俺語における定義

 以下では、俺は俺語における定義に対する俺の認識を提示するつもりである。俺らは定義を一種の約束(契約)と認識する。宗教的には、俺らは定義を約束(契約)から導出する。

俺語における定義

 俺は定義を実行する時、俺は固有名詞の定義と一般名詞の定義を区別する。例えば、俺が日本人を定義することは俺がイザナギを定義することと異なる。

・定義

 俺系統の契約 定義とは、ある主体が名詞を異なる名詞と交換可能な状態にする約束である。

 俺は交換可能を⇄で表示する。例えば、俺はイザナギを考える。○〜[イザナギ]。次に、俺は[神]という単語を[イザナギ]に結合させる。○〜[神]と仮定する。ここで、俺は関係代名詞whoを便宜的に使用する。俺は[神]を[神 who creates Japan]と変形する。○〜[神 who creates Japan]。神話によると、イザナギは日本を創造した。この時、[イザナギ]と[神 who creates Japan]は同じ○に対応する。俺はこの状態を交換可能と認識する。この時、[イザナギ]⇄[神 who creates Japan]。なお、俺は一般名詞を対象に直接的に対応させた。

次に、俺は一般名詞を異なる一般名詞と交換可能な状態にする。俺は日本人を考える。○〜[日本人(Japaneseal)]。次に、俺は[東洋人(East Asianal)]を考える。○〜[東洋人]と仮定する。俺は[東洋人(East Asianal)]を[東洋人(East Asianal) who has Y DNA Haplogroup D1a2a]と変形する。遺伝子検査によると、日本人は東洋人であり、かつD1a2aを持つ。従って、○〜[東洋人(East Asianal) who has Y DNA Haplogroup D1a2a]。同様に考えると、[日本人(Japaneseal)]⇄[東洋人(East Asianal) who has Y DNA Haplogroup D1a2a]。

上記の2つの仮定がある。○〜[神(Godal)]と仮定する。○〜[東洋人(East Asianal)]と仮定する。もし俺が一般名詞は対象に直接的に結合しないとするならば、この仮定は間違いである。○〜[the]:[神]と仮定する。○〜[the]:[東洋人]と仮定する。もし俺が一般名詞が対象に直接的に対応すると仮定するならば、○は無限語の一般名詞に対応する。

・異なる定義法

 異なる定義法は次である。例えば、○〜[イザナギ]。次に、俺は[x]という単語を○に結合させる。○〜[x]。xはaやtheでも良い。俺が○が日本を創造したと認識する。つまり、[イザナギ][creates][Japan][.]。[the][creates][Japan][.]。この時、俺は[x]を[x who creates Japan]と変形する。○〜[x who creates Japan]。俺は[x]は○に対応していると仮定したので、[x who creates Japan]と[イザナギ]は同じ○に対応する。従って、[イザナギ]⇄[x who creates Japan]。ただし、[x]は[x who creates Japan]には完全に一致しない。なぜなら、[x]はwhoで修飾された。正確には、[イザナギ who creates Japan]⇄[x who creates Japan]。俺が神をxに代入すると、[イザナギ who creates Japan]⇄[神 who creates Japan]。

一般名詞の定義は次である。○〜[日本人(Japaneseal)]。次に、俺は[x]という単語を○に結合させる。○〜[x]。俺が○がD1a2aを持つと認識する。つまり、[日本人(Japaneseal)][has][D1a2a][.]。[x][has][D1a2a][.]。関係代名詞を使用して、同様に考えると、[日本人(Japaneseal) has D1a2a]⇄[x has D1a2a ]。俺が東洋人をxに代入すると、[日本人(Japaneseal) has D1a2a]⇄[東洋人 has D1a2a ]。

もし俺が一般名詞は対象に直接的に対応しないならば、俺はx:神やx:東洋人を使用する。つまり、[イザナギ who creates Japan]⇄[x:神 who creates Japan]。[日本人(Japaneseal) has D1a2a]⇄[x:東洋人 has D1a2a ]。または、[x]:[神]のように書く。

