加藤文元の辞職〜東京工業大学理学院数学系と数学者〜

広告

結論から言うと、私は今年の9月末で東工大を辞職します。大学を変わるのではなく、今回は大学教授自体を辞めます。これからも研究は続けますし、講演・執筆活動や現代数学を普及するための活動は継続するつもりです。教授になってしばらくは研究に集中する時間がとれず苦労しましたが(続く)

https://twitter.com/FumiharuKato/status/1509530981715578886

 上記によると、加藤文元という数学者が辞職するつもりであるらしい。俺の印象では、彼はオタク的でなく、見た目も良く、非常に常識的な人物である。彼は大学だけでなく、民間人としても優秀であるように思える。にも関わらず、彼は辞職を決意した。

俺が加藤の呟きを読んだ後、俺の下衆の勘ぐりでは、俺は彼は大学それ自体が機能不全になりつつあるので、彼は大学から去る決意を実行したように思える。実際、彼は研究することができないと呟いていた。ただ、彼は彼の本音を隠しているだろう。

以下では、俺は大学の衰退に関する俺のソサエティ的な印象をなんとなく雰囲気で提示するつもりである。加藤のようなちゃんとした学者が辞めてしまうことは象徴的な事例になるかもしれない。^

広告

加藤文元

生物的な事実

 加藤文元の人種はモンゴロイド人種である。加藤文元の小人種は東洋小人種である。加藤文元の民族は大和民族である。加藤文元の部族はおそらく東北部族である。

加藤文元のY染色体ハプログループは不明である。D1a2系統であるか、O1b2系統であるか、O2a系統である可能性がある。東北地方では、Nも観察される。加藤文元のミトコンドリアハプログループは不明である。

人工的事実

 加藤文元の宗教は不明である。加藤文元の文明的所属は不明である。加藤文元の国籍は日本国籍である。加藤文元の職業は学者(研究者)である。加藤文元の言語は日本語(日琉語族である。

大学の衰退と没落

 以下では、俺は大学の衰退と没落について述べるつもりである。個人的な印象では、俺は大和民族の学者はソサエティの形成とその統治に失敗してきたと結論づける。また、俺は選手や現場が権力を持つという問題を提示するつもりである。

統治と社会形成の欠如

 俺は次のように審判した。大学教員は自己のソサエティを形成することができず、かつ自己のソサエティを統治・管理することができない。だから、大学は衰退して、没落した。

実際、大和民族の学者はどの文明系統のソサエティを形成しているのか、どの宗教系統のソサエティを形成しているのかすら外部から見ても不明である。彼らはどの宗教系統の善悪(レッドカード)や契約、富の規範や性規範を持っているのか、どの宗教や文明系統の統治を実行するつもりであるのかすら不明である。

白人社会では、白人はキリスト教やユダヤ教系統のソサエティを形成している。そこでは、彼らはキリスト教及びユダヤ教系統の善悪や契約、富の規範や性規範を持っている。そして、彼らは西洋文明やキリスト教系統の統治を実行している。

 大和民族の学者は彼ら自身のソサエティがどの系統のソサエティなのかすら気にしていないように思える。誰も彼ら自身のソサエティを形成できず、かつそのソサエティを統治しようする気を持っていない。この場合、当然、ソサエティがぐちゃぐちゃになり、誰も管理・統治できずに、研究時間を彼ら自身で作り出すことができないだろう。

俺の印象では、ソサエティの統治がうまく機能していないので、無駄な雑用や仕事が発散し続けるように思える。その結果、学者自身が彼らの研究時間を彼ら自身で消滅させ続けてきたように思える。

直接的な表現では、彼らは自己のソサエティもどきをその場の思いつきでデタラメに形成して、適当に管理してきた。そのような状態では、ソサエティの統治が正常に機能しないのは当然であるだろう。俺の印象では、彼らは自己のソサエティをちゃんと形成するつもりがあるのかすらと感じる。

欧米が男女平等って言ったので、男女平等にします〜みたいな感じで、ソサエティを統治しているように見える。その平等はキリスト教系統の概念であるが、彼らはキリスト教徒であり、彼らはキリスト教系統のソサエティを形成して、キリスト教系統のソサエティを統治するつもりであるのだろうか?

選手と現場

 また、大和民族は選手や現場が権力を持ち、統治者や形成者の真似事をデタラメに実行する。しかし、選手は運動業界を管理・統治することができないので、彼らは彼ら自身の業界を衰退させる。だから、大学が衰退して、没落した。大学でも、研究者という選手が先生と呼ばれて、偉くなってしまうので、ソサエティの統治者やソサエティの形成者がいなくなり、ソサエティそれ自体が衰退するように思える。その他には、弁護士や医者や学者がいわゆる選手である。

西アフリカ人の運動選手は選手としては優秀であるが、ソサエティの形成者や統治者としては優秀でない。実際、白人が運動業界の形成と統治を長い間担ってきた。そして、この状態は変化しないだろう。西アフリカ人の運動選手に統治や形成をやらせると、運動競技それ自体が崩壊するように、学者に統治や形成をやらせると、大学や学問それ自体が崩壊する。

上記は映画産業やIT産業にも応用される。技術者はあくまで会社における選手であり、会社はチームであり、産業でない。技術者も会社も産業もソサエティも彼ら自身で形成することができない。実際、技術者や会社に好き勝手にさせると、日本語はカタカナ用語で崩壊して、日本国の景観はぐちゃぐちゃのスラム街のようになっていて、言語公害や景観公害を撒き散らしている。邦画もゴミクズ。

 大学でも上記の現象が生じているように見える。学者は単なる選手であり、大学は会社に該当する。学者も大学も学術産業(業界)も自己のソサエティを作る能力を持っていない。しかし、単なる選手が先生と呼ばれて、まるで統治者のように振る舞うので、彼らのソサエティがうまく機能してこなかった。

実際、上記の加藤も研究の時間が取れないと嘆いている。しかし、加藤を含む学者は大学の自治を主張してきた。だから、彼らは彼ら自身のソサエティを彼ら自身で統治して、彼らの富と時間を彼ら自身で作り出す必要がある。けれども、俺の印象では、加藤はその能力を持っていない。なぜなら、彼は知的選手であり、与えられた対象を分析することができるが、彼はソサエティを創造したり、そのソサエティを統治・管理することができない。

電飛

 以下は加藤のwebsiteやツイッターである。

 以下は加藤による書籍である。

タイトルとURLをコピーしました