弘はキリスト教の善悪からワクチン接種行為を善と判断しているのか、儒教系統の善悪からワクチン接種行為を善と判断しているのかを知ることはできない。自然界や数学的な世界には、善悪は埋め込まれていないので、宗教によって正当化される善悪が必要になる。

 もし医者や科学者、数学者が何らかの社会的な活動を実行するならば、俺らは彼らがどの系統の善悪を持っているのかを知りたいと感じる。加えて、俺は木下喬弘がキリスト教系統の社会を日本国へと実現したいのかも知りたい。木下喬弘は自己の宗教も目的(あるいは意思表示)も何もしないので、信用に値しない。

刑罰

 俺の認識 もし木下喬弘が法を逸脱する怪しいお金に関するやり取りを実行したならば、木下喬弘は法で罰されて、かつ彼の医師免許は剥奪されるべきである。

 木下喬弘は信用できない医者として疑われてきた。実際、木下喬弘は本当に医者であるのかとも疑われてきた。さらに、電街では、木下喬弘は製薬会社からお金を受け取って〜という陰謀論まで囁かれている。

この種の噂が正しいのかは不明である。けれども、俺もまた木下喬弘が少し “怪しい” のは事実であるように見える。木下喬弘の発言は医者としても心許無く、かつ物事を笑って誤魔化す、関西人的な習性がある。さらに、上記でも「ずっと打ったフリをしてました!笑」というワクチン推進者としては絶対にいうべきでない呟きを投下した(現在では消去されていてアーカイブとして記録されている)。

彼の発言や行為を見ると、俺は木下喬弘が実行してきたHPVワクチンそれ自体を信用することができないと勘ぐる。木下喬弘が怪しいお金のやり取りを疑われてしまうのは、自然であるように見える。俺自身はワクチンそれ自体に好意的であるが、俺は木下喬弘の活動を信用しない。

大和民族の医者

問題点

 俺の認識 大和民族の医者は統治者ごっこを実行してしまう。

 この性質は医者だけでなく、学者や弁護士にも応用される。大和民族の医者、特に関西人の医者は「〜しないと、医療崩壊が来るぞ!」と祟りを予言して、民の恐怖や不安に漬け込んで、民を扇動しようとする。しかし、医者は人体の修理者であり、統治者でない。

電街、特にツイッターを見ると、大和民族の医者はまるで民の統治者のように振る舞う。大和民族の医者は統治が何であるかを審判できないので、彼らは統治者を責任者や後始末をつけてくれるパパと感じているように見える。

大和民族の社会では、単なる人体の修理者が統治者を担おうとする。言い換えると統治者ごっこを実行してしまう。民の不安に漬け込む悪質な預言者や祟りが落ちることを強調するカルト宗教の教祖化する。

続き

 上記でも述べたが、大和民族の医者が民を統治するならば、彼らは統治の正当性に関する問題を考える必要がある。例えば、ユダヤ教徒のイスラエル国民は仏教の善悪や法によっては統治されないだろう。もし大和民族の医者が統治者になりたいならば、彼らは自己の宗教を明らかにする必要がある。

その後、彼らはその宗教系統の善悪を使用して、法をその善悪を基盤として作り、その法で民を統治する必要がある。卓球選手がサッカーのルールによって統治されない。この種の考えは法による支配や法治主義に関する考えである。

大和民族の医者は統治者としては本当に無能である。だから、彼らは民を医学的な知識や不吉な予言や祟り論法、恐怖を煽ったり、酷い場合は脅しや脅迫や恫喝で統治しようとする。例えば、「〜しないと、医療崩壊が来るぞ」や「〜しないと、死ぬぞ!」などである。この祟り論法を繰り返すと、民は医者に対する強烈な不信感を持って、医者も医学も信用しなくなる。

続き

 本来であれば、大和民族の医者は自己の政策を提示する。その後、大和民族の医者はなぜその政策が善であるのかを彼らの善悪で正当化する必要がある。しかし、大和民族の医者は誰も彼ら自身の政策を提示して、かつその政策の善悪を正当化できない。

なぜなら、政策の提示や政策の善悪、そしてその善悪の正当化は医学や科学それ自体でない。「宗教→善悪→法→民の統治」であるので、宗教や善悪や法の部分が苦手であると、統治者としての才能はないと言って良い。

統治者として無能な医者は政策それ自体を提示できない。次に、彼らは自己の宗教を持っていないので、彼らは政策の善悪を彼ら自身で正当化できない。その結果、彼らは知識の披露や人間の不安や恐怖に漬け込んで、民を支配しようとする。彼らは表面的には政治家でないので、この種の行為をしても何の責任も取らず、何も咎められない。

