デブ・ハーランドはアメリカ先住民か?〜バイデン政権の内務長官〜

ホモ・サピエンス生物種
https://ja.wikipedia.org/wiki/デブ・ハーランド
広告

先日、バイデン政権の内務長官に、下院議員のデブ・ハーランド氏が就任した。米国で初の先住民の閣僚だ。実は彼女は、2018年に先住民女性で初の連邦議員となった人物でもある。当選直後に取り上げた当時のナショジオの記事から、彼女の人となりと、内務長官として期待される背景に迫ってみよう。2018年の米中間選挙で起きた歴史的な出来事の一つは、連邦議会で初めて先住民女性議員が誕生したことだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4a8cf0dadd4d13abca4166540d54a5733e011ae9

 上記の記事はNIKKE STYLEの記事である。俺はこの記事を非常に悪い記事と判断する。なぜなら、この記事は白人に都合の良い白人視点の記事である。以下では、俺はデブ・ハーランドの問題点を提示する。

なお、俺はデブ・ハーランドが内務長官として採用されたことを歓迎する。そして、俺はその採用が当然であると審判する。

セシリア・ラウズ(Cecilia Rouse)は黒人なのか?〜米経済諮問委員長にラウズ氏承認、初の黒人起用〜
 【ワシントン=鳳山太成】米議会上院は2日、米大統領経済諮問委員会(CEA)委員長に米プリンストン大の労働経済学者セシリア・ラウズ氏を起用する人事を承認した。黒人が就任するのは初めて。経済再生や格差是正を目指すバイデン政権の経済政策立案を支える。 以下では、俺は上記の速報の問題点を "モンゴロイド人種" の視点から提示する。セシリア・ラウズは黒人か? 俺の認識:セシリア・ラウズの人種は(おそらく)ネグロイド人種でない。 上記の写真を見ればわかるように、セシリア・ラウズには、コーカサス人種(おそらく白人)の遺伝子が入っているように見える。彼女の骨格はネグロイド人種でなくコーカサス人種である。俺は彼女はインド系であるかと錯覚した。以下では、俺はセシリア・ラウズを「黒人」と呼ぶことの問題点を提示する。問題点(人種浄化) セシリア・ラウズを黒人と呼ぶことはネグロイド人種に対する人種浄化に間接的に貢献している。欧州人はネグロイド人種を非常に軽蔑してきた。そして、彼らはネグロイド人種の絶滅を内心願ってきた。ネグロイド...
広告

デブ・ハーランドはアメリカ先住民か?

 俺の認識:デブ・ハーランドはアメリカ先住民でなく、アメリカ先住民との中間種である。

 1960年12月2日にアリゾナ州ウィンズローに誕生した[1][2][3]。ラグナ・プエブロ族の一員として登録されている。母のメアリー・トヤ[4]もネイティブ・アメリカンで、海軍で勤務した[5]父のJ.D.ハーランドはノルウェー系アメリカ人海兵隊退役軍人で、ベトナム戦争における戦功によりシルバースター勲章を受勲しており、2005年に亡くなった際にはアーリントン墓地に軍葬されている[4]。ハーランドには2人の姉と1人の弟がいる[4]

https://ja.wikipedia.org/wiki/デブ・ハーランド

 上記によると、彼女はモンゴロイド人種とコーカサス人の中間種(中央アジア的中間種)のアメリカ国民である。モンゴロイド人種側がアメリカ先住民である。彼女はモンゴロイド人種でないので、アメリカ先住民でない。東洋人や東南アジア人の方が遺伝的にモンゴロイド人種に近い。

デブ・ハーランドはアメリカ先住民と白人(コーカサス人種)との中間種として初の連邦議員である。本来であれば、NIKKEI STYLE が強調すべきであるのは、白人との中間種のアメリカ先住民ですら連邦議員になれなかったことである。

NIKKE STYLEの記事の問題点

 NIKKE STYLEの記事の問題点:NIKKE STYLEはアメリカ先住民に対する人種浄化に無意識的に協力している。

 NIKKE STYLEはアメリカ先住民に対する人種浄化に無意識的に協力している。彼らは愚かすぎて、人種浄化や民族浄化に協力していることすら認識していない。彼らは白人の視点や価値観を左から右へと流して、日本人にマウンティングしているだけである。

なぜアメリカ先住民か?

