ゲルマン語基層言語説は正しいか?〜Y染色体ハプログループIとY染色体ハプログループR(印欧語族)〜

欧州小人種
広告

 ゲルマン語基層言語説[1](Germanic substrate hypothesis)は、ゲルマン祖語の成立において、非印欧語基層言語が存在したという説である。インド・ヨーロッパ語族の文脈の中でゲルマン語の独特の性質を説明しようとするもので、他のインド・ヨーロッパ語族では認識されていないように見える一般的なゲルマン祖語の語彙と構文の要素に基づき、ゲルマン祖語は非インド・ヨーロッパ語族基層言語を包含したクレオール言語または接触言語であると主張する。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ゲルマン語基層言語説

 個人的には、俺はY染色体ハプログループIを持つ欧州人の言語は印欧語族でないかったと憶測する。以下では、俺はゲルマン語基層言語説は正しいかを俺の霊感で提示する。俺は欧州人の本当の言語はY染色体ハプログループIの言語であり、印欧語族でなかったと宗教的に結論づける。

広告

ゲルマン語基層言語説は正しいか

白人の基層言語は?

俺の霊感:白人の本当の言語はY染色体ハプログループIの言語であった。

 白人の本当の言語はY染色体ハプログループIの言語であった。個人的には、この言語が欧州人の言語であったように感じる。俺はまだ発見されていないY染色体ハプログループIの語族(I系語族または北欧語族)が存在するのでないかと勘ぐる。

また、俺の霊感によると、I系語族はセム語族に近かったように思える。なぜなら、資料を引用すると、Y染色体ハプログループIとY染色体ハプログループJは遺伝的にも近かった。もし俺らが互いに類似した遺伝子は互いに類似した言語システムを導くと仮定すると、IとJは互いに遺伝的に近いので、I系語族はセム語族に近いダロウ。

さらに、俺の個人的な印象では、北欧神話もまたY染色体ハプログループIとY染色体ハプログループRが入り混じったように思える。なぜなら、北欧神話の一部は、例えばラグナロクなど、セム系宗教に少し似ている。北欧神話にも、Y染色体ハプログループIの基層神話が存在するように感じた。

なぜY染色体ハプログループIは印欧語族を話すか?

 俺の霊感:氷河期の終わりの後、Y染色体ハプログループIは欧州へと侵入した印欧語族を持つY染色体ハプログループRに言語的に、かつ文明的に敗北した結果、Y染色体ハプログループIの言語が書き換えられた。

 氷河期の終わりの後、Y染色体ハプログループIは欧州へと侵入した印欧語族を持つY染色体ハプログループRに言語的に、かつ文明的に敗北した結果、Y染色体ハプログループIの言語が書き換えられた。ただ、I系語族の影響は基層言語として残ってきた。

現在、欧州人の言語は印欧語族である。印欧語族を系統的に持っていた民族はY染色体ハプログループRであった。そして、Y染色体ハプログループRはコーカサス人種系統のY染色体ハプログループでなく、モンゴロイド人種系統のY染色体ハプログループであった可能性もある。