アインシュタインはドイツ人かユダヤ人か?[民族と教徒]

人間について
https://ja.wikipedia.org/wiki/アルベルト・アインシュタイン

 Albert Einstein ( 14 March 1879 – 18 April 1955) was a German-borntheoretical physicist[5] who developed the theory of relativity, one of the two pillars of modern physics (alongside quantum mechanics)

 アルベルト・アインシュタイン[† 1]: Albert Einstein[† 2][† 3][1][2]1879年3月14日 – 1955年4月18日)は、ドイツ生まれ理論物理学者である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/アルベルト・アインシュタイン

 俺はアインシュタインをユダヤ人でなく、ユダヤ教徒(おそらく)の南ドイツ人であると感じてきた。しかし、彼の遺伝的な民族は不明である。なぜなら、白人は主語を認識する能力と人工と自然を区別する能力を持っていない。

俺は人種や民族を生物学的な観点から非常に重視する。フェニキア人もシュメール人も誰であるかわからなくなってしまった。俺ら東洋人はこの歴史的な喪失を防止すべきである。

上記の引用でも、アインシュタインは ‘ ドイツ生まれ ‘ や ‘ ドイツ出身 ‘ と呼ばれて、 ‘ ドイツ人 ‘ ときちんと書かれていない。自己認識の問題は人間の不安に関係するので、彼らは個人的な不安の回避のために、彼らの出自をごまかそうとしてきた。俺はこの行為を正当でない(レッド・カード)と判断するので、彼らの行為に強く反対する。

1:人種と民族を把握する方法

1:人工と自然を区別しよう

 人工的な概念と生物学的な事実を区別しよう。ユダヤ教徒やアメリカ国民は人工的な概念である。それに対して、モンゴロイド 人種やコーカサス人種は生物学的な事実である。

前者は動物園の所属に該当する。後者はホッキョクグマなどの遺伝子に該当する。

アインシュタインがユダヤ教徒であったかは人工的な概念である。アインシュタインはコーカサス人種であったかは生物学的な事実である。

2:大局的に把握しよう

 俺らがアインシュタインの生物学的な事実を把握するとき、大局から局所へと把握しよう。彼の生物種はホモ・サピエンス、彼の人種はコーカサス人種。ここまでは確定である。

コーカサス人種は白人小人種、地中海小人種、そして中東小人種に分類される。少なくとも俺の認識では。俺はアインシュタインはアラブ人をはじめとする中東小人種には、見えない。

だから、俺は彼は白人小人種または地中海小人種であったと審判する。または、彼はそれらの中間小種。

3:幾何学的な距離を把握しよう

 アインシュタインは地中海小人種と白人小人種のどちらに近いか。それが重要である。人種や民族を思考するとき、俺らは他者との距離を連続的に考えよう。

2:なぜアインシュタインの人種や民族が重要か?

 白人と東洋人では、世界に対する知的な態度が非常に異なる。俺が白人を見るとき、白人は先祖や主語に興味を持っていない。さらに、彼らは知覚と信仰の人種であり、知覚と認識の人種でない。

1:白人は主語をうまく認識できない

 俺は白人は彼ら自身の主語を認識できないと審判した。だから、東洋人がそれを代わりに記録すべきである。

2:白人は先祖を把握できない

 俺は白人は先祖をうまく把握できないと審判した。さらに、俺は白人のこの種の性質が彼らの自己認識の奇妙さにつながっていると憶測する。

3:認識の欠如と知覚及び信仰

 白人は物事を認識できない。彼らは物事を知覚するが、認識能力が低い。その結果、彼らは彼らの自己認識を信仰で補う。

もっというと、彼らは自己認識能力の欠如を信仰や人工的な概念、例えば国民国家で補う。

4:土地の先住権

 人種や民族は土地の先住権にも関係する。人種や民族を軽視すると、土地を失うだろう。

5:歴史における加害と被害と損害の主体

 人種や民族の重要性は歴史における加害や被害の関係において重要である。大和民族は原子力爆弾に関して動物実験の対象になった。ネグロイド人種は黒人奴隷として奴隷にされた。

6:人種浄化や民族浄化の隠蔽の防止

 人種や民族の重要性は人種浄化や民族浄化の防止にもつながる。家畜は彼ら自身の人種や民像を自己認識できない。だから、彼らは種の抹殺が頻繁に行われる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/セドリック・ヴィラニ
https://ja.wikipedia.org/wiki/ポール・ディラック
https://en.wikipedia.org/wiki/Abraham_Lincoln
https://en.wikipedia.org/wiki/Justin_Trudeau

3:アインシュタインはケルト民族では?

 上記の画像の白人はユダヤ教徒でない。しかし、彼らの顔のデザインはアインシュタインのそれに少し似ている。彼らは南方よりの白人である。

俺はアインシュタインはユダヤ教徒のケルト民族であったと審判する。白人小人種の民族は、イギリス民族、ケルト民族、ゲルマン民族、西スラブ民族、東スラブ民族に分類される。俺の認識では。

その内、ケルト民族とイギリス民族と東スラブ民族の一部は南方の白人に近い。ケルト民族が一番南方の白人に近い。南フランス人のような容貌である。アインシュタインの民族は彼らに近いのでないかと俺は憶測する。

1:ディラックやヴィラーニ型の白人

 俺はアインシュタインは南方の白人であると審判した。または、彼は南方の白人により近い。彼は地中海人種よりも南方の白人に近い。

2:東洋地域では、香港や北ベトナム

 東洋地域では、アインシュタインはテレンス・タオや北ベトナムのゴバ・チャオに対応する。彼らの外見は少し東南アジア的であるが、知的能力が根本的に異なる。

おまけ:なぜドイツ出身という単語?

 俺は〜出身という単語を嫌う。一部の中間種は彼ら自身の人種や民族を明らかにせずに、彼らは〜出身という単語をしようして、彼らの出自をごまかす。

1:自己認識に対する不安からくる歴史の隠蔽や誤魔化し

 この出身という単語は自己認識の曖昧さからくる不安を誤魔化したい。彼らは歴史を隠蔽したい。

2:歴史的な義務や責任を回避したい

 出身という単語は自己認識を隠蔽して、人間の歴史的な義務や責任も隠蔽する。彼らは出自を明かさない。だから、俺は彼らがどのような歴史的な義務や責任を背負っているかを理解できない。

しかし、彼らは日本人のように振る舞い、同胞のように振る舞う。けれども、彼らは日本人を侮辱する。彼らは味方のふりをするが、彼ら自身の歴史的な義務や責任を一切背負おうとしない。

3:批判されたくない、でも受け入れてほしい

 彼らは彼らの出自に関して批判されることを過度に恐れる。なぜなら、彼らは彼ら自身を批判されたくない。

タイトルとURLをコピーしました