理系は優秀か?三菱UFJフィナンシャル・グループ新社長の亀澤宏規(メガバンク初の理系社長)〜東京大理学部数学科で整数論(大学院修了)〜

大和民族
https://bunshun.jp/articles/-/40228
広告

 「金融を取り巻く環境は大きく変化している。自由に議論して意見を出し合える雰囲気を作っていきたい」。記者会見では改革の必要性を何度も強調した。県立宮崎西高校を経て東京大理学部数学科を卒業。整数論を専攻し大学院まで修了した異色の経歴だ。就職活動では「なぜ銀行なのか」と何度も聞かれたが「銀行は日本経済の血流。社会に貢献したい」と訴えて1986年に入行した。

https://mainichi.jp/articles/20200121/ddm/008/020/095000c

亀沢氏は指名・ガバナンス委員会の承認を受けて4月に就任する。東京大学の理学部数学科の出身で、1986年に三菱銀行(現三菱UFJ銀)に入行した。為替や債券の売買を担う市場部門に長く在籍した。融資管理の責任者などを経て、14年から米ニューヨークに駐在し、海外での管理能力も高めた。16年からは持ち株会社、銀行の両方でデジタル戦略の責任者を務める。

亀沢 宏規氏(かめざわ・ひろのり)86年(昭61年)東大院修了、三菱銀行(現三菱UFJ銀行)入行。10年執行役員。19年副頭取、三菱UFJフィナンシャル・グループ副社長。58歳

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54417800V10C20A1MM8000/

 三菱UFJフィナンシャル・グループ新社長に亀澤宏規が就任したらしい。彼は理系であって、一部の理系は彼の就任を喜んでいたように見える。学院における亀澤宏規の専攻が整数論という反社会的な分野であったことも一部の人々を驚かせた。

そして、一部の人々は数学がやっと社会に認められたと感じているように見える。しかし、俺はこの種の感情に強くは賛成しない。以下で、俺はこの就任に対する反応に関する俺の違和感や認識を提示する。

結論から言うと、俺は亀澤宏規の選考が純粋数学であったことと銀行(の社長?)で要求される能力はあまり関係ないように思えた。だから、今回の就任と数学はあまり関係ない。亀澤宏規自身が数学でない何らかの素晴らしい才能を持っていたのだろう。

広告

1章 数学(する)は管理行為や統治行為にほとんど無関係

 俺の認識 数学するとは、人間が数学的な対象に関する情報を製造するという行為である。(日常な意味での)数学とは、数学的な対象に関する情報である。

 数学するとは、人間が数学的な対象に関する情報を製造するという行為である。(日常な意味での)数学とは、数学的な対象に関する情報である。数学が何であるかは難しい。日常的には、上記の認識で十分である。

数学者の一部は、数学とは数学的な対象それ自体であると主張するかもしれない。しかし、一般人の大部分は数学を数学的な対象に関する「情報(文字や音声)」と認識しているように見える。

例えば、数学が役にたつかと言う質問では、非専門家はその数学的な対象でなく、その数学的な対象に関するその情報が役に立つのか(使えるのか)を質問している。普通の人間にとっては、その情報が使えるのかどうかが要点である。

1節 数学能力≠経営能力

 数学能力≠経営能力である。例えば、大和民族の科学者や数学者は高い数理能力を持つが、彼らは人間、時に無生物すら管理・統治する能力を持たない。実際、彼らは小保方晴子のようなチワワですら管理できない。

上記の情報によると、亀澤宏規は数学能力を評価されたのでなく、組織の管理能力を評価されたように見える。人間や銀行?の何か(system?)を管理するために、数学や数学っぽい思考が必要であったのかもしれない。

個人的には、俺は科学情報や数学情報を物質や膨大な数の商品を「管理する」時に必要になると考えている。俺にとって、科学も数学も真理でなく、対象の管理のために必要な何かである。

2節 情報それ自体はサッカーの競技場を作らない

 一部の数学者はサッカーの競技場にも数学が使用されていると言ってきた。しかし、その情報に関する需要が存在するためには、サッカーという競技それ自体が必要である。

まず始めに、競技や社会やsystemがあって、その中で何を実行するために、情報の需要が発生する。数学に関する情報それ自体は人間社会を形成しない。

一部の数学者や科学者は数学情報や科学情報が成立しないと、現代文明は成立しないとイキってきた。しかし、俺は彼らの考えは完全に逆であり、人間社会というsystemがないと、数学情報や科学情報に関する需要がそもそも発生しない。科学者や数学者という職業があるのも、人間社会の恩恵の結果である。

3節 選手≠統治者

 数学者は人間社会や組織というsystemにおける選手である。彼らは競技やsystemの管理者や統治者でない。彼らは西アフリカ人の運動選手の頭脳版である。彼らもまた高い運動能力を持つが、彼らは自己の運動競技の管理や統治に決して参加させてもらえていない。

2章 なぜ大和民族の理系は評価されてこなかった?

