定義

言語
https://unsplash.com/photos/ywqa9IZB-dU
広告

 以下では、俺は定義に対する俺の認識を提示するつもりである。俺らは定義を一種の約束(契約)と認識する。宗教的には、俺らは定義を約束から導出する。

広告

始めに

認識

 認識 俺らは定義をある一般名詞をより抽象的な一般名詞(一般化された一般名詞)に交換可能な形で結合させる約束と認識する。

 定義とは、ある一般名詞をより一般化された一般名詞に交換可能な形で結びつける約束である。口語的には、定義とは約束であり、二つの一般名詞を結びつける。俺らはある一般名詞を「具体一般名詞」と便宜的に呼び、より抽象的な一般名詞を「抽象一般名詞」と呼ぶ。

例えば、俺がイザナギという固有名詞をあの対象それ自体に結合させると約束する。この約束は定義でない。対象それ自体と固有名詞に結びつきは「(認識)対応」に近い。定義は対象と固有名詞の結びつきでなく、一般名詞同士の結びつきである。

次に、俺は交換可能な形で結合させるが何であるのかを提示するつもりである。当然であるが、たとえ俺らが結びつけると述べるとしても、一般名詞同士の結びつき方は無数に存在する。だから、俺らはどのような結びつきが定義であるのかを提示する。

具体例

 今、男と人間という二つの一般名詞が存在すると仮定する。この時、交換可能な形で結びつけるとは、「男」と「男性器を持つ人間」が何らかの文字や記号によって互いに結び付けられることである。俺が人間を「男性器を持つ」で修飾するとき、「男性器を持つ人間」は「男」という一般名詞に等しくなる。

俺らはこの状態を交換可能な形(状態)であると認識する。記号では、「男」⇆「男性器を持つ人間」である。交換可能な形(状態)は同値であるとも呼ばれるかもしれない。英語では、接続詞を用いて、「男」is「男性器を持つ+人間」と表示されるかもしれない。

ここでは、男は具体一般名詞であり、人間は抽象一般名詞である。「男」⇆「男性器を持つという人間」や「男」⇆「人間 という 持つ 男性器」英語では、a man is a human who has a penis. 数(双数的な考え)を用いると、manal is humanal who has penisal. または manal ⇆ humanal who has penisal

定義

 以下では、俺は日本人雄(D雄)を定義するつもりである。始めに、俺は対象を観察する。その後、俺は共通点を発見する。そして、俺は対象を定義する。なお、下記では、俺は性別を考慮しない。

観察

 俺は対象を観察する時、俺は彼らの一部がY染色体ハプログループD1a2を持つことに気づく。俺がある対象の遺伝子を検査する時、俺はその対象がY染色体ハプログループD1a2を持つことに気づく。俺が別の対象の遺伝子を検査する時、俺はその対象がY染色体ハプログループD1a2を持つことに気づく。

そして、俺は観察された対象がある共通点を持っていることに気づく。その共通点とは、D1a2を持つことである。この時、俺は「ある名前」を「Y染色体ハプログループD1a2を持つ対象」に与えたい。

今、俺は「日本人」という名前をその対象に便宜的に与える。俺は「日本人」を「Y染色体ハプログループD1a2を持つ対象」に関係させたい。その対象には、「日本人」という名前と「D1a2を持つ対象」という名前が紐づけられている。この二つの名前は同じ対象に与えられているので、それらは同じ対象の互いに異なる二つの表現である。だから、俺は「日本人」を「D1a2を持つ対象」に交換可能の⇆で関係付けることができる。

日本人雄の定義

 俺は日本人雄(D雄)を定義する。日本人雄とは、Y染色体ハプログループD1a2を持つ対象である[定義]。英語では、Jpn-manal is objectal who has Y Chromosome DNA Haplogroup D1a2. または、日本人雄⇄Y染色体ハプログループD1a2を持つ対象。Jpn-manal ⇄ objectal who has Y Chromosome DNA Haplogroup D1a2.

⇄は交換可能を表現する。is(be)は〜であれという印象を持っているが、交換可能という印象を持っていない。だから、ここでは俺はisでなく⇄を使用する。日常的には、日本人雄とは、そのY染色体ハプログループがD1a2であるホモ・サピエンスである。Jpn-manal is Homo-Sapiensal whose Y Chromosome DNA Haplogroup is D1a2.

