日本人が白人コンプレックスである理由〜白人になりたい?

大和民族について
http://livedoor.blogimg.jp/qwowp/imgs/2/0/20caabd0.jpg

 日本人の白人コンプレックスは非常にひどい。中流層の日本人だけでなく、大栗博司や村山斉や河野太郎のような人間まで深刻な白人コンプである。

1:その理由は知能が低い

 日本人の白人コンプレックスの理由は知能が低いからである。日本人の大部分は白人と白人の肉体のデザインの区別を認識できない。だから、彼らの白人コンプレックスはひどくなる。

1:人間の本質とは何か

 肉体のデザインは人間にとって「重要である」が、人間の本質でない。日本人は人間よりも猿や家畜や奴隷やsubhumanに近いので、人間の人間の本質を白人の肉体のデザインの中に見る。その結果、日本人の白人コンプレックスは深刻になってきた。

 もし人間の本質が肉体のデザインであるならば、オリエント工業の美しい人形は人間であるので、その人形に対する破壊行為は殺人行為である。

 日本人の大部分は幼児的である。人間の本質について考えてこなかった。俺の憶測によると、彼らは人間としての知能を持ってこなかった。たとえ俺が上記の指摘を提示するとしても、彼らは俺の発言の意味を認識できないだろう。

2:白人の肉体のデザイン≠白人それ自体

 日本人の白人コンプレックスのひどさは白人彼ら自身を白人の肉体のデザインと考えているからである。白人の肉体は車体に対応して、白人の肉体のデザインの優秀性は車体のデザインの優秀性に対応する。

 車体には、カーナビやインターホンの画面が存在する。それが君の視界である。君はそのインターホンやカーナビの画面を見る。君は車体の運転手のようになものである。

 そして、その運転手こそが君の本質である。その運転手は「物質」でない。だから、君はその運転手の存在を信じて生きて来た。

「本当に大事なものは目に見えないっていうでしょう?」

3:自由意志の欠如

 自由意志の欠如も白人コンプレックスに拍車をかけている。彼らは彼ら自身の肉体のデザインを彼ら自身で改善しようとしない。彼らは彼ら自身の肉体のデザインや白人の肉体でのデザインが生得的であると錯覚する。

 白人のデザインが優れているのは彼らの先祖がデザインに関心を持ってきたからである。東洋人の知能指数が高いのは俺らの先祖が勉強してきたからである。

 日本人の大部分は自由意志の意味を認識できないので、彼らは深刻な白人コンプを抱える。この事実は日本人の肉体のデザインの問題でなく、日本人の知能の問題である。フィリピン人は白い肌の色を渇望するけれども、フィリピン人の問題が白い肌の色の問題でないように、、、

希望ってなんだろう?

 希望とは何か?希望とは何か?希望とは次である。

 たとえ君の肉体のデザインが世界一悪いとしても、君は絶望する必要はない。白人の遺伝子にたかる必要はない。なぜなら、君は自由意志を持っている。

 だから、君は君の肉体のデザインを君自身で創造できるだろう。そして、その創造行為こそが君の人間の本質であるのだから。君は君が憎むべき物質的世界の奴隷でない。

2:白人のモノマネしても白人になれないよ 

 日本人は重度な白人コンプレックスを抱えている。だから、彼らは白人の真似をして白人気分を味わうことで、彼らは彼ら自身がアジア人であることから逃避したい。

1:言語

 英語学習の本音も日本人は白人気分を味わいたいである。たとえ日本人が英語を話すとしても、日本人は白人になれない。しかし、猿はその事実を認識できない。

2:価値観や歴史、労働慣習

 寛容や人道や多様性や人権を賛美しても、日本人は白人になれない。グローバルを掲げて、白人の労働慣習を真似しても、日本人は白人になれない。たとえ日本人が白人視点を掲げるとしても、日本人が白人になれない。

3:政治制度

 たとえ日本人が自由民主制度に参加するとしても、日本人は白人になれない。たとえ日本人が自由主義(リベラル)に参加するとしても、日本人は白人になれない。

3:日本人は白人でなくフィリピン人に似ているよ

 日本人を見ると、日本人は白人でなくフィリピン人のような東南アジア人ににている。特に、彼らの白人に対する崇拝と変身願望がにている。さらに、日本人の幼稚さはフィリピン人のそれに対応する。

1:フィリピン人化する芸能界やモデル

 白人ハーフモデル(正確には、西側の白人)の存在は東南アジアを連想させる。東南アジア人は彼ら自身の肉体の自己デザインを彼ら自身で創造しない。彼らは手っ取り早く白人の遺伝子に集って、それを見せびらかそうとする。

 フィリピン人の猿性は彼らの肌の色でなく、彼らの知能や立ち振る舞いに現れる。日本人を含む東洋人はフィリピン人の肌の色を見下さない。彼らの知能の低さやたかり体質を見下す。

 フィリピン人は猿と同様に人間の本質や尊厳を考える能力を持たないので、白人の遺伝子にたかりそれを見せびらかして一生を過ごす。この振る舞いが猿や下等なオブジェクトを連想させる。

「フィリピン人って生きてる意味あるの?」

「白人になりたいなら、白人の養子をとれば?」

「混血すると、大好きな白人種も消滅するよ?」

 要するに、この種のフィリピン人は白人の遺伝子にたかって羨望の的で見られたい。そこに白人種に関する歴史的な義務や責任は一切存在しない。人生の意味も目的も人間としての尊厳も、そして人間の本質も、、、。

2;多様性に隠された心理

 日本人女性は国際かや多様性を掲げてきた。この意味は白人の遺伝子にたかっても批判しないでである。日本人女性の大部分は東洋人でなく東南アジア人、特にフィリピン人ににている。

3:白人の遺伝子やマウントしたい

 日本人女性は白人を実は好まない。彼女らは羨望の的で見られたいだけである。もし彼女らが白人を本当に好むならば、彼女らは白人と混血すべきでない。なぜなら、白人種は遺伝的に劣勢である。

タイトルとURLをコピーしました