シュメール人の人種(正体)は南インド人種か(ドラヴィダ)〜モンゴロイド人種とコーカサス人種と南インド人種〜

ホモ・サピエンス生物種
https://en.wikipedia.org/wiki/Sumer
広告

  シュメール人は民族系統不明の古代と呼ばれてきた。俺はシュメール人の人種を知りたい。彼らはモンゴロイド人種であったのか、コーカサス人種であったのか、あるいはそのほかの人種であったのか?

シュメル人の墓(電飛)に関する速報はしばしば報道されるのに、彼らの人種に関する情報は出てこない。俺はなぜ彼らの人種はいつまでも明らかにならないのか奇妙に感じる。

広告

シュメル人の人種

可能性

 俺の憶測 シュメル人の人種は南インド人種(ドラヴィダ人)であった。

 南インド人はオーストラロイド人種よりもむしろモンゴロイド人種とコーカサス人種の中間あたりに配置される人種であるように見える。西方に行くと、コーカサス人種になり、東方へと行くと、モンゴロイド人種になる。

南インド人種(ドラヴィダ人)はコーカサス人種とモンゴロイド人種の中間辺りに遺伝的にも地理的にも位置付けられる人種であるように思える。その場合、シュメル人のY染色体ハプログループはH系統であったかもしれない。

また、H系統であるならば、H系統はドラヴィダ語族に対応する。ただし、この場合、シュメル語はドラヴィダ語族に含まれる必要がある。なぜなら、俺らはY染色体ハプログループの数を語族の数に俺の仮説(対応定理)で対応させてきた。

  The origin of the Sumerians is not known, but the people of Sumer referred to themselves as “Black Headed Ones” or “Black-Headed People. For example, the Sumerian king Shulgi described himself as “the king of the four quarters, the pastor of the black-headed people”.[14] The Akkadians also called the Sumerians ‘black-headed people’, or ṣalmat-qaqqadi, in the Semitic Akkadian language.[3][4]

https://en.wikipedia.org/wiki/Sumer

 シュメル人の形態は「Black Headed Ones」であったらしい。また、彼らはセム語族でもなく、セム人と区別されていたように思える。現在でも、中東におけるアラブ人は南インド人をセム人から区別している。南インド人は黒い肌に大きな目と大きな鼻、ずんぐりむっくりした体を持っている。上記の引用では、彼らは黒い頭を持っていたそうである。加えて、記事画像における銅像は南インド人そのものに見える。

 Alternatively, a recent (2013) genetic analysis of four ancient Mesopotamian skeletal DNA samples suggests an association of the Sumerians with Indus Valley Civilization, possibly as a result of ancient Indus-Mesopotamia relations: Sumerians, or at least some of them, may have been related to the original Dravidian population of India.[23]

https://en.wikipedia.org/wiki/Sumer

Y染色体ハプログループ

 俺の認識 シュメル人の人種はY染色体ハプログループG系統であった。シュメル語はシュメル語はドラヴィダ語族でなく、Y染色体ハプログループの語族(グルジア語系統=カルトヴェリ語族)に対応する。

もしシュメル人のY染色体ハプログループがG系統であったならば、シュメル人の人種はコーカサス人種であっただろう。また、右の画像でも、シュメル人が「(J系統と比較して)東方から(ハプログループ的には)来た」のは間違いないように見える。

ただし、その場合、シュメル人が「Black Headed Ones」になるのかは不明である。Y染色体ハプログループと人種は必ずしも一致しない。だから、もしシュメル人がG系統であり、かつ「Black Headed Ones」であったならば、その時、シュメル人の父系(G系統)と母系(南インド系統など?)は「混ぜ合わされたもの」であったかもしれない。または、シュメール人はチェダーマンのように、黒色の肌を持っていたかもしれない。

もしシュメル人がY染色体ハプログループGであったならば、俺の仮説(対応定理)により、シュメル語(語族)はY染色体ハプログループGに対応する語族になるだろう。この場合、シュメル語はコーカサス諸語(カルトヴェリ語族北東コーカサス語族北西コーカサス語族)に似ていることになる。

父系がY染色体ハプログループGで母系がドラヴィダ系

 俺の認識 シュメール人はY染色体ハプログループGを持ち、かつドラヴィダ人を母系として持つ。

 この場合、シュメール人の形質は南インド人に近かった。けれども、シュメール人はシュメール語(カルトヴェリ語族?)を話し、かつY染色体ハプログループGを持つ。

シュメール人は混ぜ合わされたものを名乗っていたらしい。もしシュメール人の自称が実際であったならば、俺はシュメール人はY染色体ハプログループGとドラヴィダ人の雌が混ぜ合わされていたように思える。この場合、シュメール人が東方から来たという事実にも一致する。

さらに、wikipedia(電飛)によると、Y染色体ハプログループGはアナトリアやアルメニアやペルシャの西側で発生したらしい。まとめると、シュメール人はY染色体ハプログループGを持ち、カルトヴェリ語族を持ち、母系から受け継いだ南インド的な人種形質を持っていた。