戦争と死生観

宗教機能
https://unsplash.com/photos/kj-QJkZMcv8
広告

 俺らが人間社会を形成するとき、俺らは死生観の形成を必要とする。そして、この死生観は戦争にも応用される。戦争に強い民族は善な死生観を持っている。

広告

戦争と死生観

戦争と死生観

 戦争と死生観:俺らはたとえ俺らが戦争で死ぬとしても、俺らの子孫が俺らのヌシの復活を実現するだろう信仰する。

 俺らはたとえ俺らが戦争で死ぬとしても、俺らの子孫が俺らのヌシの復活を実現するだろう信仰する。俺らはこの種の死生観を持って、戦争に臨む。

兵器としての死生観

 兵器としての死生観:俺らは戦争における死生観を一種の兵器と認識する。

 俺らは戦争における死生観を一種の兵器と認識する。この死生観では、俺らは死生観を戦争に勝利するための道具と認識する。現在、戦争における兵器はテクノロジーのみであると考えられている。けれども、この宗教では、俺らは戦争における兵器を死生観や善悪のようなソサエティを含めて認識する。

魂魄分割

魂魄分割

 魂魄分割:俺らは信仰者の集団を二分割して、一方を敵と共に道連れにさせる。

 俺らは信仰者の集団を二分割して、一方を敵と共に道連れにさせる。例えば、俺らは核爆弾を復讐として北米における欧州人へと落下させたい。この時、俺らは日本国や大和民族をn分割させて、そのうちの一つに核爆弾を持たせる。

その後、その分割された国家が北米における欧州人と核戦争を実行する。当然、その国家は北米における欧州人に勝利できないだろうが、その国家は北米における欧州人を道連れにできるだろう。普通に考えれば、この種の思考は現実できない。

けれども、俺らが適切な死生観を持つ時、俺らはこの種の自滅的な戦争を実行することができる。