 デブ・ハーランドの半分は白人であるのに、彼女はアメリカ先住民になる。なぜなら、欧州人は土着の原住民を人種浄化したい。白人との中間種を「アメリカ先住民」や「黒人」にすれば、白人は「アメリカ先住民」や「黒人」を雇用しなくても良い。

異人種との中間種を黒人やアメリカ先住民、アボリジニとするのは典型的な人種浄化や民族浄化の手法である。モンゴロイド人種側はデブ・ハーランドやオバマをきちんと「中間種」と呼ばないと、彼自身が人種浄化や民族浄化される。中間種とそうでないアメリカ先住民をきちんと区別して、アメリカ先住民の雇用をより優先的に保護する必要がある。

民主党大統領候補カーマラ・ハリスは黒人か?
 ことし秋のアメリカ大統領選挙で野党・民主党のバイデン前副大統領は、副大統領候補に女性で黒人のカマラ・ハリス上院議員を選んだと発表しました。 【ワシントン=永沢毅】米大統領選で民主党の候補に内定しているバイデン前副大統領(77)は11日、副大統領候補に黒人女性のカマラ・ハリス上院議員(55)を選んだと発表した。 ハリス氏はジャマイカ系とインド系の両親を持つ上院唯一の黒人女性議員。 米副大統領候補に黒人女性のハリス氏 バイデン氏が発表 父はジャマイカ、母はインドからの移民で、米国の主要政党の正副大統領候補としては初めての黒人女性およびアジア系となる。 バイデンはカマラ・ハリスを民主党大統領候補に選んだと発表した。彼の行為に対して、日本国の報道機関はカマラ・ハリスは彼女を「黒人女性」と報道した。彼らの行為は実に日本人的である。 カーマラ・ハリスは黒人でない。彼女は南インド人と西アフリカ人の中間種のアメリカ国民である。以下で、俺はカーマラ・ハリスが誰かを提示する。その後、俺はなぜ俺らは彼女を黒人と呼ぶべきでないかを提示する。さらに、俺らは人間の人種や...

大和民族の典型的な反応

 大和民族の典型的な反応:大和民族は「欧米では、デブ・ハーランドはアメリカ先住民として認められてます」と返答する。

 大和民族は「欧米では、デブ・ハーランドはアメリカ先住民として認められてます」と返答する。または、大和民族は「欧米では、デブ・ハーランドはアメリカ先住民として登録されています」と返答する。しかし、正常で文明的な民族や人種はその登録や承認が正当であるかをまず初めに疑う。

自己認識と文明及び人種及び宗教

 上記の俺の文章に対して、大和民族、特に大和民族の雌は「欧米では、デブ・ハーランドはアメリカ先住民として認められてます」と言って、白人の意見でマウンティングをし始める。しかし、一般的に、人種や文明や宗教が異なるとき、デブ・ハーランドはアメリカ先住民になるのは白人の都合である。

そして、その都合は白人に有利であり、モンゴロイド人種に不利である。しかし、大和民族は自己の文明を持っていないので、彼らは意味もわからず、白人の意見や価値観を引用して、マウンティングをかましてくる。大和民族は未開であるので、彼らは「人種や文明や宗教が異なるとき、自己認識それ自体が異なる」ことを認識できない。

その結果、彼らは白人に都合の良い自己認識を採用してしまう。そして、彼らは白人に都合の良い自己認識を採用することが先進的であり、優れていると本当に信じきっている。彼らはまるで食肉業者をしたう家畜と同じである。

タイトルとURLをコピーしました