シュメル人の人種は南インド人種か(ドラヴィダ)〜モンゴロイド人種とコーカサス人種と南インド人種〜

ホモ・サピエンス生物種
https://en.wikipedia.org/wiki/Sumer
広告

  シュメール人は民族系統不明の古代と呼ばれてきた。俺はシュメール人の人種を知りたい。彼らはモンゴロイド 人種であったのか、コーカサス人種であったのか、あるいはそのほかの人種であったのか?

シュメル人の墓に関する速報はしばしば報道されるのに、彼らの人種に関する情報は出てこない。俺はなぜ彼らの人種はいつまでも明らかにならないのか奇妙に感じる。

広告

1章 シュメル人の人種

 シュメル人の人種:シュメル人の人種は南インド人種(ドラヴィダ人)であった。根拠は霊感。

1節 南インド人

  The origin of the Sumerians is not known, but the people of Sumer referred to themselves as “Black Headed Ones” or “Black-Headed People.For example, the Sumerian king Shulgi described himself as “the king of the four quarters, the pastor of the black-headed people”.[14] The Akkadians also called the Sumerians ‘black-headed people’, or ṣalmat-qaqqadi, in the Semitic Akkadian language.[3][4]

https://en.wikipedia.org/wiki/Sumer

 Alternatively, a recent (2013) genetic analysis of four ancient Mesopotamian skeletal DNA samples suggests an association of the Sumerians with Indus Valley Civilization, possibly as a result of ancient Indus-Mesopotamia relations: Sumerians, or at least some of them, may have been related to the original Dravidian population of India.[23]

https://en.wikipedia.org/wiki/Sumer

  シュメール人の人種は南インド人種であった。つまり、現在の南インド人のような顔をしていた。彼らは黒い肌に大きな目と大きな鼻、ずんぐりむっくりした体を持っている。上記の引用では、彼らは黒い頭を持っていたそうである。加えて、記事画像における銅像は南インド人そのものに見える。

俺の霊感では、シュメール人は南インド人であったように思える。俺は文明は中東やインドや南方の東洋地域など、南から来ると霊感で感じる。軍事と統治は北方から来る。鉄器などの製造は南方と北方の中間あたりである。商人も南方である。

シュメール人はなんか弱そうな印象を持っていたように思える。だから、俺は南方の民でないかと憶測する。商売上手で頭が良く、豊かなのは南方の人間の性質であるように思える。

 上記の画像は左がシュメル人であり、真ん中がドラヴィダ人である。右が数学者ラマヌジャンである。俺は左の画像と真ん中の画像の人物たちは非常に似ているように思える。ただし、左の銅像と右の人物はモンゴロイド人種的であるようにも見える。