シュメール人の人種(正体)は南インド人種か(ドラヴィダ)〜モンゴロイド人種とコーカサス人種と南インド人種とY染色体ハプログループE1b1bやG2a〜

広告

 一般的に、シュメール人の民族系統は不明であってきた。加えて、彼らの人種は不明である。そのため、誰も知らないのは、彼らがモンゴロイド人種であったのか、コーカサス人種であったのか、あるいはそのほかの人種であったのかである。

以下では、俺はシュメール人種の人種とY染色体ハプログループを憶測してみる。俺はその人種はほとんどコーカサス人種であり、Y染色体ハプログループはE1b1bかG2aでないかを勘ぐる。彼らは北アフリカや東アフリカから来たか、またはザグロス山脈からメソポタミアへと侵入した。

または、俺はシュメール人の人種は南インド人種(オーストラロイド人種系統)であり、Y染色体ハプログループHを持っていたと憶測する。あるいは、シュメール人はJ1やJ2であったと憶測する。

広告

シュメル人

事実?

 俺系統の認識0.0 シュメール人はシュメール語を話していた。

 シュメール語は膠着語である。俺は上記の事実を使用する。

 俺系統の認識0.1 シュメール人は黒い頭を持っていた。

 上記はシュメール人の自称である。また、アッカド人たちも彼らを黒い頭を持つ人々と呼んだ。

憶測1〜Y染色体ハプログループE1b1b〜

 俺系統の憶測1.0 シュメール人の人種はコーカサス人種であった、かつ彼らはY染色体ハプログループE1b1bを持っていた。

 つまり、シュメール人は古代エジプト人であった。ただし、母系では、東アフリカ人が存在した可能性がある。俺は次の思考の規範2.2を使用する。

 俺系統の思考の規範1.1 もしある主体がY染色体ハプログループEを持つならば、その主体は膠着語を持つ。

ただし、言語交代のような現象が存在しなかったと仮定する。対偶をとると、もしある主体が膠着語を持たないならば、その主体はY染色体ハプログループEを持たない。さらに、俺は次の思考の規範2.3を使用する。

 俺系統の思考の規範1.2 もしある主体が膠着語を持つならば、その主体はY染色体ハプログループE、またはDやCを持つ。

または、もしある主体が膠着語を持つならば、その主体はY染色体ハプログループE、またはDやCやGやHを持つ(俺系統の思考の規範1.21)。ただし、AとBとNを便宜的に除外した。この規範を適用すると、シュメール人は膠着語を持っていたので、彼らはY染色体ハプログループE、またはDやCやGやHを持つ。俺はDとCは可能性が低いとして除外する。この時、シュメール人のY染色体ハプログループはE、またはGやHとなる。

さて、上記では、俺はシュメール人を古代エジプト人のような存在と仮定した。この時、彼らが黒い頭を持つのは不思議でない。なぜなら、古代エジプト人は(セム人から見て)浅黒かった可能性がある。さらに、一部は母系で東アフリカ人の遺伝子を持っていた可能性がある。

この時、このシュメール人はナトゥーフ人ナトゥーフ文化に関係している可能性がある。なぜなら、ナトゥーフ人もまたY染色体ハプログループE1b1b1を持っていて、かつレヴァント地域で史上初の農耕を実行した可能性がある。もともと、E1b1b1は中東やメソポタミアに生息していた可能性がある。

憶測2〜Y染色体ハプログループH〜

 俺系統の憶測2.0 シュメール人の人種はコーカサス人種やオーストラロイド人種、またはその中間種であった、かつ彼らはY染色体ハプログループHを持っていた。

 つまり、シュメール人はインダス文明を創造した人々であった。彼らはインド大陸在来のオーストラロイド人種とイラン系農耕民の交雑であった。この時、彼らの肌の色は黒くなる。この時、この仮定的な存在は黒い頭という記述に反しない。また、インダス文明が生じた時期も互いに関連する。

 俺系統の思考の規範1.21 もしある主体が膠着語を持つならば、その主体はY染色体ハプログループE、またはDやCやGやHを持つ。

同様に、この規範を適用すると、シュメール人は膠着語を持っていたので、彼らはY染色体ハプログループE、またはDやCやGやHを持つ。俺はDとCは可能性が低いとして除外する。また、Eは上記で実行したので、Eも除外する。この時、シュメール人のY染色体ハプログループはG、またはHとなる。ここでは、俺はHと仮定したので、シュメール人はY染色体ハプログループHを持つ。

この時、このシュメール人は南インドからインダス文明が発生したパキスタンへと移動して、さらにメソポタミアへと東方から侵入した。そのため、彼らは異なる言葉と異なる色の頭(黒い頭)を持った。

憶測3〜Y染色体ハプログループG〜

 俺系統の憶測3.0 シュメール人の人種はコーカサス人種であった、かつ彼らはY染色体ハプログループGを持っていた。

 つまり、シュメール人は初期欧州農耕民であった。彼らはイランからアナトリア半島にもともと住んでいた。ただし、この場合、この仮定的な存在は黒い頭に反する。だから、母系が古代エジプト人、または東アフリカ人、またはオーストラロイド人であった可能性が必要である。

 俺系統の思考の規範1.21 もしある主体が膠着語を持つならば、その主体はY染色体ハプログループE、またはDやCやGやHを持つ。

同様に、この規範を適用すると、シュメール人は膠着語を持っていたので、彼らはY染色体ハプログループE、またはDやCやGやHを持つ。俺はDとCは可能性が低いとして除外する。また、EとHは上記で実行したので、Eも除外する。この時、シュメール人のY染色体ハプログループはGとなる。ここでは、俺はGと仮定したので、シュメール人はY染色体ハプログループGを持つ。

この時、Y染色体ハプログループGはインドから発生して、イランを経由して、アナトリア半島へと侵入して、さらに地中海や欧州へと移動していった。その途中で、彼らはメソポタミアへと入って、シュメール文明を創造した。

憶測4〜Y染色体ハプログループJ〜

 俺系統の憶測4.0 シュメール人の人種はコーカサス人種であった、かつ彼らはY染色体ハプログループJを持っていた。

この場合、氷河期が終わった後、シュメール人はコーカサス山脈から南下してきた、またはアラビア半島から北上した。ただし、彼らの母系は不明である。

タイトルとURLをコピーしました