 俺の憶測 大和民族の理系は管理能力や統治能力を持たない。加えて、大和民族の理系は社会性を持たない。

 大和民族の理系は管理能力や統治能力を持たない。加えて、大和民族の理系は社会性を持たない。だから、彼らは高い数理能力にも関わらず、評価されてこなかった。

大学は税金に依存して、かつ独占的な状態が用意されてきた。加えて、西側白人が大学というsystemを近代では形成した。

大学は税金に依存して、かつ独占的な状態が用意されてきたにも関わらず、大和民族の科学者や数学者はそのsystemすらまともに管理・統治できない。さらに、彼らは選手しか認識できないので、彼らは管理や統治それ自体を認識できない。管理や統治を認識できない数学オタクが評価されないのは当然である。

1節 性規範の欠如

 ホモ・サピエンスと人間の違いは性規範の有無である。性規範なしに、人間はまともな人間社会を形成できない。なぜなら、もし俺らが自己の性規範を持たないならば、キモオタは可愛い女に公的な場所で発情して、群がり、組織が崩壊する。笹井は自殺する。

上記の発情したオタクを見ればわかるように、この動物は自己の性欲や生殖器、実名で提示するべき情報すら管理・統治できない。彼は選手として優秀であるかもしれないが、彼は統治者や管理者として全く優秀でない。彼らが管理者や統治者として評価されないのは当然である。

人間が家畜やホモ・サピエンスの群れを扱う時、その人間は性の管理に関する問題を回避できない。統治者や管理者に相応しい人間とは、性に詳しい人間でなく、自己や他者の性をきちんと管理、または去勢できる人間である

ちょまど(千代田まどか)とオタクIT技術者とサークルの姫
 漫画家でありエンジニアでもある、マイクロソフト社員の千代田まどか(愛称: ちょまど)さんは、その類稀なる才能と美貌で多くの人々を魅了する、まさにアイドル的存在。いや、アイドルを超越した「何か」も感じさせる不思議な存在ともいえる。 日本人の学者やIT技術者は白人を引き合いに出して、科学と数学と技術を重視しろと脅迫してきた。しかし、俺はこの脅迫に反対である。俺がちょまどとサークルの姫を見た後、俺は技術よりも人間の管理と統治がより重要であると審判した。一般的に、日本人の学者や技術者は自己の組織の統治や管理を全く行えない。その結果、彼らのつくる組織は発情期の猿と同じで本当にめちゃくちゃである。彼らの組織は人間組織でなく、動物の群れである。彼らは可愛い女の子を見ると、公的な場所で発情して群がってしまう。日本国からグーグルが出ないのは管理や統治の欠如である。白人の天才は遺伝的にも優秀であるが、グーグルが出ないのは日本人の技術者の遺伝的な劣等さでない。以下で、俺はちょまどとサークルの姫とオタクについて語る。 なお、俺は完全なる部外者であり、彼らとの面識を持...

2節 お金の概念の欠如

 ホモ・サピエンスと人間の違いはお金の規範の有無である。お金の規範なしに、人間はまともな人間社会を形成できない。上記は人間よりも、単なる乞食である。この醜い置いた動物は契約相手に乞食して、恫喝や恐喝をしてきたという自覚を持っていない。

3節 契約の概念の欠如

  ホモ・サピエンスと人間の違いは約束の有無である。約束なしに、人間はまともな人間社会を形成できない。約束したい相手に対して、「あんたら」という失礼な呼び方はどうであるのだろか?

俺の印象では、彼は印象や関係や約束を認識できない。印象が悪化すると、国民との関係も悪化する。関係が悪化すると、約束も結ばれない。

 発達障害者に深入りすると本当に「ここまで心が汚い人間を見たことない…」って気持ちになる よね? 誰にでもありえるような無神経さや狡さや弱さでは到底ないね

発達障害者にとって優しさはありがたいものではなく、舐めて軽んじる相手認定するもの

増長ずる一方のアスペに疲れ果てて見放されたらそれまでのどんな恩さえ関係なし、自分の原因は眼中にない ずっと当たり前に優しくいてくれないなら仕返ししてやるぞと思うだけの人間 あまりに何もかもが汚くて、長所を探したくてもひとつも見つけられないままだった

思い遣り深いみんなの太陽のような上司がアスペの仕返しで胃を壊してからは、みんな敵意全開の対応してやってやるよ それでも最後までみんなとの仲を取り持とうと、見放しても非情にまではなりきれずアスペをかばおうとしてた上司を、アスペが自分で追い打ちかけて壊した このとき心底「これは人間じゃない」「人間扱いする必要が一切ない」と確信したね

今までどれだけみんなのお情けに守られてたかもわからないで、恥ずかしい仕返しを平気でするやつに与えるお情けなんかないんだからな アスペは面食らった反応で小さくなってて呆れたよ

こうならないわけないだろ、こんなことしてみんなに今までどおり受け入れてもらえると思ってたのか?どんな脳だよ アスペは社会の無理解で生き辛い思いをしてる?はあ? アスペなんか理解したらこんな目に合うだけじゃないか! 断じて何ひとつ被害者ではないし徹底的にいじめられて当たり前の人間だよあんなのな

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10179036820

3章 数学が社会で認められるとは?

 俺の認識 数学が社会で認められるとは、数学能力を持った人間が数学が必要な場面で「選手として」評価されることである。

 数学が社会で認められるとは、数学能力を持った人間が数学が必要な場面で「選手として」評価されることである。数学が社会で認められるとは、数学能力を持った人間が先生と呼ばれてちやほやされることでない。あるいは、数学能力を持った人間が人間社会の統治者になることでない。

例えば、西アフリカ人の選手の能力は運動競技で認められている。しかし、それは彼らの業界に対する管理能力や統治能力が認められたわけでない。彼らはあくまでも選手である。統治者(西側白人様)の言うことは絶対である。

上記の亀澤宏規は数学能力を持った選手として認められたわけでないように見える。彼はsystemを管理・統治する能力を持っていたように思える。大和民族の学者は管理や統治それ自体を認識できないので、彼らは数学が社会で認められる=組織の管理者や統治者として認められると感じてるように見える。

タイトルとURLをコピーしました