定義

言語
https://unsplash.com/photos/ywqa9IZB-dU
広告

 意志:以下では、俺は定義に対する俺の認識を提示するつもりである。認識:俺らは定義を一種の約束(契約)と認識する。現象:宗教的には、俺らは定義を約束から導出する。

広告

定義

認識

 認識 俺らは定義をある一般名詞をより抽象的な一般名詞(一般化された一般名詞)に交換可能な形で結合させる約束と認識する。

 定義とは、ある一般名詞をより一般化された一般名詞に交換可能な形で結びつける約束である。口語的には、定義とは約束であり、二つの一般名詞を結びつける。俺らはある一般名詞を「具体一般名詞」と便宜的に呼び、より抽象的な一般名詞を「抽象一般名詞」と呼ぶ。

例えば、俺がイザナギという固有名詞をあの対象それ自体に結合させると約束する。この約束は定義でない。対象それ自体と固有名詞に結びつきは「(認識)対応」に近い。定義は対象と固有名詞の結びつきでなく、一般名詞同士の結びつきである。

次に、俺は交換可能な形で結合させるが何であるのかを提示するつもりである。当然であるが、たとえ俺らが結びつけると述べるとしても、一般名詞同士の結びつき方は無数に存在する。だから、俺らはどのような結びつきが定義であるのかを提示する。

具体例

 今、男と人間という二つの一般名詞が存在すると仮定する。この時、交換可能な形で結びつけるとは、「男」と「男性器を持つ人間」が何らかの文字や記号によって互いに結び付けられることである。俺が人間を「男性器を持つ」で修飾するとき、「男性器を持つ人間」は「男」という一般名詞に等しくなる。

俺らはこの状態を交換可能な形(状態)であると認識する。記号では、「男」⇆「男性器を持つ人間」である。交換可能な形(状態)は同値であるとも呼ばれるかもしれない。英語では、接続詞を用いて、「男」is「男性器を持つ+人間」と表示されるかもしれない。

ここでは、男は具体一般名詞であり、人間は抽象一般名詞である。「男」⇆「男性器を持つという人間」や「男」⇆「人間 という 持つ 男性器」英語では、a man is a human who has a penis. 数(双数的な考え)を用いると、manal is humanal who has penisal. または manal ⇆ humanal who has penisal