筑波大学システム情報系准教授の掛谷英紀によるウイグル批判や中国共産党批判の奇妙さ

大和民族
https://twitter.com/hkakeya
広告

掛谷英紀は中国共産党によるイスラム教徒の中央アジア的中間種の虐殺を批判してきた。彼の行為に対して、俺は掛谷は彼自身の行為の意味を把握してないと認識する。彼はなぜアメリカ合衆国がイスラム教徒の中央アジア的中間種の虐殺を批判するのか、その意味を把握していないように見える。

以下では、俺はアメリカ合衆国によるイスラム教徒の中央アジア的中間種の虐殺の批判を宗教的な観点や彼らの意図から提示する。なお、俺は知識を持っていないので、掛谷の知識よりも劣っていると述べておく。

広告

1章 アメリカによる批判行為の意味

 アメリカの批判行為の意味:アメリカ合衆国の批判行為の正当性はキリスト教によって与えられている。

 アメリカ合衆国の批判行為の正当性はキリスト教によって与えられている。自然界には、行為に対する善悪も善悪を肯定する根拠(正当性)も存在しない。だから、西洋では、この世界の創造主がアメリカ合衆国の批判行為の正当性を与えている。

1節 人道や人権

 彼らの主張する人道や人権はキリスト教由来である。アメリカ合衆国は人道や人権侵害に関して、中国を批判する。中国の行為は言い換えると「反キリスト教的な行為」である。

この世界の創造主の目的や意志に反する行為は悪な行為である。だから、キリスト教徒国家であるアメリカ合衆国は中国を非人道や人権侵害に関して批判している。

2節 博愛や地球規模、人類愛

 博愛や地中規模もまたキリスト教由来である。この博愛や地中規模の概念がアメリカ合衆国が国家や地域を超えて、世界へと介入する正当性を与えている。

一方、ユダヤ教はキリスト教と異なり、選民思想の人々であった。だから、彼らはアメリカ合衆国のような介入はしないように見える。

なぜアメリカ合衆国がウイグル地域へと介入するのか?その行為の正当性は博愛や地球規模の概念によって与えられている。俺の遠い記憶では、キリスト教は人類愛を持っていたので、この種の行為が正当化される。

2章 掛谷の奇妙さ

 奇妙さ:掛谷英紀は行為の正当性それ自体を認識していないように見える。

 掛谷英紀は行為の正当性それ自体を認識していないように見える。そのため、彼は白人のモノマネを意味もわからず繰り返してきた。彼は豊富で正確な知識を持っているので、彼は政治活動を実行できているように見えるが、彼の行為は典型的な日本人的である。

1節 批判行為の根拠の欠如

 掛谷は中国共産党を彼らの行為に関して批判してきた。しかし、掛谷は彼の行為の善悪と正当性を提示できていない。加えて、掛谷は彼の宗教や所属する文明を明らかにしていないので、部外者は彼の行為の正当性を把握できない。

俺は掛谷はキリスト教的な善悪二元論と人道と人権に関して中国共産党を批判しているのか、東洋的な礼の概念によって批判しているのかすらわからない。俺の印象では、掛谷はなんとなく白人の真似をして、イスラム教徒の中央アジア的中間種を厳しく批判してきた。

しかし、批判行為のためには、掛谷はなぜ虐殺が悪いのかを宗教や文明の観点から提示する必要がある。その虐殺行為は無礼なのか罪なのか、礼はなにによって正当化されるのか?罪はキリスト教の創造主によって正当化される。

2節 介入行為の根拠の欠如

 掛谷はアメリカの真似をして、中国共産党による虐殺行為を批判してきた。けれども、彼は日本列島から中国大陸へと介入行為の正当性を提示できていない。アメリカ合衆国はキリスト教の国家であるので、人類愛などによって介入行為は正当化される。

一方、東洋文明やインド文明、イスラム文明やユダヤ教のイスラエル、東欧白人はその種の人類愛を持っていないので、彼らは虐殺にアメリカのように介入していない。なぜなら、彼らは介入行為の正当性を提示できない。

掛谷は白人の真似をして、介入しようとしているが、彼の介入行為の正当性は一体全体何であるのあろうか?俺は掛谷はどこの文明や宗教に所属しているのかすらわからないように見える。どの文明やどの宗教が彼の介入行為に正当性を与えているのだろうか?