岸田文雄の新たな資本主義(日本型資本主義)〜原丈人の公益資本主義と新自由主義から決別〜

大和民族
https://unsplash.com/photos/JhVLCDT9jXE
広告

 岸田文雄は新たな資本主義(日本型資本主義)を提示した。俺は岸田の意志に賛成して、かつ歓迎する。以下では、俺は資本主義及び株主資本主義に関する宗教的、かつ文明的な問題点を提示する。

なぜアメリカ合衆国は拝金主義であるのか?〜経済重視の国家観〜
 アメリカ合衆国は非常に拝金主義的な国家である。以下では、俺はなぜアメリカ合衆国が拝金主義的であるのかを提示するつもりである。アメリカ合衆国の拝金主義はシンガポールの拝金主義にも関係するだろう。理由自己の欠如 自己の欠如:アメリカ合衆国は自己それ自体を持たないので、拝金主義である。 アメリカ合衆国は自己それ自体を持たないので、拝金主義である。例えば、アメリカ合衆国の言語は英語であり、これは英国(アングロ・サクソン)の言語である。アメリカ合衆国の法制度は欧州由来である。アメリカ合衆国の統治制度(民主主義)は欧州由来であり、その制度も古代における地中海由来である。さらに、キリスト教は中東発祥である。キリスト教プロテスタント派もドイツ(欧州)発祥である。このように、アメリカ合衆国は自己それ自体を持たない。一般的に、もしある集団が自己それ自体を持たないならば、そのとき、その集団は一種の自己認識の崩壊に遭遇して、彼らの自己認識それ自体を求めるようになる。欧州と米国の違いは経済力と軍事力のみであるので、米国はその違い、つまり米国の自己認識を与え...
広告

資本主義と宗教

資本主義

 俺の認識 資本主義はキリスト教における富の規範(キリスト教系統の富の規範)である。

 一般的に、宗教や文明が異なる時、富に対する規範が異なる。富の取り扱い方や所有に対する認識や(善悪の)判断それ自体が異なる。つまり、x宗教はx系統の富の規範を授ける。また、宗教や文明が異なるとき、何が富であるのかも異なる。例えば、近世以降の西側キリスト教では、ホモ・サピエンスそれ自体が所有されて、ホモ・サピエンスが(奴隷として)富になってきた。

大和民族は資本主義や共産主義を気軽につぶやく。けれども、彼らは資本主義がキリスト教系統の富の規範に基づいてることを認識していない。資本主義とは、キリスト教系の富の規範の一つである。当然、共産主義も同様であり、キリスト教系の富の規範の一つやユダヤ教系統の富の規範の一つである。

大和民族の一部は、時に経営者ですら(株主)資本主義に違和感を覚えているように感じる。なぜなら、(株主)資本主義それ自体がキリスト教の価値観であるので、彼らは人種的かつ、宗教的な違和感を覚えている。資本主義の話は、宗教かつ文明、そして人種に関する話でもある。

問題点

 俺の認識 大和民族はキリスト教徒でないのにも関わらず、彼らは資本主義に所属している。

 大和民族はキリスト教徒でないのに、なぜか彼らはキリスト教系統の富に規範に賛成している。当然であるが、この時、大和民族の富や所有行為の主導権がキリスト教徒の西側白人によって間接的に握られることになる。つまり、彼らはキリスト教系の富を所有して、キリスト教系統の所有行為を実行している。

本来であれば、大和民族は自己の宗教(神道や儒教)や文明(東洋文明)から授けられる富を規範を持つ必要がある。そして、彼らは彼らの富に関する主導権をキリスト教によって握られないように注意する必要がある。

俺の印象では、岸田文雄は原丈人の公益資本主義の影響を受けているように感じた。だから、岸田は日本型資本主義という単語を提示したはずである。しかし、彼らは本当は “東洋文明系統の富の規範” を提示する必要がある。もし彼らが自己の宗教や自己の文明系統の富の規範を提示することができないならば、その時、彼らの試みは失敗するだろう。

株主資本主義

 俺の認識 資本家が人間の集合(会社)を所有することは奴隷貿易を導く。

 大和民族の一部は会社は株主のものであると主張する。けれども、もし株の考えそれ自体が人間や人間の集合を所有するならば、その時、その考えは奴隷貿易それ自体である。この状態は西側白人が黒人奴隷が詰まった船を所有することに似てる。

大和民族は自己の富の規範を持たないので、所有行為それ自体も認識していない。そのため、彼らは奴隷が何であるのかも認識することができない。俺の認識では、奴隷とは、所有されるホモ・サピエンスである。

宗教的には、俺はホモ・サピエンスを所有することそれ自体を悪いと判断する。だから、俺は会社の所有行為それ自体を悪いと判断する。ホモ・サピエンスの集合(会社)を富と定義するのかは宗教や文明に依存する。個人的には、俺は会社やホモ・サピエンスの集合を富と認識しない。個人的には、俺は無生物及び類人猿及び知的生命体を除く動物を富と認識する。

新たな資本主義の前に

富の規範

 俺の認識 x系統の富の規範を明らかにせよ。

 xには、宗教または文明が代入される。岸田文雄は儒教系統(東洋文明系統)の富の規範を実行するのか、キリスト教系統(西洋文明系統)の富の規範を実行するのか明らかにせよ。誰も岸田文雄の富の規範がどの宗教やどの文明に所属しているのか知ることができない。この状態では、岸田文雄の新たな資本主義は失敗するだろう。なぜなら、彼の行為は戦争目的が曖昧な状態で無謀な戦争を実行するような行為である。

岸田文雄は次のようにいう必要がある。岸田は「俺は儒教系統の富の規範を持っている。だから、俺は儒教系統の富を認識して、儒教系統の所有行為を実行するつもりである」と言う必要がある。一般化すると、岸田は「俺はx系統の富の規範を持っている。だから、俺はx系統の富を認識して、x系統の所有行為を実行するつもりである」と言う必要がある。

書籍

公益資本主義(原丈人)

「公益」資本主義【電子書籍】[ 原 丈人 ]

価格:897円
(2021/10/4 21:41時点)
感想(0件)

 俺の印象では、岸田は原丈人の公益資本主義の影響を受けているように感じる。電子書籍でなく、紙の書籍は「「公益」資本主義 英米型資本主義の終焉 (文春新書) [ 原 丈人 ]」からどうぞ。