俺系統の男性が求める俺系統の女性とその反対について

 この宗教では、俺は俺系統の男性が求める俺系統の女性とその反対を定める。口語的には、俺系統の男性は次の俺系統の女性を求める。逆に、俺系統の女性は次の俺系統の女性を求める。

大和民族は愛嬌や可愛さや安心感や尽くしてくれるを雌に求めているように見える。しかし、この種の感情は俺系統の男性的でない。本来であれば、俺系統の男性は遺伝的な優秀さを俺系統の女性に求めるである。

俺系統の男性が俺系統の女性に求めるのは、人間的な何かでなく、遺伝的な優秀さのみである。人間的な何かは宗教に関するものである。なお、下記は交際及び結婚、出産に関する文章である。

俺系統の男性が求める俺系統の女性とその反対

 俺系統の思考の規範1.1 もしある主体が俺系統の男性であるならば、その主体は次の俺系統の女性を求める。

 その女性は遺伝的に優秀である。その女性は約束を守る。その女性は「俺ら」を実践して、宗教に熱心である。つまり、男性は女性に遺伝的な能力を求める。一方、女性は男性に(意志に関係した)社会を作る能力を求める。

例えば、遺伝的な能力には、肉体のデザインや運動能力や知的能力である。知的能力には、記憶能力や計算能力がある。俺系統の女性には、比較的な創造能力はない。だから、俺らはその能力を俺系統の女性に求めない。ただし、人工的な何か、または人間的な何かとして、俺らは宗教的な信念や熱心さを女性に求める。

 俺系統の思考の規範1.2 もしある主体が俺系統の女性であるならば、その主体は次の俺系統の男性を求める。

 その男性は社会を創造する能力を持っている、またはその男性はその能力を発現した。その男性は社会を統治する能力を持っている、またはその男性はその能力を発現した。つまり、俺系統の女性は俺系統の男性に、遺伝でなく人間的な能力を求める。

なぜなら、たとえある男性が遺伝的に優秀であるとしても、もしその男性が社会を形成する能力を持たないならば、その男性は高い社会的な地位を持つことができない。加えて、その男性は人間の文明を形成することができない。

 俺系統の信仰1.3 俺は信仰する、人格や意志や善悪や創造性は運転手と一緒に父から息子へと伝達される。

 この宗教の目的は優秀な遺伝子を求めることでなく、超自然的な目的を実現することである。だから、女性はその目的の実現に近い存在を求める。俺系統の女性の視点では、たとえある俺系統の男性が遺伝的に優秀でなくても、もしその男性が社会を創造、または統治することができたならば、俺系統の女性は自己の遺伝子を使用して、俺系統の男性の優秀な子供を産み落とすことができる。

俺系統の女性はこのように思考する。俺系統の男性が父系で伝達するのは、強い意志を持った運転手である。これは「俺ら」における信仰の一種である。この信仰では、人格や意志は運転手に乗って父系で父から息子へと伝達されていく。まとめると、男性は遺伝的な優秀さを女性に求めて、女性は人間的な優秀さを男性に求める。

一般化

 俺系統の信仰2.1 もしある主体が比較的に非分岐性であるならば、その主体はより分岐された能力を持つ分岐性を持つ俺ら教徒を求める。

 具体的には、もしある主体が俺系統の女性であるならば、その主体はより分岐された能力を持つ俺系統の男性性を持つ俺系統の男性を求める。

 俺系統の信仰2.2 もしある主体が比較的に分岐性であるならば、その主体は非分岐的な世界において生得的に優秀な非分岐性を持つ俺ら教徒を求める。

 具体的には、もしある主体が俺系統の男性であるならば、その主体は物質的、かつ動物的に優秀な能力を持つ俺系統の女性を求める。

電飛

タイトルとURLをコピーしました