大和民族の医者に関する一般的な問題

勘違い

 俺の認識 大和民族の医者は白人から授けられた医学を適切に消化しただけであるのに、彼らは自分は偉いと勘違いているように見える。

 上記の特徴は医者だけでなく、弁護士や学者にも応用される。彼らの特徴は先生、先生と呼ばれて、煽てられてきた。酷い場合には、彼らは互いを互いに先生、先生と呼び合って、気持ちよくなっている。彼らは西側白人との中間種や自称スペイン系フィリピン人が日本列島の上で人種的に高慢に振る舞い、原住民を見下してきた様子に似ている。

しかし、医者だけでなく、弁護士や学者も、そして西側白人との中間種も白人の文明や遺伝子に乞食してきただけの動物であってきた。彼らは西側白人と結婚した大和民族の雌がなぜか有色人を人種的に侮辱するような状態である。これは日本国の統治者(政治家)にも言えて、白人に社会システムを作ってもらっていて、彼ら自身は自分では何もできない。

木下喬弘も自己の文明や自己の社会システムを彼自身で作ってきて集団の要素でない。けれども、木下喬弘は先生と呼ばれて、まるで貴族のように振る舞い、平民によって表面的にはペコペコ煽てられてきた。しかし、木下喬弘が自己の何かを彼自身で形成してきたわけでなく、白人様の業績を消化してきただけであるので、自分で何かをやらせると、「ずっと打ったフリをしてました!笑」を言ってしまう。結局、木下喬弘は医学もワクチン推進活動も白人様にやってもらわないと、何もできないように見える。

無責任

 俺の認識 大和民族の医者は無責任であり、社会的な事故を引き起こしても知らんぷりである。

 上記の性質は医者だけでなく、弁護士や学者にも言える。大和民族の社会では、先生と呼ばれる動物は本当に無責任である。責任が何であるのかは人種や宗教に応じて異なるが、ここでは、俺らは責任を自己の行為に対する応答義務、または後始末の能力と仮定する。

大和民族の医者はたとえ自己の言動が社会的な事故を誘発するとしても、彼らはその事故からひき逃げしたり、言い逃れを実行する。彼らは自己の行為の善悪を彼ら自身の宗教で正当化することすらしない。俺の印象によると、彼らは「自分は真理を主張しただけ(だから、知らない。僕は悪くない)」と感じているように見える。

大和民族の理論物理学者も数学者の異常なまでの無責任さもまた、宗教の欠如だけでなく、この真理の主張に関係している。たとえ彼らが真理を主張したとしても、自己の(発言)行為が事故を導いたならば、彼らはその事故に対する応答義務と後始末の義務を実行する必要がある。けれども、彼らはひき逃げを繰り返してきた。「俺は知らない。俺は悪くない。だって、西側白人がそう言ってただけ」と関西人みたいに言って…。

会話できない

 俺の認識 大和民族の医者は他者と対峙的に会話できない。

 上記の性質は医者だけでなく、弁護士や学者にも言える。例えば、彼らは自己の宗教や自己の所属文明、自己の認識や自己の判断や自己の善悪を彼ら自身の言葉で表現しない。それだけでなく、彼らは自己の人種も自己の民族も、そして自己の出身も自己の国籍も自己の出自も明らかにしない。それでは、会話できないが、彼らは会話が何であるのかを認識できないのだろう。

けれども、彼らは何か言ってくる、彼らは何を引用してくる、彼らは何か予言してくる、彼らは何か、知識を披露してくる。彼らは「君の宗教は何であるのか?」、「君はどの文明に所属しているの?」、「君の認識は何であるのか?」、「君の判断は何であるのか?」、「君の善悪は何系統であるのか?」、「君の人種は何であるのか?」、「君の民族は何であるのか?」、「君の出身は何であるのか?」、「君の国籍は何であるのか?」…彼らはこの種の質問に生得的に回答できない。

一般的に、大和民族の医者は “エリート” であるらしいが、彼らはこの種の簡単な問いにも回答できない。その結果、彼らは会話できない、または意思疎通(意志伝達)ができない動物であるとみなされる。彼らは非常に難解な医学知識を早口で引用するが、医学知識は自己でない。彼らはまともに会話できないのに、ワクチン運動や統治、社会運動に関係しようとするので、失敗する。対峙的な会話能力の低さは外交や文明の衝突、日常的には社会運動や政治運動において明らかになる。

大和民族の問題点

アイドルの推し

 俺の認識 木下喬弘はアイドルの推しのようになっている。

 木下喬弘はいわゆる “イケメン” である。おそらく、木下喬弘は彼のHPVワクチンを推進するために、容姿の良い対象として選択された。その結果、木下喬弘は推しのアイドルようになってしまっている。しかし、木下喬弘の容姿と木下喬弘の社会活動の正当性には、何ら関係がない。

一般的に、大和民族は人間でなく動物に近いので、彼らはまともな社会を形成できない。だから、大和民族に社会を作らせると、政治も社会運動もジャニーズやAKBのようなアイドルの推しのようになってしまう。HPVワクチン推進に関する活動は非常に真剣な活動であり、木下喬弘自信をイケメンアイドルとしてちやほやする活動でない。