定義と関係代名詞

 俺が日本人雄(Jpn-manal)と「D1a2を持つx(x who has D1a2)」を交換することができる。なぜなら、文「x has D1a2.」がwhoで「x who has D1a2」と名詞化されている。俺はこのwhoが何であるのかと疑問に思う。

関係代名詞の解釈

今、俺は任意の単語はある対象に対応するという決まりを提示する。その時、xは任意の対象に対応して、haveは「x〜D1a2」の〜(have)に対応する。そして、D1a2はその物質に対応する。しかし、俺はwhoの対応を想像することができない。そこで、俺は次のように考える。

今、xが一枚の紙に対応していて、xがその紙の上に存在する。俺はこの紙を主語紙と便宜的に呼ぶ。haveが一枚の紙に対応していて、haveがその紙の上に〜として存在する。俺はこの紙を動詞紙と便宜的に呼ぶ。D1a2が一枚の紙に対応していて、D1a2がその紙の上に遺伝子🧬として存在している。俺はこの紙を目的紙と便宜的に呼ぶ。xとhaveとD1a2が存在するとき、一つの文(現象)が生じる。言い換えると、主語紙と動詞紙と目的紙を順序に沿って並べる時、文が生じる。

記号で書くと、[x][have][D1a2][.]。[]は紙を表現する。俺はこの文「[x] [has] [D1a2][.]」を「x who has D1a2」のように名詞化したい。そこで、俺はwhoを[]を取り除き、それぞれの単語を足し合わせる操作と認識する。この時、文「[x] [has] [D1a2][.]」は「[x+have+D1a2]」になる。「[x+have+D1a2]」は一枚の紙である。より変形すると、この文は名詞「x+(have D12a)」になる。俺はJpn-manalを「x+(have D12a)」と交換することができるようになる。

その他(目的格や所有格)

 次に、俺は目的格を考える。Curse-cupal is x which demonal has. 文は「demonal has x.」である。[]を使用すると、この文は「[demonal][has][x][.]」である。上記と同様に解釈すると、この文は「demonal+has+x」になる。より変形すると、この文は名詞「(demonal has)+x」になる。俺はCurse-cupを「(demonal has)+x」と交換することができるようになる。そのまま書くと、Curse-cupal ⇄ (demonal has)+x. 読みにくい場合、数学と同様に、()+xをx+()と変形する。

次に、俺は所有格を考える。White-manal is x whose color is white. または、White-manal is x of which color is white. 文は「the color of x is white.」である。theを便宜的に省略して、[]を使用すると、この文は「[color][of][x][is][white][.]」である。上記と同様に解釈すると、この文は「color+of+x +is+white.」になる。俺はこの状態をうまく変形することができないので、俺はofを’sと便宜的に解釈して、この文を「x+’s+color+is+white」と変形する。

すると、この文は名詞「x+(’s+color+is+white)」になる。俺はWhite-manalを「x+(’s+color+is+white)」と交換することができるようになる。そのまま書くと、White-manal ⇄ x+(’s+color+is+white).

when系

 さらに、俺はwhenを考える。1945 is x when whites dropped the two atomic bombs. 文は「whites dropped the two atomic bombs in x.」である。[]を使用すると、この文は「[whites] [dropped] [the] [two] [atomic] [bombs] [in] [x][.]」である。上記と同様に解釈すると、この文は「whites+dropped+the+two+atomic+bombs+in+x」になる。より変形すると、この文は名詞「(whites dropped the two atomic bombs in)+x」になる。俺は1945を「(whites dropped the two atomic bombs in)+x」と交換することができるようになる。そのまま書くと、1945 ⇄ (whites dropped the two atomic bombs in)+x.

俺はwhenを考える。Hiroshima is x where my father died. 文は「my father died in x」である。[]を使用すると、この文は「[my][fahter][died][in][x][.]」である。上記と同様に解釈すると、この文は「My+father+died+in+x」になる。より変形すると、この文は名詞「(my father died in)+x」になる。俺はHiroshimaを「(my father died in)+x」と交換することができるようになる。そのまま書くと、Hirosima ⇄ (my father died in)+xである。読みにくい場合、whenやwhereに関して、数学と同様に、()+xをx+()と変形する。

電飛

内部電飛

タイトルとURLをコピーしました