また、俺は対象をxと便宜的において、日本人雄とは、Y染色体ハプログループD1a2を持つxである[定義]。英語では、Jpn-manal is x who has Y Chromosome DNA Haplogroup D1a2. または、日本人雄⇄Y染色体ハプログループD1a2を持つx。Jpn-manal ⇄ x who has Y Chromosome DNA Hapolgroup D1a2. 俺はxを一種の固有名詞と解釈するので、俺はxをxalとしない。

定義と関係代名詞

 俺が日本人雄(Jpn-manal)と「D1a2を持つx(x who has D1a2)」を交換することができる。なぜなら、文「x has D1a2.」がwhoで「x who has D1a2」と名詞化されている。俺はこのwhoが何であるのかと疑問に思う。

関係代名詞の解釈

今、俺は任意の単語はある対象に対応するという決まりを提示する。その時、xは任意の対象に対応して、haveは「x〜D1a2」の〜(have)に対応する。そして、D1a2はその物質に対応する。しかし、俺はwhoの対応を想像することができない。そこで、俺は次のように考える。

今、xが一枚の紙に対応していて、xがその紙の上に存在する。俺はこの紙を主語紙と便宜的に呼ぶ。haveが一枚の紙に対応していて、haveがその紙の上に〜として存在する。俺はこの紙を動詞紙と便宜的に呼ぶ。D1a2が一枚の紙に対応していて、D1a2がその紙の上に遺伝子🧬として存在している。俺はこの紙を目的紙と便宜的に呼ぶ。xとhaveとD1a2が存在するとき、一つの文(現象)が生じる。言い換えると、主語紙と動詞紙と目的紙を順序に沿って並べる時、文が生じる。

記号で書くと、[x][have][D1a2][.]。[]は紙を表現する。俺はこの文「[x] [has] [D1a2][.]」を「x who has D1a2」のように名詞化したい。そこで、俺はwhoを[]を取り除き、それぞれの単語を足し合わせる操作と認識する。この時、文「[x] [has] [D1a2][.]」は「[x+have+D1a2]」になる。「[x+have+D1a2]」は一枚の紙である。より変形すると、この文は名詞「x+(have D12a)」になる。俺はJpn-manalを「x+(have D12a)」と交換することができるようになる。

その他(目的格や所有格)

 次に、俺は目的格を考える。Curse-cupal is x which demonal has. 文は「demonal has x.」である。[]を使用すると、この文は「[demonal][has][x][.]」である。上記と同様に解釈すると、この文は「demonal+has+x」になる。より変形すると、この文は名詞「(demonal has)+x」になる。俺はCurse-cupを「(demonal has)+x」と交換することができるようになる。そのまま書くと、Curse-cupal ⇄ (demonal has)+x. 読みにくい場合、数学と同様に、()+xをx+()と変形する。

次に、俺は所有格を考える。White-manal is x whose color is white. または、White-manal is x of which color is white. 文は「the color of x is white.」である。theを便宜的に省略して、[]を使用すると、この文は「[color][of][x][is][white][.]」である。上記と同様に解釈すると、この文は「color+of+x +is+white.」になる。俺はこの状態をうまく変形することができないので、俺はofを’sと便宜的に解釈して、この文を「x+’s+color+is+white」と変形する。

すると、この文は名詞「x+(’s+color+is+white)」になる。俺はWhite-manalを「x+(’s+color+is+white)」と交換することができるようになる。そのまま書くと、White-manal ⇄ x+(’s+color+is+white).

when系

 さらに、俺はwhenを考える。1945 is x when whites dropped the two atomic bombs. 文は「whites dropped the two atomic bombs in x.」である。[]を使用すると、この文は「[whites] [dropped] [the] [two] [atomic] [bombs] [in] [x][.]」である。上記と同様に解釈すると、この文は「whites+dropped+the+two+atomic+bombs+in+x」になる。より変形すると、この文は名詞「(whites dropped the two atomic bombs in)+x」になる。俺は1945を「(whites dropped the two atomic bombs in)+x」と交換することができるようになる。そのまま書くと、1945 ⇄ (whites dropped the two atomic bombs in)+x.

俺はwhenを考える。Hiroshima is x where my father died. 文は「my father died in x」である。[]を使用すると、この文は「[my][fahter][died][in][x][.]」である。上記と同様に解釈すると、この文は「My+father+died+in+x」になる。より変形すると、この文は名詞「(my father died in)+x」になる。俺はHiroshimaを「(my father died in)+x」と交換することができるようになる。そのまま書くと、Hirosima ⇄ (my father died in)+xである。読みにくい場合、whenやwhereに関して、数学と同様に、()+xをx+()と変形する。

電飛

内部電飛

言語
広告
俺らについて